対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話するときの伝わりやすい話し方

僕の場合ですが、会話するときに言葉の最後が小さい声になっていたことが多かったです。最後までちゃんと説明しなくても伝わっているだろうっていう感じです。誰かに説明するときなどは、極端に言うと単語だけしゃべっている感じです。

男性の場合は特に「言わなくてもわかるだろう」とか考える癖があるそうですね。息子が母親に対してあまり話しかけなかったりするのはそういうことらしいです。逆に女性はたくさん話をするそうですね。

僕はもともと言葉数の少ない人だったので常に誤解を招いていました。しかも言葉の最後のほうが小さい声になっていました。落ち込んでいる時などは特にそういう傾向があって自信のなさの表れなのかもしれませんが、伝わりにくい話し方だったと思います。

僕と同じような人がいるなら、言葉の最後の方が小さくなっていないか確認すると良いと思いますし、プラス一言付け加えるくらいでちょうど良いと思います。

単純なことなのですが、会話で少し詳しく説明したり分かりやすい表現をしたりとかって以外に大切だと思います。

なぜかと言うと、対人恐怖とか表情恐怖とかだとそれだけで勘違いというか誤解されやすいからです。喜怒哀楽が表情や動作では伝わりにくい部分があると思うからです。

人の話を理解するときは言葉だけではなく表情や動作からも情報を受け取っているので、表現が苦手な人はそれだけで誤解を招いている場合があります。

ですので、言葉だけは最後までちゃんと伝える方が良いと思います。

もう何回も書いていますが、そこに愛情があるともっと伝わりやすいですし、相手の目を見て話すことができるようになります。無理に目を見て話すのではなくて自然に目を見て会話できるようになります。

目を見て話すことが苦手な人は鼻を見ながら会話するといいとか言いますよね。そういう小技的なことをしなくても大丈夫です。

まとめると、表現が苦手な分最後までしっかりと言葉で伝えて、愛情をもって会話することで自然に目を見て会話できるようになるっていうことです。これが僕流の伝わりやすい話し方です。
関連記事

ジャイコさんへ

ジャイコさん、こんばんは。お久しぶりですね。

誰とでも話ができる人はうらやましいですよね。僕も周りになじめないことが多いので仕事がうまく進まないことはありました。

自分に自信がなかったんだと思います。今の自分のキャラでは周りに受け入れられないと考えていたと思います。

バカと思われたくない、知識がないと思われたくない、気が弱いと思われたくない、できる人と思われたい。そんな感じでした。

振り返ってですけど、そのままの自分で十分というか、仮に少しバカで知識がなくて、気が弱かったとしても何も問題なかったんだろうと思います。

僕は自分のそういう部分を隠そうとして苦しくなってましたけど、隠すよりも恥をかきながらでも、そのままの自分を出せていたら楽に過ごせただろうと考えたりします。

でも難しいですよね。嫌われても平気な人って多分いないでしょうし、僕自身今でも周りから好かれようとしながら生活いていると思います。みんなそうかもしれないですよね。

ただ、度合いに差があるのかもしれないですよね。絶対嫌われたくないと無意識に考えてしまう人もいるでしょうし、少しくらいは嫌われても別にいいやと考える人もいるかもしれないですね。

無意識に絶対嫌われたくないと考えていれば緊張してうまく自分を出せなかったりするのかもしれないですよね。

ブログでは偉そうに書いてますけど、僕自身社交的じゃないので、未だに仲良く話せるようになるのに時間がかかります。あまりニコニコしないですし。

でも思いやりで会話していると自分のキャラで楽に過ごせるというか、今は無理をせずそれなりに人付き合いしています。

世の中みんなが社交的だったら変ですし、それぞれの個性でいいのかなって思います。自分が満足できるかできないかだけのことなのかもしれないですよね。

ちょっと意味不明な文章になってきましたけど、ジャイコさんはジャイコさんのキャラで受け入れてくれる人とだけ付き合っていけばいいのかもしれないですよね。

たとえば僕の場合は明るい性格ではないので、僕のことを「暗い人は嫌だ」と嫌いになる人がいたとしても、「暗い人は嫌いだ」という人は僕は好きじゃないので、逆にそれなりの付き合いしかしないです。

話は変わりますけど、「どぶろっく」っていう芸人しってますよね?歌のうまいコンビですけど、あの方の「女、女、女~」っていうシリーズで「誰とでも仲良くなる女は、ちょいちょいタメ口」っていうのがあって、僕自身は納得しました。

ああ、そうだなーって感心しました。男でもそうかもしれないですけどね。

話し方がわからなくなってきました。
若い頃は先輩に教わるために丁寧に話をしなさいと!
親や先輩、上司に言われました。
また接客業で失礼な話し方ならクレームがあり
けっして?よく見せようと思ったつもりはないと?
思うのですが、46才の新人は若い方にも敬語で話をしていると、上から目線!つんけん!気が弱そう!病んでる?
その通りなんですが、自信のない新人のおばさんは
どうやって恐れず会話をすれば?楽しむまでは程遠いですが、自分主張ではなく相手あっての会話ができるのか?
緊張が度を越して誰とも話ができず、周りのかたからも敬遠されます。

また誰とも話ができるかたは相手の懐に上手に入れて
仕事がスムーズに進めれますね!
きっと飾らすユニークで笑いを踏まえて相手に恐怖心がないに等しい状態なんでしょうね!

いつも一方的な文章ですみません、ありがとうございました。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。