対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

対人恐怖症を3日で治す方法

対人恐怖症を3日で治せるかどうかを考えましたが、ちょっと難しいようですし、僕の経験からすると早く治そうと焦ったら疲れるだけであまり前進しないようにも思います。

急がば回れという言葉があてはまるのかは分りませんが、対人恐怖症とは長く付き合うつもりで仲良くした方が良いかもしれません。以前の僕は一日でも早く楽になりたい一心でかなり焦って色々頑張りましたが、頑張れば頑張るほど深みにはまるようにドーッと疲れていました。

2年から10年とかかかるようですから、夢のような3日で治す方法はなさそうです。『ちょっとぐらい対人恐怖でもいいか』ぐらいが良いかもしれませんね。

どちらにしても対人恐怖は必ず治るので、慌てずにゆっくり治す方が良さそうです。僕の場合はそれでも早く治したかったので違う自分をムリして演じてみたり、ちょっと強がってみたりと色々試しましたが、結局はドッと疲れるだけで対人恐怖症は治りませんでした。

それより先にそんな自分を好きにならないと治らないということには、全く気が付きませんでしたし、自分を好きになりたくなかったです。対人恐怖症で自分が好きになれる人ってなかなかいないと思いますが、自分の良いところを見つけると良いと思います。

自分を対人恐怖症と思っている人の良いところは、人より向上心があって、目標が高くて、忍耐力があって、威張らない、思いやりがある、困っている人をほっとけない、など色々いっぱいあると思います。

思わず自分の欠点ばかりを考えてしまいますが、長所は多いと思いますし、欠点だと思っている事でも人から見ると長所だったりするようです。たとえばおとなしくて暗い人は、本人は悩みますが、はたから見ると発言力があったりします。よく会議などで話をしている時に普段からよくしゃべる人は意見もよく発表しますが、いまいち説得力にかけて言葉に重みを感じられない事もあります。

その点、普段おとなしくて暗いイメージのある人(以前の僕)が筋の通ったことを言うと、皆が感心します。言葉数が少ないだけに一言の重みが違うようですね。それに僕の場合ですが、あまり普段から明るくて誰とでも仲良しな人は少し信用できないところもあります。これも固定観念なのかもしれませんが・・・・・

続きを読む

睡眠不足を解消する方法

1、規則正しい睡眠スケジュールを守る
完璧に決める必要はないですが、出来る限り同じ時間に布団に入るクセをつけて、平日や連休なども同じ時間に布団に入ると良いです。また、起きる時間も同様です。

2、就寝のクセをつける
寝る前の行動を習慣化させます。例えば、ハミガキ、洗顔、トイレ、目覚ましのセット、などです。寝る前の行動を習慣化させることで体が覚えます。

3、カフェインを取らない
寝る前は、コーヒーなどのカフェインやアルコールをさけて寝る

4、眠れる環境づくり
ぐっすり眠る為に、電気を消して冷暖房の調節をあらかじめします。寒すぎたり暖かすぎたりと睡眠の妨げにならない温度にします。

5、リラックスする
寝る前は悩みごとなどを考えがちですが、寝るときは忘れましょう。複式呼吸などをして体全体の力を抜きます。

6、規則正しい運動
日頃から、適度な運動を心がけます。夜にマラソンなどは循環器系や神経系を刺激して眠れなくなることもあります。

睡眠障害とは

■睡眠障害とは

眠りたいのに眠れない状態を「不眠」といいます。一時的に不眠になることは誰にでもありますが、問題なのは不眠の状態が長く続き、身体的にも、精神的にも辛くなっている状態がある場合です。睡眠障害とは、こうした不眠をはじめ、ちゃんと寝ているのに、日中眠くなるなどの眠りにまつわる悩みを抱えている状態をいいます。

1、寝つきが悪い
寝ようと思っても寝つけない症状を「入眠困難」といいます。比較的多いタイプでうつ病や神経症でも見られることがあります。

2、目が覚める
眠りに入っても、時どき目が覚めてしまったり、なかなか寝つけない症状を「中途覚醒」や「浅眠」といいます。心配事や気掛かりな事があると時によくみられます。あと高齢になると目が覚める事もあります。

3、朝早く目覚めてしまう。
早朝や夜中の目が覚めてしまう事を「早朝覚醒」と言います。気掛かりな事があったり、生活のリズムが乱れたりして、日中の生活に充実感がない場合など心理的な原因で起こる事があります。寝ることにこだわる気持ちが強い場合や、うつ病の時にもみられます。

4、眠った気がしない
朝、目覚めた時に爽快感が得られないタイプの不眠で「熟眠障害」といいます。寝ることにこだわる気持ちが強く「睡眠が不十分だ」「もっと眠らなければ」といった不満がある場合に多くみられます。また、うつ病の時にもみられます。

人から好かれるには

人から好かれる方法を考えてみました。人から好かれる方法考えている事が、人から好かれない原因になることがあるかもしれません。

人から好かれるには、そのままの自分でいることだと思います。そのままの自分をだしている人は人から好かれるようです。たとえどんな自分だとしてもです。好かれようと考える前に、そのままの自分で十分好かれるということに気が付く必要があります。

「そのままの自分を出せないから困っている」というのが昔の僕です。そのままの自分をだして傷つくのが怖かったんだと思います。

どうして今はそのままの自分を出せるのかというと、勘違いに気が付いたからです。そのままの自分では受け入れられないのでは?と思っていましたが、そうではない事に少しずつ気付いたからです。

どうやってその勘違いに気付くのかは、少しだけそのままの自分を出してみて、周りに受け入れられるかどうかを試すのです。もし受け入れられれば、勘違いだったということです。

それを何回も体験していく事で、確実に勘違いに気付きます。そして、自信にかわります。

性格が悪い

僕は以前「自分の知った事を人に教えると損をする」と思っていました。どうしてそんなケチ臭い考えになったか?は、良く分りませんが、多分「これ以上、周りの人が僕より知識を持てば、さらに自分のランクが下がる」と考えていたと思います。

本当にケチ臭いですよね?そうなんです!僕はケチち臭かったのです。当然そんな自分を好きにはなれません。だから自信がなかったのかもしれません。今は自分の知った事を人に聞いてもらって、その人が、得をするとうれしいです。元々そういう考え方ができる人はステキだと思います。

僕の場合は、ちょっと難しかったですが・・・もし、僕と同じように「自分の知った事を人に教えると損をする」と思っている人がいれば、その考え方こそが「自分が一番損をする」ということを知ってほしいと思います。

何を損するかというと、そういう自分自身を好きになれる人はいないはずですから、自信を失います。自信を失うと性格が悪くなるように思います。性格を変えることは難しいかもしれませんが、自信を持ってオープンに出来れば「少し暗い感じの性格」が「少し明るい性格」には、なると思います。

例えば、赤ん坊に話し掛ける時に「このことを話すと自分が損をする」とは思いませんよね。赤ん坊に人見知りする人もいないと思います。周りに誰か人がいるときは別として、赤ん坊に話し掛ける時の性格が本当の自分の性格なのかもしれません。大人になると色々経験して、間違った認識や、固定観念ができてきて、大人に対する攻略法を自分流にあみ出しているような気がします。