対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

迷った時にどちらを選択するのかが大切だと思います。

それほど仲良くないけど、よく知っている人に対してのことですが、ちょっとあいさつして帰った方が良さそうだと感じることってありますよね。

でも、自分が緊張するから、「あいさつせずに帰ろう」と考えたりしますし、実際にそうしたりします。

自分のこころの中では「あいさつして帰った方がいい」ということは分かっていますが、緊張するのでその気持ちがなかったことにして何も言わずに帰ることを選択することがあります。

この場面で、どちらを選択するのか、ということですが、僕の経験からは「緊張する場面を避ける」ことを選択した場合に後悔することが多かったです。

本当は分かっているのに緊張するからという理由で、正しい選択をしないで、結局後悔して自分が嫌になり苦しくなることは多かったです。後悔したままだと次に会う時に視線が気になったりなどの症状がでることもありました。

今考えると、少し緊張したとしても、正しい選択をした場合のほうが後悔は少なくて済むので楽だったように思います。

本当は自分で分かっている「正しい選択」をするのか、緊張するから「正しい選択」を自分自身で封印して分かっていないフリをするのか、そんな些細な選択の繰り返しで今日一日は終わってしまいます。どちらを選んだとしても一日は終わります。

できるだけ後悔しないために、悩まないために、迷った時は緊張しながらでも「本当はわかっている正しい選択」をするほうが結局は楽なんだと思います。

一つの些細な選択を理由を付けて(緊張するからとか)間違えると、それを切っ掛けに、人付合いは上手くいかなくなることは多いものだと感じています。

間違った選択をすると次も間違った選択を自ら進んでするようになると思います。僕はそんな悪循環を繰り返していました。

でも、緊張しながらでも本当はわかっている正しい選択を勇気をもって繰り返すことで悪循環から抜け出すことはできると思います。

それは、自分の弱い部分(例えば緊張しやすいところ)を隠すということをやめて、更にいうと自分の気分が良くなる方を選ぶのではなくて相手の気分が良くなる方を選ぶことになると思います。

僕の考え方なので正しいのか間違っているのかわかりませんが僕はそう思います。

なので、やはり緊張しながらでも正しい努力をすることは大切だと思っています。緊張しながらでも思いやりとか愛情で行動することが、緊張する場面を避けて後から辛くなるよりも自分自身は楽になるように思います。

対人恐怖のない人は、緊張するからという理由で正しい選択をやめておくということはせずに、単純に自分が正しいとわかっていることを選択して、その繰り返しで一日が終わります。なので人付き合いも上手くいくのだと思います。

もちろん、そうじゃない場合もあると思いますが、たいていは正しいほうを選択していると思います。

僕の場合は、緊張するからという理由で正しい選択を避けることが習慣になっていたように思います。でも自分なりのタイミングというか少し自分自身について理解できはじめたころから、緊張しながらでも正しい選択ができるようになったと思います。

もちろん全て完璧にではないですが、ましになっていると思います。

今日一日は些細な選択の繰り返しです。些細な選択がその人の一日であり、その人の人生にもなるんだと思います。

緊張して恥をかいたっていいじゃないか、どうであれ正しい選択をすることが自分を成長させることになると思います。これは自分へのメッセージです。
関連記事

アイさんへ

アイさん、お久しぶりです。

僕の姉は母親と連絡取ってないみたいです。母はずっと気になっているようですが、自分に悪いとこがあったと思いながらも、何が悪かったのかハッキリとわからないみたいで、どうすればいいのか、、、、、、という心境だろうと思います。

そうですよね、年末というのもあるので、できれば家族全員で会う機会があればいいですよね。

先日、親せきのおばあちゃんが危篤になって、あと3日くらいが山場だという知らせだったので皆集まりました。

正直、僕らは遠い親戚なのですが、おばあちゃんに身内がいないので連絡がきたという感じです。普段から誰も世話する人がいなくて、ヘルパーさんと会話するだけの一人暮らしですごく寂しそうでした。

結局、山場を乗り越えて元気にはなりましたが、身内って大切だなと感じました。

自分の親もそうですけど、パートナーの親もイザというときは助けてくれたりすると思うので、感謝しながら甘えるのも必要なんだろうと思います。

血がつながっていなくても、お互い助け合える環境づくりも必要なのかもしれませんね。

親戚との人間関係は難しいので悩んでいる人は多いみたいですが、アイさんは上手くいっているということでよかったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お久しぶりです!

