対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

他人が怖いということ

加藤諦三さんの本(賢い生き方・愚かな生き方)のあとがきに、こう書かれていました。

「他人が怖いということは、他人が自分に要求しているもの、期待しているものが、自分にはない、と感じるからである。そういう人には、他人の要求に従わなくても人間は愛されるのだということがどうしても信じられない。自分は他人の期待にかなったときのみ、他人に愛されると信じている。自分は他人の期待にかなったときのみ愛されるというのは、言葉をかえていえば、愛を信じられないということである。つまり他人の期待にかない、他人に好かれることで自分を守ろうとしている人は、自分も他人も信じられない人にすぎないということである。他人の要求を満たし、好意を得ようと努力している人は、相手に尽くしているつもりになっている。しかし、相手を信じていないし、したがって相手を侮辱していることになるとは気づいていない。」

この本の一章から読んでいくと、深く理解できると思います。ちょっと古い本なので販売されているかどうか分かりませんが、興味のある方は読んでみてください。

僕の場合は、この本を読んで、まさにそうだと感じました。

例えば、中学生になった時に、クラスの子と仲良くはなりましたが「自分は相手の期待には応えることができない」と感じていました。

相手から何か要求があって(実際は自分が感じていただけ)、それに応えないとダメだという感覚はあったと思います。

明るい子の前では、同じように明るい性格の自分でなければイケないと感じたり、ちょっと不良っぽい感じの子の前では、同じように不良っぽい感じの自分でいなければと感じていたと思います。

ようするに、八方美人的な考えで、皆から好かれよう、受け入れられようとしていたんだと思います。加藤諦三さんの言うように、相手の期待に応えなければ、認められない、愛されないと感じていたと思います。

逆に、相手の期待に応えなくても自分は愛されると思うことができていれば、対人恐怖症になっていなかったんだろうと思います。

でも、なったものはしょうがないので、原因は色々あるでしょうけど、原因を明確に知ったからと言って意味がないっていうか、次の世代の人たちの対人恐怖を全て防ぐことはできませんし、なった場合にどうするかを考えるほうがいいのかなって思います。

養老孟司(ようろうたけし)さんの自分の壁という本の中でメタメッセージのことが書かれていて思い出したのですが、固定観念みたいなものだと思います。

「メタメッセージとは、そのメッセ―ジ自体が直接示してはいないけれども、結果的に受け手に伝わってしまうメッセージのことを指します。」

幼い頃に、自分にインプットしたのか、されたのかわかりませんが、「期待に応えないと愛されない」という感覚になっていたと思います。

この間違った記憶を上書きするには、やはり、「期待に応えなくても愛される」という感覚を少しづつ経験していく必要があるのかなって思います。

例えば、「相手は自分の笑顔を期待している」と感じた時に、無理に笑顔にする間違った努力ではなくて、「笑顔じゃない自分」をだして、それでも受け入れられるという経験が必要なのかなって思います。

僕自身は、「相手は自分の笑顔を期待している」と感じた時に、平気で無表情でいることができるようになりました。正直、「無表情で面白くない奴だな」と感じて、僕のことを好きじゃない人はいると思います。

でも、100人いて、100人に好かれる人って、それはそれはで問題だと思いますし、気の合わない人って必ずいますしね。

なので、結論として、間違った努力をしていれば、それを少し減らして、正しい努力にかえることで、少しづつ対人恐怖を克服できるんじゃないかなっていうことです。

対人恐怖症って、人が怖いんじゃなくて、自分がどう思われているか、が怖いのだと思います。

人より、ちょっと自信がない状態なだけで、本当は自信をなくすほど自分が劣っているとか、そういう劣等感って持つ必要なかったりすることは多いと思います。

何が上で、何が下かって考えたときに、上下はなくて、平面で右往左往しながら生きていくのが人間だろうと思います。

アドラー心理学入門に気になることが書かれていたので紹介します。

トランプをしているとき、
「ごめん、今のなかったことにして、もう一回やらせて」という人がいたらゲームの楽しみはなくなります。ゲームに負けたからといって怒る人がいたらゲームはつまらないものになります。その意味で真剣にプレーしなければなりません。しかし負けたからといって命を絶つことはないのです。深刻でなくてもいいのです。

こんなことが書かれていました。受け止め方は人それぞれだと思います。ただ、これはゲームの話で誰かに勝てば自分が勝ちというゲームです。

仮に、自分に配られたカードが悪かったと感じた時に、どう考えるのかが人生だと思います。(人生をゲームと考えるのなら)

配られたカードが不運だったと苦しむのか、配られたカードでどれだけのことができるかを考えて、出来る限りのことをするのかだと思います。

人生に勝ち負けがあるのなら、与えられたもので出来る限りのことをして、自分が満足すれば勝ちですし、満足しなければ負けなのかなって思います。

今の自分が何点のできなのかは関係ない、どう進むのかが大切だと思います。





関連記事

かこさんへ

コメントありがとうございます!

自分を受け入れて生活できている人は羨ましいですよね。皆と同じように生活しているようでも、自分だけは気持ちが空っぽっていうか、虚しいと感じることはありますよね。僕の場合は育った環境とか、そういうのが影響してるのかなって思いますが、よくわかりません。自分って何だろう?とか考えたりします。養老孟司さんは自分は矢印に過ぎないと「自分の壁」という本で言われています。自分を受け入れるって難しいですよね。年齢的には僕のほうがちょっと上ですね。お互いに頑張りましょう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する