対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

理想像は人それぞれ

自分の理想像を思い描くことは、誰もがすることだと思います。

僕の場合は「勉強しなくてもかしこい人」「スポーツでも練習しなくても上手な人」とかでした。努力しなくてもできる人に憧れていたところがあると思います。

しかし、人によっては「努力して立派な人」に憧れるというか理想像の人もいますよね。

理想の自分と現在の自分とを比較して劣等感ができたりすると思いますし、自信をなくしたりすると思います。

自分の劣等感や自信のない部分って、人から見ると「なんであの人は自信がないんだろう」と思っていたりすると思います。他者から見ると「あの人もっと自信を持っていいのに」って思うこともあると思います。

自分の自信のない部分って自分の価値観で判断しているだけで、他者から見ると全く問題ない部分なのに勝手に自信をなくしていたりすると思います。

自分の理想像は人それぞれなので、自分の理想像を基準に「自信がない」と思うのはもったいないですよね。
関連記事

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する