りこさん、こんばんは。

お久しぶりですね。

なんとなくですけど、自分が就職したての頃を思い出しました。僕自身のことですが今思い出すと恥ずかしくなるような失敗とか多かったです。

人と関わるのに慣れていなかったので色々と問題というか上手くいかなかったです。いつのまにか一人のほうが楽だと思うようになって自分から避けていたように思います。

先輩との会話も噛み合わないことは多くて、色々言われたりしました。(ハッキリと思い出せませんが・・・)

>正しいと思うことをすれば、何でも丸く収まるということでしょうか?

何でも丸く収まるということはないと思いますよ。僕の経験からですが、対人恐怖があるから正しいと思うことでも避けたりしますけど、避けているといつまでも前に進めないというか、正しいと思うことを行動して、間違っていれば修正していくことで成長できるのだろうと思います。

なので、正しいと思うことをすれば、その結果、自分の間違いとか勘違いに気が付くので修正したり学びますけど、正しいと思うことをせずに避けていると、それが正しいのか間違っているのかが判断できなくなると思います。

僕の場合ですけど、自分が正しいと思うことをして正解だったこともありますが、間違っている場合もあります。その場合は恥ずかしい思いをしたり悔しかったりしますが、恥をかきながらでも成長するしかないんだろうと思います。

僕は幼い頃から人との関わりを避けることが多かったので、皆が幼い頃から少しづつでも恥をかきながら悔しい思いもしながら学んできたことを、大人になってから少しづつ学んでいったと思います。

それがちょうど、就職してからのことが多かったように思います。なのでりこさんの気持ちはなんとなく理解できるように思います。

単純に経験不足というのはあるのではないかと勝手に思っています。僕の場合がそうなので勝手な解釈でごめんなさい。

僕の場合は、中学高校と会話不足というか、どうしていいかわからない状況の時に(例えば相手が怒っているかもと感じるとき)、「ちょっと声を掛けてみること」という行動はせずに「何もしない」ことを選択することが多かったように思います。

「正しいのか間違っているかが分からないから避ける」ことを繰り返していると、余計にその状況になったら避けるようになるのかもしれないです。

ちょっと意味が伝わりにくいと思いますけど、僕の場合は恥をかきながら少しづつ成長できるようになったのは就職してからです。

りこさんと僕は少し違うと思うので何とも言えないですが僕的には「ちょっとした自分の気持ちの動き」をあいまいにせず、「なかったこと」にしないように大切にするほうがいいのではないかと思います。

僕の場合ですが、緊張するから「今の気持ちは無かったことにしよう」とか自分なりにしていたように思います。無かったことにすれば「避ける」ことが正当化できるからそうしていたのかもしれないです。僕の場合ですけどね。

お久しぶりです!

管理人さん、お久しぶりです。

しばらくサイトを見ていなかったので、今10月のを読みました。まさしく、私がぶつかっている内容でした。

緊張するから、無視されるのが怖いから。だったら、何も言わずに過ごそうと思ってしまいます。一人で居ることが楽だと思っているので、できれば一人で居たいのですが。。。

生命保険会社では、新人には一人で仕事させないということで。確かにまだ保険についての説明なんてできないですから先輩と行くのですが、車の中で二人で居るのも辛いなと思ってしまいます。

そんな感じで、また悩んで苦しくて。今日、先輩に言われたのは「いい大人なんだから、学生みたいなことしないでくれる」と言われました。

自分では、いけないと思っていても行動に移せないから悩む。それが周りの人には大人げないと思われるのですね。。。

正しいと思うことをすれば、何でも丸く収まるのでしょうか?

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する