対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場での人間関係について思うこと。

職場での人付き合いは難しいですよね。

性格の違いで気に入らなかったり、仕事の進め方が気に入らなかったり、遅刻ばかりする人もいますし、あいさつしても返さなかったり、聞こえてないフリをする人がいたり、自分の思うように進むないと機嫌が悪くなる人とか、急ぎの仕事なのにゆっくりしてたり、しゃべりまくって手が動いていない人とかいますよね。書き出すとエンドレスになってしまうのでこれくらいにします。

僕が20代の頃は、周りに不満ばかり持っていたように思います。もちろん周りからも不満がられていたと思います。

今更ですけど、働き方って人それぞれなんですよね。極端に言うと会社に命かけている人もいれば、お金だけもらえれば良いという人もいますし、一生この会社で頑張ろうとは思わないという人もいます。

働き方は人それぞれなので、そのギャップがストレスになることは多いように感じます。

皆がそれぞれに自分が正しいと考えての行動や発言をするのでストレスになるんだろうと思います。世界の終りのドラゴンナイトでしたっけ?歌詞でそれに近いのがあったような気もします。

自分が今の会社で一生働こうと頑張っている時は、アルバイトの人に腹が立つこともありますし、逆に自分がアルバイトで相手が正社員だった場合は、「そこまで真剣にやらなくても良いのに」とか考えたりします。

自分の立場での景色が基準で、それこそが正解であって、決して他人の立場での景色を理解しようとしていなかったのが僕の20代です。

今振り返って考えてみると、100人中10人は真剣に働いて(A)、80人は普通に働いて(B)、10人はサボる人(C)なのかなって思います。割合は適当ですけどね。

昔はサボる人のことを「シロアリ社員」とか言ってたみたいですけど、いつの時代でもいるでしょうし、サボる人にはサボるだけの理由が本人にあるんだろうと思います。だからといってサボって良いということにはならないのですが、ある程度の理解は必要なのかもしれないです。

分かりやすいように(A)(B)(C)に分けてみました。

仮に自分がAだった場合は、B、Cの人を不満に思いますし、Bだった場合はA、Cの人が不満です。Cだった場合はA,Bの人に不満になるだろうと思います。

それぞれが、自分の立場での景色が正解だと考えているので、不平不満になるんだろうと思います。逆に考えると、こういった会社でのストレスは相手の立場を理解すると解消できるのかもしれないです。

例えば、Aさんは会社人間で必死で会社のために働いている時に、Cさんがサボりまくっている場合です。この状況だとAさんはCさんに不満があると思いますけど、Cさんの立場で考えてみると、Cさんはそもそもこの会社で一生働こうとは考えていなくて、言い方は悪いですがこの会社を踏み台にして生活費を稼ぎながら別の目標を持っている場合はあると思います。

Aさんからすると「同じ給料なんだから同じように真剣に働いてもらわないと困る!」
Cさんからすると「お金だけのために働いているだけ」

どっちが正しい考え方なのかではなくて、割合の問題でAさんの考え方の人もCさんの考え方の人も存在するのが正解なんだろうと思います。

お互いが完全に理解し合うことは難しいと思いますが、様々な立場の人がいるのが現実なので、諦めるという言い方は適切ではないですけど、ちょっとだけ理解する必要はありそうです。





関連記事

みらいさんへ

みらいさん、こんばんは。返信遅くなりました。

どちらかというと向いている職場だということなのでよかったです。「ありながら、できることをする」ことができそうですね。

質問の件ですけど、人に移してしまうことはないです。僕も同じ質問をカウンセラーにしたことがありますけど「移ることはないです」との答えでした。

こっちが気にしていると相手もこちらを気にすることはありますけど、視線恐怖が移ることはないと思います。

僕の経験からですけど、気になっている状態の時より、気になっていないフリをしている雰囲気を相手は敏感に感じ取るように思います。視線恐怖があってもなくても隣りに人がいると気になるのが普通の感覚なので、気になった時には見るのが正解だと思うのですが、視線恐怖があると普通の感覚も自分特有の症状だと考えるところがあって、それを気になっていないフリをしようとする場合があると思います。それが不自然な感じなので相手はその雰囲気を感じとるのかもしれないです。これは僕個人の考えなので人によると思います。

