対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表(本読みとか作文発表)と対人恐怖って関係ある?

僕が中学生のときに、授業で本読みを当てられてすごく緊張したのを覚えています。今でも記憶に残っているのでちょっとしたトラウマなんだろうって感じています。

あと、作文の発表で指名されて体育館で発表して、緊張しまくった記憶もあります。

本読みは上手く読めずに笑われましたし、体育館での発表の時も緊張のあまり言葉がつまり、まわりから「頑張れー!」の掛け声がでるほどでした。

僕が緊張しいだったのが原因で自分のせいでもあるのですが、今思うと、このちょっとしたトラウマになるのは、自分のせいではないんじゃないかって思います。

クラスで「誰が発表する?」ってなった時に、多数決で決めたりすると、みんな人前で発表したくないので「無難な人」を選んだりすることがあって、生徒自身が発表者を選ぶことがあると思います。

本読みで自信をなくす人って多いって聞きます。

これは、学校側にも責任があるんだと思います。発表者(本読みも含めて)を生徒が選ぶのではなくて、先生が選ぶべきなんですよね。

先生の判断で、その状況に合わせて生徒を選ぶ方が上手くいくだろうと思います。

例えば、本読みが苦手で自信のなさそうな子に体育館での発表はさせないようにしたりとか、その前にもっと小さなグループでの発表に慣れさせるとか。

その子の自信と環境を考えて、少しずつステップアップさせてあげるという配慮は必要だろうと思います。

少しづつレベルを上げていけば、本読みが苦手な子でも少しづつ自信がついて、体育館での発表も上手くできるようになると思います。

そういうのを、学校の先生には実践してほしいです。尾木ママなら理解してくれると思うのですが、それが教師の器なのかなって思います。

教師アニュアルとかがあるとすれば、そのマニュアルにはないでしょうが、教師である以上そのへんの配慮は必要だろうと思います。

もちろん、考えて実践している先生もいるでしょうけど。

今さら、こんなことを書いてもしょうがないのですが、特に小学校、中学校の教師は意識してほしいです。もちろん親もですけど。

小学、中学の先生と尾木ママに願いを込めて、、、。
関連記事

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。