対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

夢を叶える。目標を達成する方法

以前、テレビでプロ野球選手の松坂大輔さんがメジャーにいくときだったと思うのですが、「夢ではなくて目標でした」というようなことを言っていました。


叶えられないのが夢で、叶えられるのが目標という意味だったと思います。


僕自身が目標を達成できた時のことを書こうと思います。


なんとなく、ぼんやりと明確ではない夢を描いていても、達成することは難しいと思います。


例えば、自分の夢をノートの一番上に書きます。そして、その下に「そのためには何をすればいいのか?」を書き出します。その下に、その書き出したことが出来るようになるためには「何をすればいいのか?」を書き出します。


こうやって、どんどん書き出していくと具体化していきます。


修正しながらですが、書き出していくと、具体的なイメージが湧いてきますよね。そして、最終的に明日は何をすれば良いのか?一週間で何を目標に頑張れば良いのか?今から一か月間でやるべきことは何か?ということが、鮮明になっていくと思います。


もともと、ぼんやりとしていた夢を実現するために、より鮮明な目標にして、最後に予定にまで落とし込んだときに、実際に行動に移すことができると思います。


周りから何を言われても「今日一日、これをすれば大丈夫です」と確信をもって言えるようになるくらいの予定です。


夢を実現するためには、1日単位での目標を達成するための自分の予定を明確にする必要があると思います。


例えば、4年後に自分の夢を叶えようと考えた時に、1年目は「ここまで達成する」2年目は「ここまで達成する」といった感じで、まずは、少し長いスパンで考えます。


そうすることで、最初の1年間で達成するべきことが明確に決まります。それを1日単位での予定にまで落とし込んだときに、「夢は実現できる」という確信が持てるようになると思います。


実際に僕の場合がそうだったのですが、一日一日の目標を達成するための、自分の行動予定を明確にすることで、「今日これをすれば、4年後に夢は叶う」という確信が持てるようになります。


今考えると、当然と言えば当然なのかもしれませんが、いくら予定を立てたからと言って、そんなに上手く予定通りには行かないことがあります。


その場合は、その都度予定を変更しなければならない状況になります。4年間という期間の設定が上手くいかずに、4年間ではなくて「5年間で夢を叶える」という設定に変更する場合もあると思います。


しかし、今日一日で「自分がやるべきこと」を明確に予定にまで落とし込むことで、修正しながらではありますが、必ず夢は達成できると思います。


何故かというと、「今日これをすれば必ず夢は実現する」ということを確信が持てるまで考えたはずだからです。


なので、目標に向かって努力している途中で、何かに足を引っ張られることはありますが、それが自分自身であっても他人であっても、「今日これをすれば必ず夢は実現する」と言葉にして言えると思います。


モチベーションって必ず下がるんですよね。逆にモチベーションさえ維持できれば、ほとんどのことは達成できると思います。


モチベーションが下がる理由は、自分のマイナス思考が出てきたときや、他人からのマイナス意見がでてきたときだと思います。


こういった状況で、僕の場合は、「今日これをすれば必ず夢は実現する」ということを確信が持てるまでの予定にしたことで、モチベーションをなんとか維持することができました。


中途半端な確信だと途中で自分がマイナスに考える時期が来たときに、そのままマイナスな方向へ自分で誘導してしまいますし、他人からの外乱(マイナスな言葉)に影響されてしまいます。


なので、「これならイケる」という確信がもてるまでの、予定を考える必要があると思います。


あとは、イメージトレーニングです。実際に目標を達成した後の自分の姿を鮮明にイメージすることで、ついつい、知らず知らずのうちに、成功する行動をとるようになります。ゴールをイメージする方法です。


そして、もっと大切だろうと僕が実感したのが、明日の自分の行動をイメージトレーニングすることです。将来のイメージも大切だと思うのですが、明日の自分が予定通り行動しているイメージを鮮明に描くことで、実際に次の日上手くいくことが多かったです。


関連記事

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する