僕が学生の頃に辛かったのが脇見で周りに迷惑を掛けていたことです。自分だけがしんどいのなら、もう少し頑張れたと思いますけど、他人に迷惑かけているのが辛かったです。

でも、みらさんもそうだと思いますけど、気にならないときもありますよね。集中している時とか。例えばですけど、自分が物凄く興味のある話を正面の人が自分にしているときとかは、隣の人が気にならなかったりします。隣の人が自分にとってどんな人なのかにもよると思います。

こういった少しの差というか、ちょっとしたことというか、少し考え方や受け止め方が変わるだけで楽になるように思います。

例えばですけど、仕事とか趣味レベルで何か達成できたときに自信が付いたりすると思いますけど、そういうちょっとしたことで気になる時間帯が減ることはあると思います。

何故か調子のいい時ってありますしね。その時の気分が影響することもあると思います。

僕の場合ですけど、頭の中がスッキリしている時とかは、調子よかったりしました。悩みごとを全て一緒に考えていると、頭の中がスッキリせずに症状がひどいと感じることもありました。

そう考えると、すぐに解決できる悩みと、時間が掛かる悩み、努力で解決できる悩みなど、分けて考えるほうがいいのかもしれないと今は思います。

視線恐怖症はすぐに解決できる問題ではないので、そうであれば、やはり「ありながら、できることをする」ということになりますし、ある部分で劣等感がある場合で努力で解決できるものは、努力する計画を立てて実行するとか。

僕がそうだったのですが、訳が分からなくってくるんですよね。全部まとめて考えると意味がわからなくなって、何で悩んでいるのかと不安になって、最終的に自分は何のために生まれてきたんだろうとか考えたりします。それはそれでいいとは思いますけど、分けて考えた方がスッキリするように思います。

以前働いていた職場の上司に言われたことがあるのですが、「頭の中は常にスッキリさせておいたほうが仕事は上手くいく」と言われました。多分、分からないことはその都度質問して、疑問を溜めこまないようにしたほうがミスが少なくなるという意味だと思うのですが、それは納得しました。

ちょっと違う話ですけど、置き換えると同じ意味だろうと思います。

確かに、まわりに影響を与えるという不安はありますよね。それも含めて視線恐怖だと思うので、辛いところだと思います。



ありがとうございます

とても丁寧なお返事ありがとうございました。何回も読み直しています。

私の場合、今の職場は耐えきれないほど辛い環境ではないと思います。むしろ色々と恵まれている方だと感じます。なので、「ありながら、できることをする」には、どちらかというと向いている環境なのかなと思いました。

ただ「ありながら、できることをする」の目標が、最初から高すぎたのかもしれません。
少し思い返してみると、自分の中でも特に苦手なこと(隣に人がいる状況で何かするなど)にも「堂々と緊張しよう」といきなり挑戦していました。

症状を消すことを目標にするのではないと思いながらも、早く治したいという焦りのようなものがとれてないからだと思います。「ありながら、できることをする」というのを受け止めきれていない頑固な気持ちもあるんだと思います。
管理人さんがおっしゃってくださったように、もう少し嫌われる勇気を持ち、本なども参考にしながら「ありながら、できることをする」ことに慣れていきたいです。

もう1つ質問をしたいのですが、管理人さんは視線恐怖を人に移してしまったことや、影響を与えてしまうのではないかと不安に思ったことはありますか?私は自分の視線恐怖で人が辛い思いをしてしまうのが一番しんどいので。

また長々と失礼しました。返信も無理はなさらないでください。

みらいさんへ

みらいさん、こんばんは。

僕は専門家ではないので、僕の経験からで、しかも自分の考え方で書いていますので参考程度にしかならないかもしれないです。

僕がいちばん辛かったのが視線恐怖症でみらいさんと同じような症状だと思います。僕も髪で視界をさえぎるようにしていた時期もあります。似合わない帽子をかぶっていたこともあります。

僕の場合でしか書くことができないのでアドバイスではないですけど、僕自身の人生を振り返ってみると、やはり視線恐怖がありながら、自分なりになんとかやっていける環境へ身を置きながら生活してきました。

