対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の扉

人間関係が苦手な人は内気な人が多いようです。また、自分自身のことをあまり知らない人も多いそうです。

僕は、心の扉を開けている人に憧れます。と同時に嫌いです。以前の僕はそう思っていました。今でも心の扉を完全に開けている人をうらやましく思いますが、嫌いという感情はなくなりました。多分僕の心の扉は薄くて軽い扉だと思います。誰かが開けようと思えば簡単に開けることができますし、自分から勝手に開ける事もあるように思います。

以前、対人恐怖症だったときは、ガチガチに硬かったはずです。少しオーバーですが、誰一人開ける事ができないくらいの硬さだったように思います。もし、誰かが開けても10秒くらいで、また勝手に閉まっていたと思います。

対人恐怖症やそういった、人に対して内気な人、引っ込み思案な人、控えめな人、人間関係が苦手な人の心の扉は硬いと思います。逆にその扉さえなければ何も問題ありません。でも、心の扉が開かないと相手から自分の心は見えないので何を考えているかが分りません。多分、対人恐怖症の人は「君は、いつも何考えているか分らない」と言われたことがあると思います。(僕だけかも?)

自分自身のことをよく知らない。相手も自分のことをよく知らない。という状態ではないでしょうか。自分の悪いところや良いところや特徴は、誰かに見てもらわないとなかなか分りづらいと思います。悪いところは注意してもらい、良いところはほめてもらい、傷ついた時はなぐさめてもらう方が良いと思います。

心の扉を閉じていると誰からも注意されず、ほめられず、なぐさめられずに一生過ごすことになります。僕の経験からいうと、心の扉を開けるのは時間が掛かります。どうしても見られたくないという強い気持ちがあるからです。でも、タイミングだけの問題だと思います。ムリに急にあけようとしなくても、何かがきっかけでどんどん扉が軽くなると思います。

僕が重要だと思うのは、扉が開いた状態に慣れることだと思います。少しずつ慣れてくると、心が開いている状態の気持ちよさというか、爽快感がうれしくて、自然に扉が開くようになります。最初のうちは閉じたり開いたりと忙しいですが、開いている時の方が気持ちが良いので、そうゆう行動にでるんだと思います。

そして、完全に心の扉を開く事ができれば、今まで必死で扉を開けようと手伝ってくれた友人に愛情がでてくるのだと思います。扉を閉じている時はムリに扉を開けようとする人に対して、警戒し、攻撃的になるか、キライになるか、避けるなどの行動をすると思います。

もし、誰かが開けようとした時は、素直に自分でも少し開ける努力をすると良いかもしれませんが、特に無理やり開けなくても良いと思います。その前に自分をよく知って、自分を受け入れてからでも良いと思います。自分を好きになれない人は自分を受け入れる事は難しいですが、対人関係に対して「自分はこういう人間だ」という事を理解する必要があります。他の面では普通だけど、人間関係に関しては、気が弱いとか、人間関係に対してだけは臆病だ、とかを自分で認めると良いと思います。

そして、そういう自分も含めて、自分を好きになると、何も隠さずにすみますから、自然に心の扉が開くんだと思います。そうすれば、人間関係も上手くいって自然に会話も上手くなって、あまり緊張しなくなると思いますし、気力もでてくるんだと思います。
関連記事

初めまして

 初めまして。私は今、社会人で最近対人恐怖症だと自覚しました。人見知りが激しくなり始めたのが中学生ころからでした。学生や職場の人から「何を考えているかわからない」といわれたことがあります。自分では単純な性格だと思っていたので驚きでした。でも管理人さんの言うとおり怖くてあまり自分の気持ちを話さないようにしていたのでわからないのだなと思いました。心の扉の話ですがその感覚が自分の中にもあったのでよくわかります。自分はガチガチに固い扉に内鍵かけてる状態なので、いつか自然と開けるような気持ちになれたらいいなと思います。
長くなってすいません。このHP読んでると勇気もらえます。ありがとうございます。

  • URL
  • ズッキーニ #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/98-c7bf6cdc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。