対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

対人恐怖症でも結婚生活は上手くいくのか。熟年離婚しないために、今できること。

自分の周りの人の経験談を聞けば聞くほど、「こういう人もいるんだ」「ああいう人もいるんだ」と考えるので、そうならないように気を付けることが事前にできると思います。

例えば、ドーナツを食べ過ぎて糖尿病になったという人がいるという話を聞いて、「自分はそうならないようにしよう」と考えて、事前に糖尿病にならないようにドーナツを食べ過ぎないように気を付けることができます。

僕の経験を書くので、そうならないように気を付ける為のひとつの事例として参考になればと思います。

一度目の結婚生活のことは、どこかに書いたので詳しく書きませんが、妻に自分の対人恐怖症のことを説明していなかったので、上手くいきませんでした。

一般論は分かりませんが、僕の経験で実感したのは、「男はお金」です。稼がないと結婚生活は上手くいかないです。僕は男なので、男性から目線でしか書くことができませんが、そう思います。

夫婦間でケンカする原因といえば、「女性関係かお金」がほとんどだと思います。その他は嫁姑の問題などの身内が関係する問題が多いと思いますが、夫婦間だけで考えると「女性関係かお金」だと思います。

「お金」に関してですが、僕の場合は、人間関係が辛くて転職が多かったので、いつまでも給料が少ない(初任給レベル)状態でした。給料が少ないと現実問題として、夫婦生活は上手くいかない場合が多いのでは、と思います。

なので、できれば人間関係が嫌だとしても同じ会社で長くお世話になるか、定年まで働く方が上手くいくだろうと思います。ボーナスもありますし、退職金も多いでしょうし、社会保険は会社が半額負担してくれますから、老後も少しは安心だろうと思います。

実際に、僕自身が抱えている今の問題はこれです。対人恐怖症で転職を繰り返した結果なので、しょうがないことなのですが、同世代の知人などは、役職で給料が多かったりしますし、公務員だと給料も多いですし、安定していますので、ほぼ将来の不安がないと言っている人もいます(退職金も多いので)。

転職することのデメリットの大きさを痛感しています。

今は個人事業なので、転職を繰り返したことがデメリットにならないように努力はしていますが、現実はそんなに上手くいかなかったりします。

「お金があれば何でも上手くいく」とは言いませんが、お金が解決してくれることって事実多いので、あったほうがいいですよね。

カウンセリングに行こうと思っても、結構高いですし、家族が入院するってなった時にも、お金が必要になります。高額医療で8万円以上になったら、それ以上必要ない場合もありますが、それでも、部屋代や薬代などが別で必要になりますから、10万円前後掛かったりします。

なので、独身時代に貯金しておけば良かったなって少し後悔しています。

女性関係でいうと、僕は浮気をするタイプではないので問題はなかったですが、さすがに美人が通ると見てしまうので、ちょっとしたケンカにはなりました。でも、これは対人恐怖症は関係ないのでしょうがないかなって思います。

あと、これは僕の経験ではないのですが、テレビで熟年離婚した(された?)男性がインタビューを受けていて「今まで俺が食わせてきてやったのに」と愚痴を言っていました。

この言葉を聞いて「そりゃ、熟年離婚されるわ」って正直思いました。多分ですけど、典型的な熟年離婚だと思います。

男が仕事で稼いで、そのお金で生活させてやっている感覚だと思うのですが、それと同時に、主婦は家で家事をするだけで働いていないと考えているのだと思います。

一昔前なら、亭主関白とかが普通だったので、そういう考え方もありなんでしょうけど、すでにそういう時代は終わっているんだろうなって思います。

ちょっと違う話ですが、会社でもそうですよね。特に不動産関係は未だにそういうのがあるみたいですけど、営業部のある会社とかだと、「営業が仕事を取ってきているんだから、営業マンがいちばん偉い」みたいな発想の人がいます。

それと同時に事務員は事務をしているだけで、楽な仕事だと勘違いしてたりします。熟年離婚する(される)パターンと同じなんだろうなって思います。

役割分担なので、どっちが偉いとかは基本的に無いと思うのですが、実は僕自身もこういう考え方をしている時期がありました。

一度目の結婚生活が上手くいかなかった原因のひとつでもあるように思います。

あと、旦那は妻の家族を大切にして、妻は旦那の家族を大切にする考え方も必要なのかなって思います。僕が辛い時期は自分のことで精一杯だったので、妻に対してもですが、妻の家族への思いやりがなかったと感じています。

自分が辛い時期なのでしょうがいないのですが、「辛い時期はそうなってしまうものだ」と自分で理解できていれば、もっと上手く対応できたのかなって思います。

僕の場合に限ってのことなのかもしれないですが、妻の家族の出来事に関して、どこか他人事のように感じていました。様々な場面で、そういうズレみたいなのが積み重なって、離婚になったのかもしれないです。

今は、そういう経験をした後の、2回目の結婚生活なので、なんとか上手くいっているのだと思います。妻もバツイチなので、そういう意味でお互いに一度目の結婚を反省した結果なのかなって思います。

当たり前の話かもしれませんが、できれば、結婚は一度だけで上手くいくほうがいいですよね。離婚を決断する前に反省したり事前に気を付けていれば上手くいくだろうと思います。

書くことは沢山あるのですが、長くなるので、これくらいで失礼します。
関連記事

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する