対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金持ち父さん貧乏父さん


この本は良いですね。さすがにベストセラーです。目次はこんな感じです。
005.jpg
男性向けだと思います。僕は個人事業をしているので良いと思いましたが、起業に興味のない人は必要ないと思います。難しい話を物語形式で紹介している本です。

お金持ちになりたい人には良い本だと思います。

今までの学歴神話をくつがえす内容です。僕のまわりでもよく聞く話ですが、自分の子供には公務員になることを勧める親がいますよね。あと良い大学でて良い企業に就職しなさいとか。

僕はなんとか高校卒業できたレベルだったので有名な大学とか、企業とかには入りたくても入れる状況ではなかったです。

投資の話なんかもでてきますが、僕はあまり投資には興味がないのですが、興味がないというか資金がないというか、でも理解はできました。資金がなくても投資はできるそうです。

この本はお金持ちになりたい人に読んでもらいたいですね。僕の兄弟にも勧めましたがめんどくさいから読まないって言われました。またもう一回言ってみようと思います。

このシリーズはたくさんあって、最近ではネットワークビジネス系のもあるようです。5冊くらい読みましたが、僕は投資やネットワークに興味がないので気に入ったのはこの本だけです。あとは、飾ってあるだけです。

起業に興味のある人にだけお勧めです。

学校の教育自体が間違っているっていう話とか、クワドランドといって働く人を4つに分類して詳しく説明している本です。

この本にでてくるお金持ちのお父さんと貧乏なお父さんは、実は両方お金持ちなんですね。僕的には両方尊敬できるお父さんだと思います。

金持ち父さんからのポジショントークで自分のやっている方がお金持ちなんですよって感じの話です。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。