対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦しくなるのは対人恐怖症がない人の生き方と比較するから。自分は自分でいい。

自らの生について、あなたにできるのは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」、それだけです。一方で、その選択について他者がどのような評価を下すのか。これは他者の課題であって、あなたにはどうにもできない話です。
(嫌われる勇気、147ページ)

当たり前の話ですけど人生は選択の連続です。人生を左右する大きな選択もありますし、小さな選択もあります。例えば大きな選択といえば就職先を決めるときや結婚相手がそうですし、普段のなにげない会話の中で「自分がどういう返事するか」という小さな選択もあります。

「選択」することが難しいと感じることはあります。そして選択した結果、苦しくなることもあります。

他人の評価を気にすると、間違った選択をしてしまうことがあります。例えば就職先や進学について自分の考えを押し殺して「選択」することもあります。

僕の場合ですけど、対人恐怖のない人と同じような選択をしないとダメだと思っていたので、自分なりの選択をした場合でも苦しくなっていました。

例えば正社員を辞めてアルバイトしたときも、自分なりの選択だったのですが、他人からの評価を気にして苦しくなっていましたし自己嫌悪になっていました。

他人から何を言われても、自分には対人恐怖症があるんだから、自分なりの選択を信じていれば、もっと楽だったのかもしれないです。

自分の行動を他人がどう評価するのかは、その人がすることであって、自分がその「他人からの評価」を操作することはできませんし、どうすることもできません。

しかし、僕の場合は、その評価をどうにかしようと考えて、自分をよく見せようとしたり、言い訳をしたりと必死でした。無理なことを頑張っていたので、いつまでも楽になれなかったです。

無理なものは無理なので、どれだけ頑張って自分をよく見せようとしても自分が苦しくなるだけでした。やはり課題の分離というのは必要だったと感じています。

他人の評価を考えながら行動すると、他人に振り回される人生になって、他人の人生の中で生きることになります。自分の人生を生きるためには、自分なりの選択を信じて突き進むしかないのかもしれないと、この本を読んで思いました。

「自分には対人恐怖症がある」と受け入れた時に、他人の評価を気にせずに、自分なりの選択が出来るようになるのかもしれないです。

自分の行動が他人から理解してもらえないと感じることもあります。しかし、自分が理解できていればそれでいい、という部分もあると思います。「自分は自分」なので。

対人恐怖症のない人と対人恐怖症の自分を比較すると苦しくなることは多かったです。他人が簡単にできることが自分にはできなかったりしますし、「なんで、これくらいのこと出来ないのだろう」と思われているんじゃないかとか考えます。

それが親とか兄弟だとしても、自分の行動を理解してくれないことはあると思います。僕の場合は親や兄弟に説明もしていなかったので、僕の行動は理解不能だったと思います。単に忍耐力がないと感じていたと思います。(すぐに会社を辞めたりするので)

でも、誰も理解してくれなくても、自分が正しいと思うほうを「これが自分なりの選択だ」と信じることで、楽になるのかもしれないです。

正直、僕は孤独でした。誰にも説明していなかった時期は自分だけの世界にいたと思います。

友達も数人いましたが、結局家に帰って一人でいると、誰とも気持ちが通じ合えていないという虚しさみたいなものは感じていました。なので理解者は必要だったと感じています。

話が全然違う方向になってますけど、1人暮らしをしている時は本当に寂しかったです。この寂しさは言葉で説明できないですけど、大げさじゃなく暗闇に1人でいるような感覚でした。

少しづつ前に進むしかないです。誰も理解してくれなくても、自分なりの人生を歩むしかないです。
関連記事

ジャイコさんへ

ジャイコさん、おはようございます。

>管理人さんの言葉に励まされています。

余計なことを書いてしまったかなと思っていたので、そういっていただけると助かります。

お母様がお亡くなりになられてから変化が多かったようですね。やはりお母様の存在は大きかったのかもしれないですね。心身ともにジャイコさんに負担がかかる状況になってしまったのかもしれないですね。

僕は愚痴をため込むほうなのでストレスをため込みやすいほうだと思っていますけど、愚痴を吐き出すと頭の中でもやもやしたものが整理されたり、スッキリすることもありますよね。

日々の生活での不満とかは誰にでもあると思いますけど、みんな誰かに愚痴ったり、ときには悪口になることもありますけど、それが普通で健康的なのかもしれないですよね。

僕も外出先で不満があったときは妻に言ったりします。「それはしょうがないじゃん」っていう返しが来ることもありますけど、それで納得できたりすることもあります。

いろいろありますが、これからもマイペースで頑張ってくださいね。

管理人さんの言葉に励まされています。
いつもありがとうございます。

どうして悪口、陰口が許せないのか?よくわかりました。自分の本音を隠して自分だけがいい人で相手が悪い人?だと自分が思って
善悪?正しい、正しくない!を訴えたいのでしょうか…。