ときには、治そう治そう(症状を消し去ろう)と間違った努力もしながらですけど、自分には無理な環境だった場合には違う環境に移動してみたり(例えば転職とか)しました。

僕は環境は凄く重要だと思います。僕の場合ですけど、中学高校のころに学校に通いながら視線恐怖症を治すのは無理だったと思っています。多分ですけど、当時カウンセリングとか何とか療法とかやっても無理だっただろうと思います。

人それぞれだと思いますけど、自分がいちばん辛い環境で克服するのは無理なんじゃないかと思っています。この部分は僕の考え方が間違っている可能性は十分あるので専門の方に聞いて頂かないと分からないです。

一言で表現すると「ありながら、出来る場所で出来ることをする」ということになると思います。なので、対人恐怖がなかった場合と比較すると少し制限というか、自由度は低くなるのかもしれないです。僕の場合ですけどね。

症状が辛いので症状を無くしてしまうことを考えるのが自然な考え方だと思いますし、僕自身そうしてきました。

でも、今振り返ってみて、目標を間違えていたように思います。症状をなくすのが目標ではなくて、堂々と緊張することを目標にするべきだと考えています。

人それぞれに「ありながら、出来る場所で出来ることをする」という部分の、「場所」は違う形になると思います。そして、その場所は変化していくと思います。

例えばですけど、人によってはそれが自宅になる場合もあるかもしれないですし、病院になることもあるかもしれないです。人数が少なければなんとかなる場合もあるでしょうし、3人までなら大丈夫という人もいるかもしれないです。

僕は、今の自分の状態が何点の出来なのかはどうでもいいことだという考え方です。今の状態は変化していきますしね。自分は自分なので、自分なりの「ありながら、出来る場所で出来ることをする」のは必要なのかもしれないです。

堂々と緊張することを目標にしても、難しいことはあると思います。どうやっても無理な場合は逃げることも、前に進むための一つの方法なのではと考えたりします。

僕の場合は逃げながら(例えば転職とか)前に進んできたので、こういうマイナスな意見になってしまいますけど、正直、プラス思考だけで解決できる問題ではないと思うので、こういう返信になっています。

これが正しいかどうか分からないですけど、僕の場合はそうやって前に進んできました。

でも、僕のように逃げながらではなくても、正しい努力をし続けることで上手くいくことはあると思います。自分なりの正しい努力ってあると思います。

気になりながらでも目の前のことをしていると、何故か気になっていない自分に気が付いたりします。症状がでるかでないかは紙一重みたいなところがあると思います。周りを気にするのにしても人の集中力には限界があると思います。

それくらい微妙なラインなので、正しい努力をし続けることで僕のように逃げながらではなくても大丈夫な場合はあると思います。

たとえば、嫌われる勇気が今より少しあれば、症状がでない時間は大幅に増えるかもしれないですし、そうすれば逃げる必要もなくなりますしね。

なので、色々な本を読んで深く考えてみると少し良い方向にいくことはあると思います。

初めまして

こんばんは。初めてコメントをさせていただきます。

私は大学生の頃から視線恐怖に悩んでいます。
こちらのブログは視線恐怖について調べている時に見つけて、時々覗かせていただいては勇気をもらっています。ありがとうございます。

ブログの記事を読んで「堂々と緊張しよう!」と思って、視線が気になりつつもやりたいことをするというのに何回も挑戦しました。
けれど毎回自分の視線が人に伝わっているのか、気にして意識がいってしまっている人がソワソワしたり不思議に思っているような態度をとっているように感じます。
その度に「やっぱり見てしまっていて迷惑をかけているんだ。申し訳ないな」と心が折れてしまい、結局視界を髪で隠したり逃げる行動に出てしまいます。
見てしまうのはしょうがないと開きなおろうと思っても、何も私に危害を加えるわけでもない人を見てしまうのに罪悪感をもってしまいます。
何かアドバイスがあったら教えていただきたいです。

今回の記事とは関係ないコメントな上に、長文失礼いたしました。

家鴨さんへ

書き込むだけで頭の中が整理できることもあるので、いつでもコメント頂ければと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

