対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

いつも無愛想で嫌そうな表情をする人

僕の場合の対人恐怖は、人に会う時には常に無愛想で嫌そうな顔になっていました。なぜかというと、自分の表情や視線にとらわれていて、「視線をどこにおこうか」「表情をつくらないとイケない」などと考えていて、人に会うことが苦痛だったからだと思います。

人に会うことが苦痛であれば、人に会った時に「いつも無愛想で嫌そうな表情をする人」になってしまいます。そこで、そう思われないように、無理に笑顔を作ったり、視線が気になっていないフリをすることが多かったです。

フリをすると疲れますし、背伸びをすると緊張するので、余計に「いつも無愛想で嫌そうな表情をする人」になる悪循環になっていたと思います。

しかし、よく考えてみると、友人などに会う時に自分の表情や視線にこだわっているのは自分だけで、相手は「それ」へのこだわりはありません。

「症状にとらわれている自分」と「症状にとらわれていない相手」の間には、当然ですが壁ができますし、会話していても噛み合わなくなります。

会話の時に自分の頭の中の大半は「症状をどうにかしよう」と考えています。しかし相手は「それ」へのこだわりがないので、症状のことは考えもしていません。

結局、僕は何が言いたいかというと、症状が気になるのはしょうがないことですが、それを押さえつけようとするのではなくて、「それ」もありながら会話することが、相手への礼儀だということです。

自分の症状を隠そうとしたり、フリをすることはありますが、この状態では相手との会話が噛み合わなくなりますし、自分のことしか考えていない「わがまま」な状態だと思います。

「それ」へのこだわりがない相手と会話するときの礼儀として、「それ」がありながらでも会話することが大切かもしれません。

自分が表情や視線にこだわっていることは相手は知りませんし、気付きませんから、そのことで「いつも無愛想で嫌そうな表情をする人」になっていることも相手からすると理解できないと思います。

「それは誤解です」と心の中で叫んでも、相手には伝わりません。対人恐怖になれば、こういう誤解が生まれるのはつきものだと僕は思います。

「しょうがないこと」ではありますが、「それ」へのこだわりのない相手に理解してもらうことは難しいことだと思います。

なので、会話するときに、「それ」がありながらでも会話することが相手への礼儀だと思いますし、そうすることで少しづつ楽になっていくと思います。

内に向いているエネルギーを、外へと向けることができるようになると、ストレスから解放されて楽な気分になっていきます。

何もかもマイナスに考える状態であっても、少しづつ楽になります。

もしかすると単純な話で、下を向いて歩いているのを辞めて、前を向いて歩くことで解決できるのかもしれません。

「愛情が欲しい」と思うのであれば、「愛情を与える」のがいちばん早い道なのかもしれません。愛情を与えることができると無理に笑わなくても、自然に笑顔になるのだと思います。

以前書きましたが、誰かと会話するときに「手を止める」ことが礼儀ですよね。「ちゃんと聞いていますよ」という相手へのメッセージになります。

ただ、症状があると僕の場合は、「もじもじ」したり、なぜか動いてしまいます。しかし、ちゃんと話を聞こうと思いやりを持つことができると、もじもじせずにジッと話を聞くことができるようになります。

人に会う時は症状がでますが、それを隠そうとしたりフリをするのではなくて、「それ」がありながらでも会話することで相手は気分が良くなりますし、自分も楽になれると思います。

人それぞれですが、僕の考えです。

手が震える人は手が震えながら会話するということです。
視線が気になる人は気になりながらでも会話するということです。
表情が気になる人は表情が気になりながらでも会話するということです。

「手が震えないように、視線が気にならないように、表情が気にならないように」することが間違った努力で、その努力でクタクタになるのであれば、正しい努力でクタクタになるほうが良いと思います。
関連記事

Re: お聞きしてみたいことができました!

匿名くんさんへ

お久しぶりです!


最近はブログ以外のことに興味がでてきて、ログインしない日が多いので返信が遅れました。ごめんなさい。


体と顔のこわばりを解こうとして上手くいかないことはありますよね。順番は意識したことがないのですが、僕の場合はこわばりを解こうとすると意識が集中して余計にこわばることが多かったように思います。

こわばっている時の自分を否定的に考えずに、こわばっている自分を隠さずにそのままでいると、意識しなくなって自然になれるような気がします。

例えばですけど、顔がこわばっている時などに、こわばっている自分を見られても大丈夫なんだと思えるようになって楽になったと思います。

人それぞれなので僕の場合で書いていますけど、以前ならこわばっている自分とか緊張している自分を見られることが怖かったので、それがバレないようにしていたんだと思います。

逆に考えると、自分が「緊張している人」を見た時にどう思うかという部分が変わってきたのかもしれません。

順番の話に戻りますが、もしかすると、劣等感の部分が人それぞれで、劣等感の部分が顔なのか体なのかという違いもあるのかもしれませんよね。

僕の場合は単純な話かもしれないですが、足が短くてコンプレックスがありましたし、まわりからも言われたりしましたので、見られていると感じるときは体がこわばっていたように思います。

なので、匿名くんが言われるように、顔→体の順番にすると少し楽になるというのは理解できます。

ただ、今思うことは、自分が人から見られるときに良く見られたいと誰もが考えると思うのですが、結局、人と人って自分のことを理解してほしいという気持ちがお互いにあるんだろうなと思います。

コミニュケーションで大切な部分は、お互いの思いを理解してそれに答えることなのかなって思います。

ちょっと伝わりにくい文章になりましたが、僕の視線恐怖って結局は違うところを見ていただけなのかなって思います。

全然不快じゃないですよ。また気軽にコメントしてくださいね。イマイチな返信になりましたけど。

お聞きしてみたいことができました!

以前にコメントさせていただきました匿名くんです。
最近自分が思ったことについて、主様のご経験を踏まえてご回答いただけたら幸いです。
以下、少し感覚的な表現で申し訳ないのですが...
視線が気になった時、いざ動こうとして
体→顔
の順で全身の強張りを解こうとすると結局解けないのですが
顔→体
の順で強張りを解こうとするとうまくいくことが多い気がします。

これについてはいかがだったでしょうか。

最近、視線が気になった瞬間って周囲に注意が向きすぎていて、自分に注意が無かなすぎているかな、という気がしてきました。

たとえ、その瞬間自分の顔が強張っている、ということを何となく無意識的には気づけていても、"それ"どころじゃないから顔の強張りを解けないんです。その瞬間は顔が強張っていることを忘れてしまっていると言えると思います。顔の強張りを解く、より他の"何か"を優先してしまうから失敗してしまうんだなと思いました。(例えば顔を解かないで、歩き出してしまうとか)

逆に考えれば顔さえ解ければ何も問題ないです。

ですので、最近はいかに早く顔→体ができるようになるかを特訓しています。
徐々に早くなってきているようには感じます。嬉しいような、悲しいような感じです。(今は23歳なので、生まれてからと言えば生まれてからですが、かれこれ10年程は悩んでいましたので)

その、相手との関係の中で"何か"を摘み残して他のことをしようとするからその相手や他人から見て、違和感として感じられてしまうのかなと...思います。

かなり長い上にニュアンス重視で随分と口語的な表現になり、ご不快な思いをさせてしまったかもしれません。大変失礼致しました。
主様のご意見ぜひお聞かせください。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する