対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意識に相手を傷つけてしまう一言

無意識に相手を傷つけてしまったことはありませんか?誰でも多少はあると思いますが、僕は結構多かったです。相手に細心の注意を払っているつもりでも『結構ズケズケ言う人だね』とか『意外と冷たい人だね』とかよく言われました。

その時は全く気がつきませんが、後になって第三者から報告を受けます『あの時あんなこと言ってちょっとひどくない?』とか。。。。『あの子傷ついているよ』とか。。。。言われます。

自分では人から嫌われないようにしているつもりでも、なぜか傷つけている事があるようです。今思えば、自分をよく見せるためにいいわけした事や、すごい人と思われようと発言した言葉が相手を傷つけていたことが多いようです。

普通は誰でも会話する時は楽しく会話しようと思って会話の内容を重視しますが、僕の場合は、最初はコミュニケーションのつもりでもだんだん会話の目的が『自分をよく見せる』『かっこいい人と思われたい』などに変わってきてどうしても会話の内容よりも『自分』をアピールしてしまいました。

頭の中が、自分を誇示する事でいっぱいになり、相手の気持ちを全く考えずに発言していました。しかも相手の顔色が変わった事にも全く気付かずにさらに自慢話につなげるチャンスをうかがっていたと思います。

これでは、冷たい人と言われてもしょうがないと思いますが、当時は分りませんでしたし、それが原因で友達も減ったと思います。周りと仲良くしたいと思ってのことだったはずなのに、実は自分が満足したかっただけのように思います。

僕と同じような人がいれば自分を良く見せようとしながらの会話はやめておいた方が良いと思います。逆に相手が良くみえるような会話をすると人間関係も上手くいくと思います。
関連記事

ななはちさんへ

こんにちは。

自律訓練法ってなんであんなに眠くなるんでようね。なかなか最後までするの難しいですよね。

コメント頂ければ、助言にはならないかもしれないですが返信はしますので、気軽に書き込んでくださいね。

ありがとうございます。

とりあえず今は自律訓練法をしつつ(寝ちゃうけど^^;)、できることを探して徐々に人とも関わっていけたらな、と思います。

これからもこちらのブログにはお世話になるかと思います。思い行き詰ったときは助言をくださると幸いです。応援しています。あと寒いですから、ご自愛くださいませ。

  • URL
  • ななはち #VQzsXXlg
  • 編集

ななはちさんへ

おはようございます。

人それぞれなので、僕には分からないことかもしれませんが、少しづつ自分なりの自信の付け方ってあるのかもしれないですね。

自信がつくと自分のいい部分が表に出てくるっていうか、発揮できるのかもしれないですね。

自信のない時は、それを閉じ込めるている状態なのかなって考えたりします。

おはようございます。

わかりづらい質問に丁寧にお答えくださりありがとうございます。
自分の良いところにしがみつくより、嫌な自分を否定する数を減らすという考えはありませんでした。
理想の自分を追うと、自分の言動にも、相手の言動にも敏感になり、その結果足掻いて自分を否定してしまうに到るなら、最初から足掻かないほうがいい。今ここです。
そのついでにこれからは否定することも辞めてしまいたいです、簡単なことではないですよね。
やっぱり自信を得る経験が必要になるのでしょうか。

  • URL
  • ななはち #VQzsXXlg
  • 編集

ななはちさんへ


こんばんは。

僕の場合はっていうことですね。人それぞれだと思いますけど、でも、僕自身そんなに自分のことが好きというほどでもないですよ。

周りの人を見て羨ましく思いますし、自分にない良い部分を相手に見ると「自分ってダメなのかな」とか考えますしね。

ただ、10年前よりは好きになれたとは思います。好きになれたというか、自分自身が嫌な自分を否定しなくなったのだと思います。

例えば、おとなしくて無口なところだったり、いつもニコニコしてるタイプじゃないので、そういうところとかです。

否定しなくなったと言っても、ニコニコできる人は羨ましいと感じますし、それを自分と比較すると凹むこともあります。

なので、好きか嫌いかでいうと、どちらでもないのかなって思います。でも、それで十分だろうとも思っています。多分完全に全て自分を好きにはなれないように思います。僕の場合はこれくらいが限界に近いのかなって思います。

やはり社交的な人にいつまでたっても憧れるというのはあると思います。でも、世の中の人全員が社交的であるべきだとは思っていないので、自分は少数派かもしれませんが、人見知りキャラで無口な人でいてもいいんだと思っています。