10年前に義母がガンでなくなり、その2年後義母の母親、主人の祖母が認知症から誤飲が原因で亡くなりましたが。
その当時は主人の妹ちゃん二人もお嫁に行く前で、皆で分担して
悲しみも乗り越えれたのかな?と私は思っていました。

彼女達もお嫁さんになったあと義父のお酒の量も増え、とうとう体調壊して一時期脳障害から昼夜逆転、お支払できずの飲食、おトイレの場所がわからず等、介助が必要でした。

当時は小5の娘、お嫁に行った妹ちゃん、主人の力もかりつつ
仕事もしてましたが、よく遅刻したり休んだりしてるうちに
職場に迷惑かけて申し訳ない気持ちから退職しました。
諦めず頑張ればよかったのですが、そこから人の目を声を気にするように、本当はそういう性格だったんですが表面化してしまいました。
義父の体調もそれから一年半ほどで要介護2から要支援まで回復しましたが、車も運転できず、もちろんお酒も飲めなくなって義父も
ストレスもあったとおもいます。
本音が履けない私は義父と顔をあわせて挨拶するのも苦痛になってしまいました。
顔をあわせるとお金が必要だと!言われて私も再就職しようと何度も職にパートですが対人恐怖症がでてきて未だに定職に就けなくて
義父もお金の自由や寂しさからますます私達夫婦のことを回りの方にお話してみえるようです。

娘も高3、私がもっと強くならないと!と笑顔で家を明るくして仕事も長く続けて背中を見せて世間は厳しいけどまんざらでもないよ!と娘を応援したいです!


愚痴でめんどくさくて人のせいばかりでお恥ずかしいですが
これが私なんですね…。m(__)m

ジャイコさんへ

ジャイコさん、こんばんは。お久しぶりですね。

対人恐怖症だと、他人や親や配偶者との関係も大変ですし、孤独感もありますよね。認めてほしい感があったり、嫌われたくない感があったりして、自分自身の頭の中で整理できなくて、ハッキリとした理由が自分で理解できなくて、でも苦しいのには間違いないですし、正直どうしたらいいのか分からなかったです。

自分なりに頑張っているつもりでも空回りしているようで辛いですよね。

僕の場合ですけど、自分の感情が少しだせるようになって楽になったように思います。腹が立つときは腹が立っていることを表現するほうが自分自身は楽なのかもしれないですよね。

僕は自分がイライラしていることを隠そうとしたりすることが多かったので、「怒ってるの?」とか聞かれたときは「いや、怒ってないよ」とニコニコしてごまかしたりとかしてました。

でも、自分の感情が表現できるようになると、たとえばですけど、自分のことを悪く言っているのを知ったときのダメージがすくなくなるのかもしれないです。

「自分は他人の悪口は言わないから、あなたも私の悪口は言わないでね」というスタンスだったように思います。

なので、自分が悪口を言わないでいるのに、他人が自分の悪口を言っていると許せないというか、そういう感じだったと思います。

僕自身は他人の悪口は言わないようにはしてますけど、腹が立った時は「あの人腹立つわ!」とかは言います。

僕の場合でしか分からないですけど、自分の感情がだせるようになると、悪口、陰口とか人目を気にしなくなるのかもしれないです。僕の場合だけかもしれないですけどね。

お母様は素敵な人だったんですね。やんわりとしたあたたかい感じの方だったんだろうと勝手に想像してます。

こんばんは、実は少しの間検索をあまりしないようにしていたのですが、不安になるとやっぱりなにかしらいい考え方がないか?!
と助けてほしくてお邪魔しました。

対人恐怖症の方は孤独と自分と他人、親兄弟、配偶者や子供との関係に悩んで同じ考え方の人を探して人を好きなのに、認めてほしくて頑張ってしまうのでしょうか?

誰かに必要とされるのはうれしいですね、でも上下の考え方だと
理不尽な言葉に傷ついて怒りや悲しみで笑って誤魔化せないほど
落ち込んで悪循環です。
年齢が重なるほど固定観念で縛られ若い頃のように素直に相手の話が耳にはいらず、悪く言えば私だって頑張ってるもん!と思ってしまいます。

コミュニケーションは笑って理不尽な言葉も吹き飛ばしたいのに
悪口、陰口、人の目を気にしないで生きたい!

