対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

人付き合いが苦手を克服する方法

僕が人付き合いが苦手だったころ(今でも得意ではないです)は、すごく悩みました。

今は、人付き合いで悩むことはないです。以前より広い視野で周りを見れるようになったような気がしています。親や友人、兄弟などに対して、その相手だけのことではなくて、その向こう側というか、とりまきというか、環境などに目を向けることができるようになったと思います。

逆に考えると、相手のもうひとつ向こう側を意識することができるようになると、人付き合いが楽になることもあるんだろうと考えたりします。

僕が一番苦しかった時期は、人付き合いが苦手なことを他人に悟られるのが苦痛でした。

人付き合いが苦手な自分は「本当の自分ではない」「それは恥ずかしいことだ」「こんな自分ではダメだ」「カッコ悪い」「これでは異性にモテない」「もっとワイルドに生きなければ」と考えたりします。

それを認めることは「負けること」だったのかもしれないですし、プライドが高かったんだと思います。

社交的で明るくて人気者。。。。。

そういう自分でないと、自分自身が自分を受け入れることができなかったのかなって思います。自分で自分のことを批判し続けると対人恐怖になることはあると思います。

それで、今の自分と以前の悩んでいる時期の自分の違いはなんだろうって考えてみると、以前は「人付き合いが苦手」な自分を受け入れることはできなかったですし、受け入れたくなかったです。

でも、今は、それでいいんじゃいかなって思えるようになりました。

「人付き合いが苦手な自分」もアリかなって考えています。緊張するときもありますしね。24時間まったく緊張しないということはないです。

そういう、社交的ではない、明るくない、人気者でもない自分を自分で許すっていうか、認めることができたんだと思います。

僕の兄弟や親も、友人も妻も、そんな僕を知って嫌うことはしませんしね。「お前は暗いから話しない」とか、そういうのはないです。

自分の理想像でないと「嫌われるかも」と考えているのは自分だけで、実際は理想の自分でなくても嫌われることはないです。もちろん、直す必要がある部分があれば、直すほうがいいと思いますけど。

なので、人付き合いが苦手なことを克服する近道は、人付き合いが上手くなる方法を実践するのではなくて、人付き合いが苦手な自分を、自分自身で受け入れてあげることなのかなって思います。(僕の場合は)

会話が苦手なのは、コミュニケーションのスキルがないとかではなくて、そんな自分を受け入れているか受け入れていないかの違いなんだろうと思います。

子供の頃って誰とでも会話してましたしね。

少しずつ余計な知識を付けながら大人になってしまったのでしょうか。真っ直ぐに育てばこんな苦労しなかったのになって、明るい子を見て羨ましくなることもあります。

必死で塾に通わす親を見ると、僕的には塾なんてどうでもいいのになって、感じたりします。勉強ができたって人付き合いが苦手だったら、その知識をフルに活用することはできませんし、塾で勉強しなくても学校で勉強すればいいだけじゃんって思うこともあります。

でも、実際は、必要なんでしょうね。周りはみんな塾に通ってるし、自分の子供だけ塾に通わせないのも難しいのだろうと思います。

完全に違う話になりましたけど、自分を受け入れるって大切ですよね。
関連記事

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する