対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

今日からできる事

前向きにポジティブにそして、理想の自分へ向かって今日から出来る事

視線恐怖症を自力で治す方法というのは、なかなか誰も教えてくれませんでした。友人に相談するにも勇気がいる事ですし、相談できる性格なら視線恐怖症になっていなかったかもしれません。いろんな本を読んでも具体的にどうやったら治るのか?『今日はこうやって、明日はこうやって』という事は書かれていませんので自分で模索しながら進むしか方法がありませんでした。皆さんも同じだと思いますので、今日からできる方法を書きます。

以前にも書きましたが、『人生は選択の連続』です。あなたが迷った時、いつも通りの選択をする前に少し考えて下さい。いつも通りとは『こっちを選択した方が良いのは分っているけど、気が引けるから別の方にしてみよう』という事です。
例えば、学校で先生に質問された時『答えは分っているから返事しよう』というのと『答えは分っているけど恥ずかしいからやめておこう』の選択です。答えがわかっているのだから、素直に答えるのが一番良いですよね。でも、何かに足を引っ張られて『答えは分っているけど恥ずかしいからやめておこう』という選択をします。その選択をする瞬間が一番のポイントで、自分を変える方法は全てその瞬間にかかっています。
あなたの目標は幸せに生きる事のはずです。なのに『理想の自分』からわざわざ遠ざかるような選択をしています。誰も不幸になりたいと思って行動しているわけではないですが、自律神経が働いてしまうのです。
今日から出来る方法は、良いと分っている方を選ぶ事です。一日に何回か選択をするチャンス(自分を変える)があります。10回の人もいれば100回の人もいるかもしれません。すべて良い方を選択するのではなく、1日に少しずつ『良いと分っている方』を選択するようにすると良い方向にいきます。
一日が終わって『良いと分っている方』を選択した回数が多いと自信が出てきます。『やっぱり自分には自信があったんだ』と、以前から少し気付いていたことがゾクゾクと実感できます。ハッキリいって最初は難しいです。なので一つでも良いと思います。僕の場合はこの一つが大きな成功体験になりました。一つ成功するたびにゾクゾクした事を今でも覚えています。この方法を焦らず、今日から行うと必ず成功します。この方法を早く知った人はラッキーです。僕ももっと早く誰かに教えてほしかったのですが、知らなかったという事は自分に受け入れる態勢がなかったからだと思います。注意すことは焦らずに自分の判断で行動するという事です。不安にかられて無理に行動を起さずしっかり自分で考えて下さい。

■≪人の成長において一番大事なことは、その人がどんな選択をしたかにある≫
(ジョージ・エリオット)

■≪人生で難しいことは選択することである≫
(ジョージ・ムーア)
関連記事

すごいです

今まで自分が感じていたことがすべて書かれていて、管理人さんの言うことにとても共感できました。管理人さんのいうように実行に移す努力をしていきたいです。出会えてよかったです!

ジョージ・エリオットの名言最高

読んでいて自分にも克服できる気がしてきました。 それに感動しました。
書いている方が同じ悩みを持っていた方で克服したというのがとても励みになります。
僕は自分をよく見せたりしようとしたり、傷つきたくなかったのでありのままの自分をさらけ出すのを恐れていました。
ですが小さなことからがんばっていこうと思います。
ありがとうございました。 もっと自分に自由な人生を求めてこつこつがんばります。 ちなみに投稿するのもやめようかなと思ったんですが、克服したいので思ったこと素直に書いて送ることにしました。笑

素敵な文章ですね

接客業をやってから10年以上たちますが、ある時からおかしいなと気付き何を考えても辛いばかりの日々です。自殺も考えました。治し方がわかりません

高い治療費

コメントありがとうございます!

高い金額を払って治療に行くべきか?

という質問を頂きました。

僕も同じように結構高い金額を払ってカウンセリングへ行きました。

当時、カウンセリングに通っていたころは「カウンセリングは治してくれる場所」と思っていました。

しかし、実際は違うようです。

治す手助けやアドバイスをしてくれる場所であって、通うだけで治る場所ではないようです。

僕が以前から記事に書いていることですが、考え方、物事のとらえかたが少し変わると今よりも楽に生活できるようになります。

例えば、自分のことを中心に考えるクセがついている時に、相手の気持ちを考えてみたりすると楽になることもあると思います。

そういったアドバイスをカウンセリングではしてくれます。

対人恐怖症になれば、どうしたら良いか分からなくなり、努力しても楽にならない葛藤と戦うこともあると思います。

困った時に、方向性を示してくれる人がいるのといないのでは全然違うと思います。

カウンセリングや治療を受けて悪化したという話はあまり聞かないので、行かないよりは行く方が良いかもしれません。

余裕があれば行ってみるのも良いかもしれません。

余裕のない人は、自分を良く見せようと努力をするのをやめて「自分はこういうキャラなんだ、ありのままの自分でいよう」と開き直ってみるのも良いと思います。

ありのままの自分に自信が持てるようになるために努力するのも良いと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/44-7ba4e975