家鴨さんへ

家鴨さん、こんばんは。

相当色々とあったんですね。文面からお察します。僕が経験していないことが多いのでこのブログが役に立たないかもしれないですが、読んで頂いたということで嬉しいです。

非公開なので、あまり細かい内容について返信できませんけど、今が辛い状況だろうと想像しています。

僕も多分そうですけど、やはり幼い頃の環境は影響あるみたいですね。僕自身昔にもどってやり直したいと考えることもありましたが、現実は無理なので辛いですよね。

周りの人が普通に出来ることが自分には出来なかったりすると、言葉で表現できない苦しさはありますよね。「どうして、これくらいのことできないんだ!」と言われることもあります。でも、そう言われても自分にはどうしようもできないとき、本当に心が折れてしまいます。

「どん底を見た人は強くなる」と高校の先生が言っていました。今がどん底なら、これ以上の底はない、あとは上るだけだ。一言一句は覚えていませんけど、こんな感じでした。

僕は信用していた人に裏切られたことがあったのですが、大げさじゃなく一か月くらい頭がボーっとして立ち直ることができませんでした。それ以来、今でも少しだけ人を疑うようにはなっていると思います。

大人になってからの経験だとしても、後に引きづるので、幼少期だと衝撃はもっと大きいのかもしれないですね。

他にコメント頂いた方も、イジメとか虐待、パニック障害、しゅうけい恐怖、アスペルガー、うつ病など様々ですが、皆さん共に頑張りましょう。

りこさんへ

こんにちは。齋藤茂太さんって聞いたことあります。本を持っていたような持っていないような、探せばあるかもしれないです。

心屋さん本に書いてたのはカツラの話(例え話で)ですよね。ちょっと記憶にあります。

僕はメールしないのでコメント欄をメールみたいに使っていますので、いつでも気軽に書き込みしてくださいね。

それと、いつも書き込みして頂いてるところがコメント欄だと思いますよ。「掲示板風コメント」ってなってると思いますけど、元々は「コメント」なんですが、「掲示板風コメント」にしたほうが気軽に書き込めるかなと思って僕が勝手に、「コメント」から「掲示板風コメント」に変更しました。

ブログのテンプレートって色々変更できたりするので、それが楽しかったりします。

管理人さんへ

また書き込みします。いつもありがとうございます。

確かに本を買うとワクワクしますね!早く読みたいって思ってしまいます。今は齋藤茂太さんの『うつ』に関する本を読んでいます。

心屋さんの本にも、本人は隠してるつもりでも相手にはバレてると書いてあったのを覚えています。会社の面接とかは誰もが緊張しますよね。私も緊張しいでも頑張ります。

昨日気付いたのですが、コメントという欄があったんですね。。。

ご迷惑でなければ、これからも何か悩む事があったら書き込みしてもよろしいでしょうか?管理人さんと話していると色々と勉強になります。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りこさんへ

りこさん、こんばんは。

そうなんですよ。たまに返信遅れることがあるので気にしないでくださいね。僕も前に他のブログに書き込みしたことがあって、返信が遅くて不安になったことがあります。それまでは自分がコメントしたことがほとんどなくて、そういうのが分からずにコメント頂いても、ほったらかしにしてた時期があって申し訳なかったなーと反省しています。

最近は出来る限り早く返信しようと思ってますけど、昨日は眠すぎて寝ちゃいました。フィットネスに通い始めたばかりで、筋肉痛もあって眠気がすごかったです。

僕も嫌われる勇気という本が本屋さんで年間ベストセラーみたいなこと書いてあったので気になって手に取って購入することになりました。余談ですけど陳列のしかたで本の売れ行きはずいぶん変わるんだろうなって思いました。

和田秀樹さんという方のお名前は初めて聞きました。またチェックしておきますね。本を買ってきたときってちょっとウキウキしますよね。頑張って読んでくださいね。

面接とかは緊張しそうですけど、緊張しながら受け答えする心構えがいいのかもしれないですね。緊張しないようにするよりも、あえてという言い方は変かもしれないですけど、緊張しながらでいいのかもしれないと思います。

