対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊張する時の心の動き

対人恐怖症(社会不安障害)の人の心の動きはどうなっているのかを調べました。誰でも大勢の人の前では緊張しますが、対人恐怖症の人や対人恐怖までいかなくても人見知り、内気、照れ屋、口ベタなどの人は、よく緊張します。つねに自分の能力を「低く見積もられているのではないか」「恥をかくのではないか」「失敗するのではないか」「相手に迷惑をかけるのではないか」などを心の底にもっています。

では、こころの動きはどうなっているのでしょうか?心のメカニズムを知ることで対人緊張をなくす方法があるかもしれません。

対人恐怖症の場合ですが

周りを意識しはじめる
   ↓
周りに見られている自分を想像する
   ↓
周りから見て自分の評価が低くないか?
   ↓
不安な気持ちになる
   ↓
不安な行動をとる

対人恐怖症の人の特徴は、人間関係が苦手で、自意識過剰なので、会話が苦手だったり、雰囲気を読むのが苦手だったりしますので、対人的にはすごく敏感になりやすく、周りを意識してしまいます。

何が原因になっているかというと、自信のなさ、自己評価が低い、劣等感、容姿に対する劣等感、行動や発言に自信がない、などです。上に書いた心の動きがいりみだれて、ぐるぐる回っているようです。対人関係に自信のない人の特徴で急に声を大きくしたり、急にリアクションが大きくなったりする事があります。

いつもは、おとなしくて無口な人でも、急に明るく振舞ったりします。これは、周りから見た時の自分の評価がイヤだからです。自分はこのままでは、認められないという考えから普段と違った行動をとることがあります。

極端に言えば、映画館で大きな声で話をしだしたりとか、そういうことです。周りを意識する為に、雰囲気が読めない事があります。対人関係に自信のある人は、周りをそれほど意識しませんから、冷静にその場の雰囲気を読んで、自然に行動する事が出来ます。

映画館で大きな声を出したりはしませんでしたが、僕もこういう傾向はありました。雰囲気などは関係なくて、自分の評価だけに意識がいって、違う自分を常に出す必要がありました。違う自分を出さないと落ち着かないというか、不安になってくるからだと思います。違う自分をだしたところでリラックスできるはずもなく余計にストレスが溜まります。でも、ついついやってしまいます。そうとう悪循環だったと思います。

今でこそ、いろいろと、対人恐怖症だったときのことを冷静に分析できますが、当時は自己評価が相当低かったので、自分がどういう状況か全く分りませんでした。心の動きを見るとよく分りますが、自分にとって周りからの評価が一番大事なことで、他のどんな事より「周りからの評価」を先に考えていました。そのために、周りの雰囲気なども全く分りません。たとえそれが、結婚式やお葬式でも同じです。一番大事なのは、評価でした。

逆に自信のある人は、自分の評価は自分でしていますから、イチイチ他人からの評価を気にしませんし、自己評価が高いので、かりに周りからの評価が低くても関係ないようです。

視線恐怖症や赤面恐怖症や表情恐怖症など対人恐怖症は色々分類されますが、症状がどこにでるかだけの問題でほとんど心の動きは同じだと思います。多分うつ病も同じだと思います。僕が高校のとき精神科に行っていれば「うつ病です」と言われたかもしれませんし、もしかすると、うつ病と、脇見恐怖症と、自己視線恐怖症と、・・・・・・・と、10個くらい病名をつけられたかもしれません。そういった意味では高校のときに精神科に行かなくて良かったです。そんなに色々と病名をつけられると、病気じゃなくても病気になります。

病は気からと言いますが、病院の先生が病名をつけることで本当に病気になった人もいるような気もします。実際はよく分りませんが、対人関係が苦手で病院に行って「あなたは、うつ病です」と言われれば、大した事なかったとしてもうつ病になるように思います。話がかなりそれましたが、結局、心の動きを自分で冷静に分析してみることで、解決法が見つかるかもしれません。
関連記事

DGさんへ

コメントありがとうございます!

接客業をされているんですね。先日テレビでやっていたのですが、流ちょうに話す話し上手の人よりも、たどたどしく話す話し下手の人の方が信用される傾向があるそうです。

そういう意味では、人見知りで話し下手な方が接客業に向いているかもしれませんね。

個人的な意見ですが、物凄く上手く説明する営業マンだと「騙されるんじゃないか?」と少し警戒してしまうことがあります。

話が下手、接客が下手だったとしても気持ちは伝わると思います。DGさんが言われるように、慣れるのも大事だと思います。

モヤモヤがすっきりしてよかったです。

私も対人恐怖症のようで悩んでます。
確かに自分の評価がとても気になります。
毎日緊張してるのを隠すので精一杯です。
昔はそうでもなかったのに最近初対面の方と一対一で話す時は自然に目を見れなかったり、苦労してます。接客業なので大変です。

この文を読んで、雰囲気に溶け込む、冷静になる、慣れるのが大事だなと思いました。
モヤモヤが少しスッキリしました。
ありがとうございます。

Re: 夫が他人と話しません

コメントありがとうございます!

どうか気を長く見守ってあげてください。

詳しい状況はわかりませんが、仮に本人が「挨拶できる人」になりたいと思っていて、それが出来ない場合は、自分自身が一番辛いのだと思います。

頭で理解できていて(挨拶は大事ということが)実際にはできないことって本当に辛いです。

夫が他人と話しません

こんにちは。実は夫が他人と話したり雑談したりしません。結婚して10年になりますが、最近、やっと病気ではないか、と深刻に受け止めとても悩んでします。すごく恥ずかしがり屋だと思っていましたが、まったく人に慣れないのです。。。挨拶もしない(できない?)ので、妻としても周囲に気を遣い、胃が痛い毎日。。。夫に対しても見下してしまう自分がいます。。。 今日、このブログを知りました!これから隅ずみまでまで読んで参考にしたいです。今からでも夫に気楽に挨拶ができる人になって欲しいのです! ありがとうございます!

まるで自分のことそのものです。
自分の反応に対する周りの評価が嫌だから急に大きな声を出したり明るく振る舞ったりしてたんだな…となるほどと思いました!
今も!をつけるつもりがなかったのですが急に!をつけることを思いたった… !!にしたのですが一つ消して!にしたのです。こんな風に、些細なことでも自分のみえかたに自信が無くて作りこんでしまうことがありました。
このブログを読んで、共感して肩の力が抜けたり、こころの仕組みがわかって問題が解決しそうな希望が見えました。ありがとうございます。
恥ずかしいコメントですいません…。

素晴らしいブログ!

こんばんは。
インターネットで貴方のブログを見てとっても励まされたし、元気と勇気をもらいました。
人間、あがいて成長して、また乗り越えていけるんだ!って思いました。

素晴らしい智慧を共有してくれて有難う!感謝しています。またブログ応援しています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こうこうせいです

ぼくもなやんでいます。

でも自然によくなってきました。

  • URL
  • 通行人 #rzVhfMJo
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/97-951cbb12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。