対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

緊張するときと緊張しない時の違いって何だろう?

僕の経験からですが、緊張するときって自分を良く見せようと考えている場合が多いようです。例えばカラオケで自分が歌うときに緊張するときは、歌がうまい人、声がいいね、カッコいい、とか思ってもらえるように工夫したり考えたりしている場合は多いです。

逆に、緊張しなかった場面のエピソードもあります。以前働いていた職場でちょっとしたミスをしてしまい社長に呼ばれて説教されていたときのことなのですが、ミスをしたことを色々と会話した最後のほうに付け足しで「君はもう少し社交的になったほうが良いよ。わいわい騒いでいるとこ見たことないし、自分でそう思わない?」って社長に言われました。

その時に、ちょうど自分の真後ろに社交的ではない職場の人がいたので、その人にハッキリと聞こえるように少し大きめの声で「そういうのは全く思わないです。僕は仕事をしに来ているので、仕事だけキッチリやっていれば良いと思っています。楽しい話をしに来てるわけじゃないので。。。。」

ちょっと強気にも思えるこの発言。逆に強がっているだけの負け惜しみにも聞こえなくもない。

僕は思っていることを言葉にしただけです。正直、社交的な人に憧れがあるのは確かなので自分でも少し社交的になったほうが良いとも思っていました。

ただ、この時は自分のうしろに社交的でない人がいたので、「社交的でなくても大丈夫なんだ」ということを伝えたかったというのが本音です。

この時に自分で気が付いたのですが、全く緊張することはなかったです。多分、自分の為の発言(自分を良く見せようとか)ではなくて、後ろにいる人の為に発言したので緊張しなかったのだろうと思います。

そういえば、今までに緊張した場面や緊張しなかった場面を思い出してみると、この法則に当てはまりそうです。自分のことを考えている時は緊張して、他人のことを考えている時は緊張しないようです。

僕は経験ないですけど、例えば音楽の発表会で自分を良く見せようとすれば緊張するでしょうし、逆に自分のことを考えずに誰かの為に演奏すると緊張しないのかもしれないです。

そう考えると、愛情で会話すると緊張しないのも理解できます。人それぞれに思い当たる場面はあると思います。

多分、理想論になるんでしょうけど、どんな相手にも(例えば自分を嫌っている人)愛情を持って接していれば緊張しないのではないかと思います。返ってくるかどうかは考えずに(見返りを求めず)自分から愛情を注いでいれば自分自身は幸せになれるのかもしれないです。

昔、社長に「働くとは、はたをらくさせること」というのを聞いたことがあります。ここで言う「はた」というのは自分の周りの人のことなので、近くの人を楽させるためにすることを「働く」と言うんですよ。こんな感じだったと思います。

ちょっと話がそれましたけど、自分の中に幸せを求めるのではなくて、実は幸せになる要素は目の前にいくらでもあるのかなって思います。それに気づかずに自分の中に幸せを求めていると、それは難しいのかもしれないです。

なので、自分を変える必要はなくて、目の前の人たちとどうかかわるかだけが人生の目指すべきところだったりするのかもしれないです。

思いつきで書いているので自分でも意味が分かりませんけど、読んでいる人はもっと意味が分からないと思います。

ちょっとカッコいいこと書こうと思ったのですが、眠たくなってきたので寝ます。大阪市はもうすぐ住民投票ですね。皆さん投票しましょうね。
関連記事

朝の月さんへ

コメントありがとうございます。

読んで頂けたみたいでありがとうございます。もうすぐお正月ですね、なにか良いことがあるといいですね。寒くなりましたが体調に気を付けてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

qpさんへ

qpさん、おはようございます。コメントありがとうございます。

緊張しながらでも少しづつ自信を付けていく方法は良さそうですね。僕の場合ですけど今までと違う感覚を実感できた時は凄く嬉しかったのを覚えています。少しづつですけど気分が晴れやかになっていく感覚はありました。

ちょっと恥ずかしくなるようなこと書いちゃったので少し不安だったのですが、コメントいただけたので救われました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する