対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

脇見恐怖の人だけ読んでください。治りそうになってきたら、間違った努力は一切やめる。

自分のいちばん辛い時期から少しづつ楽になってくる感覚を感じて、治りそうになってきた時期に思うことは、間違った努力を一切しないようにした方が良いと思います。

僕自身は間違った努力が必要な時期があったので、今まで沢山してきました。それで救われたのは事実だと思います。っていうか、間違った努力以外にできることはなかったです。正しい努力なんて出来る訳ないですし、それが何なのかも分かりませんでした。

僕の場合は視線恐怖症がいちばん辛かったので、視線恐怖症で書きますけど、どちらかというと脇見恐怖症みたいなものです。視線恐怖症も色々あるみたいですけど、正直僕は詳しく知りません。多分全部あったと思います。その中でも脇見が辛かったです。

視線恐怖症が悪化すると脇見になるのかなって勝手に思っていて、脇見の人は全部あるんじゃないかと、これも勝手に思っています。でも脇見が治れば全部治るので区別する必要はないと、これも勝手に思っています。

それで、僕の場合ですけど、脇見が治る感覚ってどういう状態かというと、例えば、隣に誰かが来た時に気になるのは気になるのですが、それが苦痛じゃない状態です。

気になるのが普通の感覚で、当たり前の感覚なのですが、気になった時に見てしまいそうとか、見てはダメだとかいう感覚になるのが脇見だと思います。

そして、実際は気になるので見てしまうことになるのですが、それが苦痛で、見ていないフリをすることになります。

気になった時に見ていないフリをするのが間違った努力だと思うのですが、僕の場合ですけど、これしかしょうがないというか、これ以外に出来ることがありませんでした。

しいて言うなら、髪の毛を伸ばしたり、帽子をかぶったりとかなんですけど、余計にしんどくなるので、途中でやらなくなりました。僕の場合は、気にしないようにすると余計に気になりました。

脇見には相当苦しみましたけど、その長い期間は、間違った努力ばかりしてきました。

今思うことですけど、治りかけてきた時期には、一切間違った努力はしない方が良いと思います。一瞬でもダメだと思います。ほぼ治ったと感じたときにでも、クセのようなものだと思うのですが、隣りに誰かが来た時に「見てしまいそう」という感覚になることがありました。

すでに症状ではないレベルなのですが、今までの習慣みたいなもので、古い記憶が残っているのだと思います。すでに普通の感覚のレベルなのですが、いちばん辛い時期の感覚を感じて、症状なのか、普通の感覚なのかが分からなくなるのだと思います。

普通の感覚を症状だと感じてしまうことはあると思います。この時に、例えば、見ていないフリを一瞬でもしようとすると、逆に気になることがあります。

普通の感覚なので、見ても良いですし、直接見なくても視野の範囲で見えるのが普通なので、視野の範囲で見ても良いのだと思いますし、症状ではないです。

見てしまいそう、なのではなくて、視野の範囲で見るのが普通なので、当たり前のことです。当たり前の感覚を無かったことにしようとしても、無理なので、無理なことをしようとしているから、いつまでも治らないのだと思います。無理なものは無理なので、僕のように10年掛けても無理です。

見えてないフリをしても、見えてないと思い込んでも、実際は視野の範囲で見えるのが普通なので、それを無くすことは無理だと思います。

僕の場合で、例えばですけど、少し気になった時に、片目を閉じるとかは間違った努力だと思います。一瞬でもしないほうが良いです。気になっているほうと逆のほうに意識を向けるのも間違った努力だと思います。

じゃあどうすれば良いかってことなんですけど、今していることをすれば大丈夫です。少し気になったとしても、症状ではないです。症状ではない普通の感覚を、症状だと感じやすくなっているのかもしれないです。

なので、治りそうになってきたら、正しい努力だけをし続ける必要があって、インターネットで、対人恐怖症とか社交不安障害とかのブログとか書き込みとかを検索するのは辞めた方が良いと思います。

治ったら、対人恐怖症のことは忘れて、自分の夢があれば、それに向かって努力すればいいことなので、僕のようにブログを書き続けたり、読んだりすることは辞めた方が良いと思います。以前うつ病が治ったという方から「このブログにもお世話になりました。ありがとうございました」というお別れのコメントを頂きましたが、それが正解だと思います。

僕の場合は、表情恐怖とか視線恐怖とか完全に治らなくても良いですし、対人恐怖症にもう一回なったとしても(なることはないですけど)問題ない環境が整っているので、ブログを書き続けてますけど、人それぞれで、そういう環境じゃない人も多いと思います。

