対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

劣等感

僕が視線恐怖症になった原因は、劣等感が強かったからです。

僕の劣等感は『貧乏』です。今思えば、大して貧乏でもなかったのですが、子供の頃は勝手に貧乏だと思い込み、小学生の時、弁当をふたで隠しながら食べていました。もっと貧乏で弁当のおかずが僕より少ない子もいたはずですが、自分だけが貧乏と思い込んでいました。服も兄のおさがりを着ていました。普通のことですよね^^
関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あれから!

父とお話しあいしたのですが、駄目でした。家のお掃除もです。何回か、主人と私で、綺麗にしたのですが、しばらくすると、元通りになっています。主人は無類の綺麗好きなので、父とは、合わないのです。間に入って、疲れました。それから、去年父が、体調不良になってしまい医療機関に受診するように言ったんですが、駄目でした。医療機関にも受診せず。誰もいないゴミ屋敷で、一人で誰にも看取られず。孤独死しました。お金使うの嫌いとは言え父は、これで、満足なんでしょうか

  • URL
  • ちいままです #JPG8Eu66
  • 編集

はじめまして

このブログを見て、自分が視線恐怖症な事に気がつきました。通学中は下を向いて歩かないと怖いんです。そのくせ駅や車内で人をジロジロと見てしまうんです。何が怖いのか分からなかったのが余計、恐怖でした。ミラートレーニングを家で早速してみます^^何故かすっきりしました。ブログ立ち上げてくれてありがとうございますm(_ _)m

管理人より

コメントありがとうございます。

それはとても大変なことですね。
しかし、お父様にも何かご事情があると思います。
もしかしたら、自分がおかしいと分かっていながら、おかしいことを認めたくない何か心に秘めたもの(劣等感やトラウマなど)があるかもしれませんね。
かと言って、このままの状態では、ちーままさんの将来だけでなく、お母様やお父様自身にも良くありませんよね。

ちーままさんの年齢にもよりますが、話し合える状態でしたら話し合いが一番良いと思いますが、
話し合いがどうしても難しい場合は、お一人で考えていると、どうしても悪い方へ考えてしまうので、誰か信用のできる人か機関に相談すると良いと思います。

お役に立てず本当に申し訳ありませんが、
ちーままさんが今後良い生活が送れるよう、心よりお祈りしております。

  • URL
  • ちーままさんへ #-
  • 編集

わたしの家はもっと貧乏でした。

わたしの家は、父が、お金のにぎりやで お洋服一枚わたしにも 母にも買ってはくれませんでした。衣食住のすべてにお金を使うのを 嫌がりました 具合が、悪くても 病院通いもしてはいけないといわれました 子供のころ肺炎になり死にかけた事があります。それでも父は、お金の無駄だと言っていました。母が自分の母に頼んで、病院にいきました。あと5分遅かったら
なくなっていたと言われたらしいですけど、それでも父は、病院に行ったと怒ったそうです 対人恐怖症はそれが 原因かもしれません
家の掃除も電気代の無駄だと言っていました。家はゴミ屋敷です 洗濯も お風呂も水道代の無駄だと言っています。父が他界しないかぎり わたしは、なおりません

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/5-cfca1283