対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達は作るものか?できるものか?

学生の頃、僕は友達が少なかったです。

最近でも妻に「昔は友達少なかったんだ」という話をすることがありましたが、「相手は友達と思ってくれているけど自分が友達だと思っていないだけなんじゃない」って言われます。

そう言えばそうかもって思います。

極端な話ですが、一回会話したら友達っていう感覚の人っていますよね。すぐに友達ができる人。僕はそういう感覚にはならないですが、一回話して「なんか気が合いそう」っていう感じの時はあります。

友達が多い少ないって、そもそも「友達」の基準が人それぞれなので、よくわからないですよね。

もしかすると、僕の中では友達の基準が、世間で言う親友にあたるのかなーって思います。

だとすると、友達がほとんどいないのではなくて、友達は普通にいるけど親友はほとんどいないって感じなんですかね。

多分、コミュニケーションが普通にとれる相手って友達になれる相手なんだと思います。コミュニケーションがとれない相手でもいずれ友達にはなれる相手は多いと思います。ただ、対人恐怖症が原因で友達になれなかった相手も多いと思います。

今思うと、自分が対人恐怖症ではなかったらすごく良い友達に成れてただろうなーっていう人はいっぱい思い浮かびます。ちょっともったいなかったですし、もっと楽しい会話もいっぱいできただろうなーって思います。

でも、当時無理やり友達に成ろうとか、疲れるけど我慢して会話しようとか考えてコミュニケーションをとっていても空回りしていただろうと思います。

僕にとって当時は友達は必要でしたがあまりできませんでした。逆に今は特に友達を作ろうと思わなくてもできます。

多分、友達の価値観が変わったというか、友達の基準が下がったのだと思います。物凄く仲が良くならないと「友達」として捉えていなかったのだ思います。

友達を作ろうとしなくなったことで、友達の枠が大きくなってゆるくなったように思います。この方が楽ですね。特に友達を増やそうと思っていた時期は、ちょっとしたことで勝手に傷ついたりしていました。

ちょっとしたことに敏感になって、過剰に反応して反省したりしてたんだと思います。

結局、コミュニケーションは大切ですが友達を作ろうとしている時は友達ができず、友達を作ろうとしない時の方が友達ができるのだろうと思います。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。