なので、治りそうになった人は、ネットで検索せずに正しい努力だけしながら、自分のやりたいことをしていけば良いと思います。(普通の感覚を症状だと感じやすくなることがあるので)

そういう意味もあって、対人恐怖症の経験者は治ったからといってカウンセラーにならない方が良いのかもしれません。これは僕個人の意見ですけどそう思います。

経験者でカウンセラーになっている人は多いようですけど、そういう人は完全に治っている人だと思うので、9割治ったからという訳ではないと思います。逆に考えると、経験者のカウンセラーが居るカウンセリングルームを選ぶのが良いのかもしれません。でも正直分かりません。

経験者でないことがマイナスだと感じて、経験者よりも必死で勉強している人も相当多いと思いますし、熱い気持ちの人は多いと思います。逆に経験者じゃない方がカウンセラーに向いていると感じている人もいると思います。

結局、経験者でも経験者じゃなくても、その人によるだろうということなので、書いた意味がなくってしまいましたし、完全に話が変わってしまいました。

僕が言いたかったのは、治ったら、間違った努力は一切しないほうが良いということです。それが完全に治す方法だろうと思いますし、再発もしないと思います。

でも、堂々と緊張することを目標にしていれば間違った努力をしないので、問題ないと思います。9割治っても目標がブレないようにするほうが良いと思います。目標がブレなければ何も問題ないと思います。

関連記事

らんさんへ

らんさん、こんばんは。

ごめんなさい、ログインした時のコメントの表示件数が少なくて、らんさんのコメントに気が付かなかったです。本当にごめんなさい。

僕の場合は、他のことを考えるようにしたりとか、気になっていないフリとかをしてましたけど、今はそれが間違っていたと思っています。

ごめんなさい、僕は専門に勉強しているわけではないので、ハッキリとした答えは出せないです。間違ってたら迷惑になってしまいますしね。

なので、個人的な意見としてですが、結論から言うと、「気になりながら目の前のことをする」しかないと思います。

違うことを考えたり、自分に言い聞かせたりすることで、横が気にならなくなるかもと、自分なりに試行錯誤してきつもりですが、気になるものは気になるので、どうしようもない、というのが結論です。

正直、辛い時はありますが、気になりながら目の前のことをしていると、気になっていない自分に気が付いたりすることがありました。そうやって少しずつ前に進むしかないように思います。

少し前ですけど、コメント頂いた方で、カウンセリングに通って劇的に改善されてる方もおられます。僕は金銭面もありカウンセリングに少ししか通っていないので分からないですが、やはり専門の方にしっかりと相談するべきだったのかなとも思います。

らんさんにカウンセリングを勧めているわけではないですよ。僕の場合は、しっかりとカウンセリングに通うべきだったと今は思っています。

僕の経験の範囲でしかお答えできなくて申し訳ないです。でもいつでも書き込みして頂ければ嬉しいです。

多分ですけど、僕が苦しすぎてカウンセリングに飛び込んだときと同じ状況なんだろうと、勝手に想像しています。苦しい時もありますが頑張ってくださいね。

こんばんは

多分脇見恐怖症です。横の人を見てしまいそうな
ときどうすればいいですか?何か考えるとかです
か?どんな心持ちで過ごせばいちばん
良いでしょうか?

あっくんへ

あっくん、こんばんは。

2年前に自分が視線恐怖症だということを知ったんですね。相当辛かったと思います。僕もそうでしたが、自分だけの症状だと思っている時期がいちばん辛かったです。

自分の症状は悪のように感じますし、ほんとうに特別に悪い性格というか、育ちが悪かったのかとか考えますし、自分を欠陥人間のように考えていました。

人付き合いが下手なことが、特別悪いことのように思ってました。

あっくんが言われるように、人間的に成長するのが、いちばん大切だと思います。自分の頭の中のことなので、簡単に治りそうといえば治りそうなのですけどね。

年齢的に近いですね。お互いに成長できるように頑張りましょうね。人生いろいろありますけど、同志としていつでも意見を頂ければありがたいです。

僕は妻に、「自分のことしか考えていない」とよく言われます。まだまだ人間的に成長できてないなと、思わされることは多いです。

言われるように、完璧でなくてもいいとは思いますが、少しづつでも成長できればなと考えたりします。こうやって、ブログ上で会話したりすることでも、少しだけ成長できるのかな、とも思います。ありがとうございます。

あっくんへ

こんばんは。

まとめて返信するのも失礼かと思い、別々に返信しようと思って書いている途中なのですが、バラバラに返信すると逆に読みづらくなってたらごめんなさい。

確かに、言われる通りだと思います。わき見になった人にしかわからない意見ですよね。なったものを受け入れるしかないですし、客観的に見たり、人間的に成長するしかないですよね。

