対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対人恐怖症を治すプランを考える

自力で対人恐怖症を治すプログラムを考えて書いていく事にしました。

まず、期間ですが少し長く付き合う心構えは必要です。今すぐ治したいと、ついつい焦りますが、かえって長引きますので、最低1年はかけてじっくり治す方が良いと思います。

何もしなければ僕のように10年以上掛かりますから、いろいろ方法を考えて1年でも2年でも早く治す事ができれば、その1年2年は特別に価値のある年になると思います。

極端な話、プラス思考になれば対人恐怖症は一瞬で治ると思います。ただ、そのプラス思考になるのに時間がかかるということです。

プラス思考に関しては、脳内革命(初山茂雄)の本がお勧めです。脳にはもともと製薬工場がそなわっているそうです。アルファ波がでるときにその薬がでます。精神科でもらわなくても良いのではと、僕的には思いました。効果はモルヒネの5倍か6倍あるそうです。しかも副作用がありませんし、いくらでも出てくるようです。ただ、栄養(タンパク質)を取っていないとその薬はでません。詳しくは本で読んでもらった方が誤解がなく理解できると思います。

最終的にプラス思考になっていれば、対人恐怖や視線恐怖やその他の心の病気は治ると思います。その証拠に、超プラス思考の人で対人恐怖症の人はいないからです。でも、やはり順序が必要ですし、少しずつ自信をつけていく方法が賢明だと思います。

プラス思考は考え方でなることができます。良いことがあったときにプラス思考なのは当然で、誰にでもできますが、失敗した時や、壁にぶつかった時にプラス思考に切り替えられるかが問題です。

例えば、車を運転していて、電柱にぶつかった場合にプラス思考になれるのか?ということです。プラス思考とは、どんな状況でもプラスに考えることができることです。

実際は難しいですが、僕の場合は妻(協力者)が誘導してプラス思考に切り替えるようにしてきました。失敗した時は「うわっ、しまった」と思いますが、その時が対人恐怖症を治すチャンスだと思います。考え方を切り替えるだけで、プラス思考になりますから、それを続けると対人恐怖症は治ると思います。

毎日、毎日、プラス思考に誘導してくれる人がいれば治り易いと思いますので、もし、協力者がいれば、誘導してもらうと良いと思います。

関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/99-39cb8445
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。