対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療法と種類

≪訓練療法≫
診察室での言語的なやりとりとともに種々の行動を取りながら治療を勧める方法です。
■森田療法
森田療法は、あるがままに受け入れることをめざした治療で、症状があっても作業をしたり実生活のなかで用事をすませたりといった行動を求められます。不安障害・強迫性障害・身体表現性障害で用いられます。
■内観療法
内観療法は、過去のあり方への反省を通じて苦痛からの解放をめざします。神経症全般に用いられます。
■自律訓練法
■行動療法
行動療法は学習理論に基づいて異常な行動を治していこうとする治療です。徐々に刺激を強くして不安に慣れていったり(系統的脱感作療法)、好ましい行動が得られた時に報酬を得たり(オペラント条件付け)するなどの種類があります。恐怖症などに適応されます。

≪洞察療法≫
病気の原因について認識を深められる治療法です。以前体験した出来事や人間関係と自分の性格などとの関係を考察し、なぜいろいろな症状が出るようになったのかを理解する事で、病気を克服し新たな生活へと進んでいくことをめざしています。
■精神分析療法
精神分析療法は自由連想法などを用い無意識の世界に抑圧されていた葛藤を意識化することで治癒に導かれます。
■来談者中心療法(カウンセリング)
治療者に語り続けるなかで洞察が得られるように導かれる治療法です。比較的軽症の神経症に用いられます。

≪表現療法≫
表現療法は、悩み、うっ積した不満、怒りなどをことばによって表現する(吐き出す)ことにより、心の緊張を解くことができます(カタルシス)言語的に表現しにくい時は、絵画療法や、箱庭療法などがあります。これも神経症全般に適応されます。

≪支持療法≫
支持療法は、現在持っている心理的な苦痛を共感的に受け止めてもらう事を基本にした療法です。このような受容とともに病気に対する取り組みに対して支持や励ましを受ける事により快方に向かいます。あらゆるタイプの神経症やほかの精神疾患に適応されます。
関連記事


僕も前向きに過去と向き合って
未来のために頑張って踏み出したいと思います

  • URL
  • 都内私立男子高校生 #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/69-3b5866df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。