人間的に成長するのはすごく大事だと僕も思います。人とのコミュニケーションで苦労しながら、もながきながら進むしかないですよね。

僕もかなりもがきましたけど、結局、自分の中で起こっているだけのことだったように思います。振り返るとそう思うことができますけど、もがいているときは中々そういう考えにはなりませんよね。周りからすると大したことでもないんでしょうけど、本人はつらいですよね。

あっくんへ

あっくん、こんばんは。

返信遅くなりました。

後の書き込みにもありましたが、同じ症状の人がいることを知り少し楽になったというのは、すごくわかります。僕自身もそうでした。自分だけと思っていましたから。症状に病名があっただけで救われた感はありますよね。それと、精神面や人間的に成長することを日々心がけるというのいいですよね。

アナ雪の歌の歌詞はいいですよね。

後者の書き込みは、少し考え過ぎかもしれないです。まるで人間的にしっかりしていないと駄目みたいに聞こえるかもしれません。
完璧な人なんていないし、不足だらけでいいと思います。脇見恐怖症と言う病気の性質上、無理をする必要がないですし、気軽に考えられるようになれればいいですね。
僕はこの病気の症状を軽減するために、人として少しでも良くなるように、少しでも成長出来るように心がけています。
僕は今年で40歳になり、38歳の夏に自分の悩みが脇見恐怖症であり、僕以外にも同じように辛い学生時代やその後を経験されたと方がいることを知りました。
病名が明らかになったり、自分1人じゃないと知ったことが、何よりも大きなの救いであり、心の成長のきっかけとなり、自分の病気の症状がまるで悪いことと捉えてきたそれまでの自分の悩みを
解きほぐしてくれました。年齢的に心が円くなったのかもしれませんが、優しくなりたい、綺麗なものを綺麗と言いたいと物事に対して素直に気軽に考えるようになりましたね~
まぁ、それでも脇見の症状は、完全には消えないですけど。大事なことは、何かを考えているのは自分であるということです。だから脇見を思うのも人に思わさせられているのではなく、
自分が思っているということ。あとよく思うのは、自分勝手、我がまま、自己中心的になっていないか、欲に翻弄されていないか、物事に余りにもこだわり過ぎていないかなどですかね~
まぁ人間は悩みや欠点があった方が、少しでも良くしようと思いますからね。最近は脇見が普通で、脇見じゃないのが普通じゃない(笑)くらいに思えてくることもあります。極端な言い方ですが。

あっくんへ

貴重な書き込みありがとうございます。

出勤前で時間がないのでじっくり読ませていただいてから返信しますね。

分かりやすく言うと脇見恐怖症の治し方なんて、誰も教わらないですからね。答えがないものに答えを求めても仕方ないわけです。
なったものを受け入れるしかない。脇見の症状が出ていても、他人から見れば普通です。何も変わらない。気にしてるのは自分の中で起こっている出来事です。他人には伝わらないし、伝わってると思うのは実は大きな勘違いであり、思い込みな訳です。でもそう信じれない方も多いと思いますが、信じれないということは、自分が脇見恐怖症であることを客観的に見れてないだけなので 人間的にする成長するしかないです。脇見以外の部分で間違った考えを正していって、脇見の症状を間接的に和らげていくしかない。まぁ正すというより、物事の本質を見極められるようになって行けば、脇見が普通やん!って思えてきます。物事の少しの変化に気づける性格だからこそ脇見恐怖症になるのだと思います。言わば、脇見恐怖症に対して肯定的な捉え方をするようになれば、平気になれるようになるのかなと思います。

2年前にアナと雪の女王の歌で、ありのままの~ 姿みせるのーよ~♪の歌詞を聴いて良いフレーズだなと思ったものです。
自分の症状が脇見恐怖症という病名だとはっきりして、同じような人が他にもいることを知って救われました。
おっしゃってる通り、視界に入るのが当たり前なので、それはそうと思うしかない。そのままでいいのですよね。
あとは、脇見の症状を少しでも軽くするように精神面での成長、人間的な成長を日々心がけることで軽減していくしかない。
完全には消えない病気なので、無理せず、気軽に物事を捉えていくのがいいのかなと思っています。

Re: タイトルなし

あさん、コメントありがとうございます。

やはり、これで正しいのかなと思うことが出来ました。でも僕の経験からでのことなので僕と症状が違う人には意味がわからないだろうとも思います。

この記事は間違っていると思う方も書き込んで頂けるとありがたいです。あさん、ありがとうございます。

言ってることは間違いではないと思います
間違ったことをやるから体に異変起きるということですね

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する