僕の場合は緊張しないように前もって考えると余計に緊張するので、「緊張しながら」というのを意識してます。

僕の場合ですけど、自分が「緊張しい」だと思われると受け入れてもらえないと考えていました。でも実際はそうじゃなかったです。緊張しいなことは隠してもバレているみたいですしね。前にテレビで心理学の植木さんが「人見知りは80%バレている」みたいなこと言ってました。

それと、コメントが重複してましたけど全然良いですよ。書き込んですぐには公開されないように設定してあるので、ちゃんとコメントできていないかもと、2、3回書き込みされる方が結構多いです。僕が設定を変えれば良いだけなのですが、なんとなくそのままにしています。

いつでも書き込みしてくださいね。

管理人さんへ

お返事ありがとうございます。

以前コメントした時にはすぐにお返事が来てたのに、今回はなかったので『自分が何かいけなかったのかな』と心配になり、また同じコメントを送ってしまいました。すみません。。。

本屋さんで『嫌われる勇気』がオススメの棚にあったので気になってました。今日も近所の本屋さんに行って、管理人さんが言っていた加藤諦三さんの本を探しました。興味深いのもあったので今度読んでみようと思います。

先日古本屋さんで、4冊買ったので読んでる途中です。私が本を読むきっかけとなったのは、和田秀樹さんの本が目に入ったからです。

対人恐怖症と向き合うため、今の自分を変えたいと思い、本を読む事にしました。


就活での履歴書や面接、不安な事だらけです。面接なんて、しばらくしてないので。。ものすごく緊張しそうですが。緊張しない方法があれば良いですよね。。。

Re: 管理人さんへ

りこさん、お久しぶりです。昨日、書き込みあったの気付いてたんですけど、超眠くて明日にしようと思って今日になりました。就活中なんですね、履歴書とか面倒ですけど頑張ってくださいね。今はネットでダウンロード出来たりするんですかね。

オススメの本と言えば、「嫌われる勇気」です。前にコメント頂いた方に教えてもらって読みましたけど、僕は夢中で読みました。でも人それぞれなので分からないです。

僕自身なっとく出来ない部分もありましたから、自分が納得できる部分だけ何回も読んだ感じです。本を読んで全ページお勧めというわけではないですけど、多分本ってそういうものなのかもしれないですよね。

高校時代の先生が言っていた記憶があるのですが、本読んで一行でも自分の為になれば、その本に価値があったということになる。みたいなこと言ってました。そうだなって思いました。

自分が読んでいる本に対して少し批判的な人はいますよね。僕も経験ありますよ。でも自分次第なので全然問題ないと思います。普段考えていることも違うでしょうし、価値観とか、悩みとかも違いますしね。

確かに本を読んでもすぐに変わらないというのもあると思いますけど、自分が納得すれば信念が揺さぶられるので、時間差はあるかもしれないですけど、変わるのは間違いないと思いますよ。

僕も心屋さんの本読みましたけど、納得できました。

全ての事で価値観が一緒の人は存在しないと、前に誰かが言ってましたけど、それは納得しました。1から100まで価値観が一緒だと変ですよね。夫婦でもあり得ないですし、兄弟でもないですよね。

違いを確認しながら、上手くやっていくことが出来れば人付き合いも上手くいくのかなって今思いました。

他にお勧めの本は今のところないです。加藤諦三さんの本はどれでもお勧めと言えばお勧めです。僕自身すべて読んだわけではないですけど、amazonで中味検索でしたっけ、ちょっと読めると思うのですが、それで判断するのもありかもしれないですね。

管理人さんへ

またコメントを書かせてもらいます。

今まだ就活中ですが、前にいた会社でも人間関係には悩まされていました。一度キツイ言葉を言われたら、その人にもう近づけなくて嫌いになったり。。

今、時間に余裕があって。心屋さんの本や精神科医が書いた本などを読んでいます。今まで自分が考えてた事がそのまま書いてあって、でもそれは違うんだよ!って読んでいたら勉強になってます。管理人さんがオススメする本はありますか?

知り合いが、そんな本読んでも何も変わらないわ!って言ってきたのですが。。これは本人の気持ち次第ですよね?

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。