そう思えたので、自分を好きなったというか、嫌いではないと感じるようになったんだと思います。

人それぞれに個性はありますしね。仕事を転々とする人もいれば、一生同じ会社で働く人もいますし、どっちが正解とかはなくて、皆がバラバラの生き方でいいと思います。

そういうのに、自分が上下で判断して、転職が多い人はダメ、無口ではダメ、一生同じ会社で働く人は〇、社交的な人は〇、みたいに考えていたのだと思います。

でも良く考えると、転職が多い人は〇、無口でも〇、一生同じ会社で働く人も〇、社交的な人も〇、みたいな感じで、全部〇で良いと思うんですよ。人それぞれなんで。

ちょっと伝わりにくいと思いますけど、僕のイメージではそういう感じです。

それで、どうやって、自分を好きになれたのかなんですが、ハッキリと理由を説明するのが難しいのですが、僕の場合は、前にどこかで書きましたけど、自分に自信が付いたからだと思います。

自信がついて、今の自分でいいんだと思えるようになったんだと思います。どうやって自信が付いたのかというと、対人の場面と仕事の場面です。

対人的には、いままで緊張する場面で少し緊張しなかった経験とかを繰り返して「あっ、大丈夫なんだ」と思えるようになったのと、仕事では、無理だと思っていた営業職でなんとか成果を出すことができたのと、今は自分で事業をするようになって、なんとか生活できるようになったので、そいうのが自信になっていると思います。

でも、いちばん辛い時期とかその前後では、上手くいったときでも、その記憶をすぐに忘れてしまって、元通り悩みまくってました。

なので、僕の場合はホントに少しづつ自分のことが嫌いではなくなってきたという感じだと思います。

細かく書くと物凄く長文になってしまうので、簡単に書いてしまいましたけど、僕の場合は好きになったというより、少しづつ嫌いじゃなくなったという感じです。

管理人さんは、どうやって自分を好きになれるようになりましたか?

  • URL
  • ななはち #VQzsXXlg
  • 編集

ななはちさんへ

対人恐怖症が少し改善されるとうつ状態も改善されるということですよね。

僕も視線恐怖経験者なので、多分そういうのはあるように思います。

視線恐怖は説明のしようがない辛さがあるので、僕の場合ですけど、とことん追い込まれて自分が嫌になることが多かったです。

頭で理解できていることが実際には出来ないという葛藤がいちばん辛かったです。

なので、ななはちさんが言われている、対人恐怖症が改善されるとうつ状態も改善されるというのは納得できます。

こんにちは。

コメントありがとうございます。

うつ病になったのは対人恐怖や視線恐怖が原因とわかっているので、対人恐怖が少しでも治り人との交流がうまくいけば鬱も軽くなると勝手に思っている節があります。
でも今のままでは、人と会っても元気に明るく振る舞おうと、また間違った選択をし自己嫌悪に陥るだけです。
病院の先生には、もうちょっとよくなったらデイケアに行くことを勧められましたが、あまり気が向きません。それこそデイケアは「できる場所でできることをする」になると思います。しかし、弱い自分を肯定して小さい事に励むのは苦痛です、怠惰になります。これは言い訳です。昔から面倒なことから逃げてきました、何をするもいつも中途半端、理想ばかり大きくなります。先も見えないのに先の自分のことばかり考え、目先のことを疎かにしている、それが自分の現状なのでしょう。

  • URL
  • ななはち #VQzsXXlg
  • 編集

ななはちさんへ

おはようございます。

もしかすると、お薬で少し眠くなるっていうのはあるかもしれませんね。

僕はうつ病に関してあまり知らないので適当なことを言えないのですが、栄養が大事みたいですね。

自分がうつ病になったらどうするだろうと少し考えてみたのですが、僕の場合の対人恐怖と同じで「できる場所でできることをする」のがいいのかなって思いました。でも僕自身実際にそうできるかどうかはわからないです。

以前テレビで心理学の植木さんが、掃除をすると少し元気になると言っていました。これも、「できる場所でできることをする」っていうことなんだろうと僕は感じたのですが、うつ状態がどういう状態なのか理解していないので、僕には分からないと言えば分らないのですが、以前コメント頂いたうつ病が良くなった方が「うつ病は自分次第で良くなる」みたいに言われていたので、栄養も大事だけど考え方の部分も関係あるんだろうなって思いました。対人恐怖症よりうつ病の方が認知療法は効果があるっていう事実があるみたいですしね。

早速の返答ありがとうございます。この状態から抜け出したいとは確かに思っているのですが、その反面、もうかなり疲れてしまっています。薬の効果もあるのかもしれませんが、一日中寝ている状態が結構続いていたりします。こうなるとやりたいことはできないし、ほかの人の幸せが憎くくてたまらないときもあります。そんな自分にまた落ち込んで自己評価を下げ、前に進むことすら恐くてしかたがないのです。

  • URL
  • ななはち #VQzsXXlg
  • 編集

ななはちさんへ

コメントありがとうございます。

入院されていたということなので色々辛かっただろうと思います。

そうですよね、客観的に見れるようになるのは大切だと僕も思います。

ななはちさんと少し違うかもしれませんが、僕の場合は自分のことが嫌になって、自分の事しか考えることができない状態で、それが自分で分かるので、どんよりと疲れるっていうか、体中が重く感じるというか、表現できないですけど、何もしてないのに疲れていることは多かったです。息を吸って吐くだけで疲れるっていうか、そんな感じです。ひとりの方が楽だと思いながらも、寂しくなったりします。

