対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種類

■対人恐怖症とは・・・・・・人に会うことや人の中に出ることに不安を感じ、人を避けようとすること。また、その症状。赤面恐怖症・視線恐怖症・正視恐怖症・体臭恐怖症・醜形恐怖・吃音恐怖などの亜型がある。

■視線恐怖症の種類
脇見恐怖症・正視恐怖症・自己視線恐怖症・他者視線恐怖症

■自律神経とは
意識とは無関係に、血管・心臓・胃腸・子宮・膀胱・内分泌腺・汗腺・唾液腺などを支配し、生体の植物的機能を自動的に調整する神経。交感神経と福交感神経とがあり、その中枢は形脊髄と脳幹にある。植物性神経。

■交換神経とは
高等脊椎動物の神経系の一つで、自律機能を調整する。

■副交感神経とは
自律神経の一つ。動眼・顔面・舌咽・迷走の脳神経に含まれ、呼吸・消化・循環などを支配する。交感神経と拮抗する機能をもち、興奮すると末端からアセチルコリンを分泌して支配器官に作用する。心臓に対しては制止的に、胃腸運動に対しては促進的にさようするほか、血管拡張・瞳孔縮小・温熱発汗などの働きがある。

■赤面恐怖症とは
人前に出ると不安・緊張のため赤面し、それを気にして恐れるあまり、人前に出る事をためらう症状。対人恐怖症の一つ。

色々と重なって症状がでるようです。対人恐怖症・赤面恐怖症・視線恐怖症・正視恐怖症・体臭恐怖症・醜形恐怖・吃音恐怖・脇見恐怖症・自己視線恐怖症・他者視線恐怖症などを治す方法は根本的に同じだと思います。

僕の場合は視線恐怖症だけだと思っていましたが、赤面恐怖症も少しありましたし、今思えば脇見恐怖症のほうが適切な言葉だったようにも思います。

結局は、人間が勝手に付けた病名で区別されていますが、ほとんど同じような気がします。解明されていないところもあるでしょうし、今後違う神経が発見されることもあると思います。

要は、名前は関係ないと言いたいだけなのですが・・・・・・
関連記事

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/34-6fa0cdb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。