亡くなった義母に会いたいです、笑顔の素敵な太陽のような人だったので。

相変わらずとりとめなくてすみません❗

りこさんへ

りこさん、こんばんは。

心強い先輩ですね。色々経験して自信があるのが伝わってきますね。

何年も前ですけど、伸びる新人と伸び悩む新人について、こういうパターンが多いよと、誰かか言っていて僕自身もそうだと思うことがあるので書いておこうと思います。

伸びる人は、言われたことを素直にとりあえず全部やってみる人で、伸び悩む人は言われたことをやってみる前に自分なりに解釈して自分の判断で変更したりアレンジするそうです。

僕自身もそういう経験があるので実感しています。

言われたことを一通りやってみてから自分に合ったやり方を探すほうがいいと思いますけど、僕の場合はちょっと頭が固いところがあるようで、言われたことと違うことをして結局失敗することが多かったように思います。

そういえば、前に面接の話の時に書きましたね。思い出しました。「緊張しないようにと考えるではなくて緊張しながら・・・・」記憶にあります。

でも、僕自身書くのは簡単ですけど、実際は難しい部分もありました。

緊張するときと緊張しない時って、紙一重みたいなとこありますから、少しの心構えの変化で大きな違いになることはあるかもしれないですよね。それが自信になったりとかあると思います。

管理人さんへ

コメントありがとうございます!

確か前にも、面接は緊張しますって書いたら「緊張しながら…」と管理人さんに言われた事を忘れてました。

緊張するのは誰も同じで、普通の人より緊張の度合いが違うだけ。そう思っていたのに、すぐ恥ずかしさが出てきてしまって思うようにはいかないですね。

「対人恐怖症とうまく付き合う」のも難しいですね。それができれば、きっと楽になるだろうなぁと思うのに。

生命保険会社での講習は、確かに役に立ちます。すごく勉強になりますし、この事には後悔してないです。会社の方が「大丈夫だから、信じてついてきて」と言ってくれたので、人を信じられなくなっている私でも、また信じてみるべきかなと思ってます。

りこさんへ

りこさん、こんばんは。

おひさしぶりですね。

就活は大変ですよね。僕は生命保険の会社のことは全然知らないので想像だけですけど、物凄く知識が付くと思うのでいいんじゃないかと思います。

一般の人は生命保険についての知識がほとんどないと思うので、会社でも普段でも学んだ知識が役に立つだろうと思います。頑張ってくださいね。

僕の場合ですけど、対人恐怖症を克服するには何をすればいいのか、というよりも、上手く付き合っていくことができればもっと楽だったと思っています。

例えばですけど、緊張しそうな場面で、緊張しないようにとか緊張しているのがバレないようにとかすると、結局緊張してしまって後から自己嫌悪になっていました。緊張しまくったあとの凹みは半端じゃなかったです。

今振り返ってですけど、緊張している自分を見られても堂々としていられる自分に気付いたときに「あっ、壁を乗り越えたんだな」と感じました。

僕の対人恐怖症の場合ですけど、緊張しなくなることが対人恐怖症を克服するというのではなくて、「堂々と緊張できる状態」が対人恐怖症を克服するということだと思っています。

なので、「緊張している自分=他者から受け入れられない」という固定観念みたいなものがあったと思いますが、その固定観念が崩れた感じです。

以前、どこかに書きましたけど「あえて緊張しながら今やろうとしていることをやってみる」というのも一つの方法かもしれないです。今までと少し違う感覚を感じることで少しの自信なったりすると思います。

色々と大変なこともありますが頑張ってください。久しぶりなのにこんな返信しかできなくてごめんなさい。また、いつでも書き込みしてくださいね。



管理人さんへ

お久しぶりです!
サイトをしばらく見てない間に新しくなってました。

あれから就活で面接受けては落ちを繰り返してます。結局、生命保険会社での講習に参加しているうちに「ここで頑張るのもありかな」と思うようになりました。先日、生命保険会社に就職するための一般試験というものを受けて合格しました!

それからまた、講習を受けているのですが。。目標が試験に合格する事だったので、今の時期は不安との戦いになっています。本当にこの道に進んでも良いのか?と。

講習で使うテキストの「この部分を読んで」と言われ、声を震わせながらも読み。健康診断があり、初めて行く病院で普通に息が出来なかったり。

対人恐怖で思うようにいかない事がたくさんありますが、私も他人に良く見せようとしてしまう事もあり、ものすごく気を使って疲れてしまいます。

「自分は自分」という言葉を意識すると良いのでしょうか?どうしたら対人恐怖を克服できるのでしょうか?病院に行っても薬を貰って、あまり話を聞いてもらうことができなくて。薬で繋いでる感じです。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。