心の中で他人の失敗を喜んでいる自分がいて、その感情が自分で分かるので、そういうのが辛かったです。そういう感情のある自分自身が嫌でした。自分はなんでこんなに性格悪いんだろうとか考えていました。

でも、そういう状態って、「状態」なんで、変わると今は思っています。実際に変わりますしね。なので、ななはちさんも、今「自己中人間」だと少し感じていても、「状態」なんで、変わると思いますよ。

はじめまして。自分も対人恐怖症で悩んでこのブログにたどり着きました。
今29でかれこれ10年ほど苦しんでます。心理療法的な本から始まり、自己暗示、薬物治療、精神科入院、電気痙攣、いろんなことを試してきました。現在は職につけずうつ病で週2で病院に通っています。
このブログに出逢って自分をある程度客観的に見れるようになった気がします。自分は卑怯な人間です、自分のことしか頭にない自己中人間、どうしようもないです。でもそれが自分なんです、それを証明するように頭が…心が反応してしまうんです。人も離れていくのは当然ですよね。それでも一人ではいられないかまってちゃんです。自分に疲れて自分を好きになるなんてこの先こないんじゃないか、と思っています。

  • URL
  • ななはち #VQzsXXlg
  • 編集

アスペルガー症候群

※投函の確認ができなくて・・重複していたらごめんなさい。
Tさん、お久しぶりです。
この記事を読んで感じた事ですが、
対人恐怖症者の中には、アスペルガー症候群の二次障害で
患ってしまっている人が含まれていると思いました。

アスペルガー症候群

Tさん、お久しぶりです。
この記事を読んでみたのですが・・・
Tさんってアスペルガー症候群の人の症状と少し
似ている様な気がしました。

アスペルガー症候群の人は、対人恐怖症になりやすいのだそうです。
私自身もそうだと臨床心理士さんから言われて、
びっくりしたんです。
もしかしたら、対人恐怖症で悩んでいる人の中には、
アスペルガー症候群の人も含まれているのかもしれないかも・・。

kkkさんへ

コメントありがとうございます!

KKKさんからのコメントをお待ちしていました。これも何かのご縁だと思います。

僕も高校を卒業し、就職した時はKKKさんと同じでした。就職して環境がかわっても、そう簡単に行動や考え方は変らないものだなーと思いました。

今思えば、まわりに振り回されていたような気がします。と言ってもまわりが悪いわけではなくて、自分が勝手に振り回されていただけですが。。。人生の主役は自分なのに、当時は周りが主役で自分は脇役だったように思います。時間がかかりましたが、今は自分が人生の主役だと思えるようになりました。

あと、就職した時、先輩や同僚に嫌われないかなーなどと色々考えて不安になっていましたが、結局はそれほど嫌われることもなく無難に生活できていたように思います。

多分、先輩たちが嫌う新入社員がいるとすれば、生意気な新人、ちょっと派手目で調子にのってるタイプの新人、仕事にやる気の無い新人、先輩のアドバイスを聞かない新人などだと思います。会話がヘタでも話題がなくても嫌われることはないと思います。逆に好感を持たれる場合もあるかもしれません。もし会話が苦手な新人を嫌う上司がいるとすれば、その上司に問題があると思います。

KKKさんは先輩に嫌われるタイプではないと思います。万が一嫌われた場合はコミュニケーションが不足しているだけだと思います。

まとまりの無い記事が多いのにたくさん読んでいただいたようでありがとうございます!パソコンを見すぎて目が痛くなったときは、目の横のツボを押すと良いそうですよ。

KKKさんが就職先で楽しく生活している場面を鮮明にイメージしてみますね。

初めまして、KKKと申します。
一通り記事の方を読ませて頂きました。
その中でもこの記事はまさに自分にピタリと当てはまってますw

暗い性格だった為か中学では友達が少なく、高校では「友達ができるようにがんばろう」「あかるく振舞って積極的に会話しよう」と張り切りました。
けれど、よくよく考えるとまさにこの記事の通り。自分をよく魅せようと相手に調子を合わせたり、「自分は明るいやつなんだ」と会話中に思わせようとしたりして必死でした。

けど、会話に話題性が無くて、会話が止まり、結局「どうしたら話題がある会話ができるだろう」と頭の中は混乱し真っ白状態。この状態になると声とかあがってしまいもう最悪でした。

最終的には、まさに一応会話は出来るが友達でも何でもないって感じですね。

今年から就職しましたが、やはりやってることは高校の頃と同じ。違うのは年上なので最初からあがっちゃってることかな。何となく酷くなった感じです。

  • URL
  • KKK #Ptcuggm.
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/71-7002e6d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。