対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなことを続けられる例は少ない、続けられることを好きになろう

斎藤茂太(さいとうしげた)さんの「いい言葉は、いい人生をつくる」という本からです。

「好きなことを続けられる例は少ない、続けられることを好きになろう」

小さな妥協は小さな人物でもできるが、
大きな妥協は大きな人物にならなければできない。
《松永安左衛門》

人は極端になにかをやれば、必ず好きになるという性質を持っています。
好きにならぬのがむしろ不思議です。
《岡潔》

それをする以外に生活費を稼ぎだす道がなかった人が、神経をすり減らし苦痛を抑えて営業をつづけた話で、営業トークも下手でお世辞も言えない人が、気がついたら、営業が苦手という意識がなくなり、自分流の営業法があると考えるようになって成績を伸ばしていったという内容です。


僕は、対人恐怖症で人付き合いが苦手だったので、転職を繰り返していました。アルバイトなどは3か月で辞めたり、ひどい時は2日で辞めました。

日給1万円の土木作業などもやりました。雨の日は仕事がなく月収15万円前後の時もありました。若い時はいいのですが、だんだんと必要な月収はあがりますよね。

僕の場合は、自分には絶対無理だと思い込んでいた営業をするきっかけになったのが、「稼ぐのはこれしかない」って思ったからです。

求人雑誌などを見ても自分にできそうな仕事はあまりないですし、やりたかった職種は給料が安すぎて選択肢に入りませんでした。

「とにかく稼げる仕事を探す!」

という思いで「月収80万円以上可」と書いてある会社に応募して完全歩合制で頑張りました。最初は苦労しましたが、営業に向いているというか、なんとかやっていけることが分かったので結局8年くらい続けることができました。

対人恐怖症でもできる仕事って、実際やってみないと分からない部分があるんだと思います。一度飛び込んでみるのも一つの選択肢でダメだったら他を探すというやりかたです。

多分、対人恐怖症が原因で職を転々としていると、周りは「なにやってんの?」とか「正社員になりなさい!」とか「いつまで派遣なの?」とか「みんな我慢して続けてるでしょ?」とか言うと思います。

しかし、自分が対人恐怖症だということを周りに伝えていない場合は、何も反論することができないことはあると思います。

正社員で一生勤めることが良いということは、他人に言われなくても自分自身が一番理解していることだったりすると思います。僕はこれが辛かったです。

自分だけがふらふらして安定した仕事もなく自分が嫌になります。

以前の僕と同じような環境に今いる人がいれば、その状況での気持ちの持ち方を対人恐怖症の先輩としてアドバイスさせて頂こうかと、頼まれてもいないのに勝手に思っています。まー、10年前の自分に向けたメッセージみたいな感じなんですが・・・・。

それは「一本の筋を通す」ということです。

誰になんて言われようと、自分の人生なので自分の歩く道は自分で決めるということです。親や恋人に「また仕事やめてきたの?」と言われても、それで落ち込むのではなくて「それが俺のやり方なんだ!」と自信を持って言いましょう。

対人恐怖症だと人付き合いが苦手で長続きしないということを、自分自身は分かっていますよね?自分の行動が自分自身で理解できるのならそれでいいと思います。

もちろん、感謝の気持ちをもつとか、愛情をもって接するとか、考え方のクセを理解したりとかの努力をした結果で転職を選んだ場合です。

対人恐怖症とは関係ないですが、こだわりを持った人っていますよね。周りからはちょっと変わった人と思われることもありますが、それがカッコよかったりしますよね。

「これが俺のやり方なんだ」って思うことで「一本の筋が通る」ということです。

「このやり方が気に入らないのなら縁を切る」とまでは言わないですが、それくらいでもいいのかなって思います。

転職を繰り返しながら自分に合った仕事を探して、その経過で自分なりの努力をしていればそれで良いと思います。

対人恐怖症を改善するには、環境を変えてみることも大切だったりします。感謝の気持ちをもつとか、愛情をもって接するとか、考え方のクセを理解するということを努力して、その結果、転職を考えるのはありだと思います。

ただ、そうやってチャレンジし続けると自分が苦手だと思い込んでいたことが好きになったりすることはあります。

嫌だと思っている仕事でも頑張り続けて、給料があがってくると、自然にその仕事が好きになってくる場合はありますよね。


追記

福山雅治さんの「道標」みちしるべ
ご存知だと思いますが、いい歌ですよね?

この曲を聴くとつい泣きそうになるのですが、「やりたいことも我慢して育ててくれた、その手が好きです」っていう歌詞で、僕は母子家庭だったのですごく理解できる曲です。

うちは、3人の子供を母が育ててくれたので、自分がやりたい仕事とか言っている場合ではなかったと思います。食べさせるのがやっとで、とにかく仕事をしていたと思います。

給料は少なかったので、バイトもしていました。

人は器が大きくないと妥協はできないのだろうと思います。誰かのために自分を犠牲にできる人は器が大きいのかなって思います。

独身の場合は、自分のやり方を通すことができますが、結婚すると職種は選べないっていう場合はあると思います。家族を養うために好きではない仕事をすることも必要だったりすると思います。
関連記事

サトミさんへ


コメントありがとうございます。

2年前に切っ掛けというか、思い当たることがあるんですね。陰口とか。

でも、僕のほうが転職の回数は多いと思いますよ。多分ですけど10以上は転職してると思います。正社員やったり、派遣やったり、アルバイト掛け持ちやったり、深夜のバイトやったり、テキ屋もやりました。

今では自慢のようになってますけど、、、、。

お互い辛いこともありますが、マイペースで乗り越えましょうね。

私が鬱と対人恐怖症、不安障害になったのは
二年前!(泣)
当時、移動してきた女性課長代理とあわず
陰口を言われて、耐えられず辞めてしまいました。それからどこの職場に行っても過敏に陰口に反応してしまい、お恥ずかしい限りですが職を転々と!(泣)
自分で解決できないのか?!
何もしたくなく困った一児の母親です…。

  • URL
  • サトミです #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。