対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

他人の目が気になって仕方がない人へ(本)


以前僕が買った本ですが、開いてみるとこんな感じです。(中古本のみで100円前後のようです)
視線恐怖症がメインに書かれているみたいですね。根本的に対人恐怖症は症状がどこにあらわれるかの違いで分類されていますので、視線というより対人恐怖症に関する本だと言えると思います。客観的に自分の考えていることというか、どうして自分はそう考えるのかなどを少し理解できるようになると思います。

もちろん、これを読んだだけでは治りませんが、自分の考え方のクセが理解できるかもしれません。自分の考え方のクセと普通の人の考え方のクセのギャップを客観的に考えてみるきっかけになるかもしれませんね。
他人の目が気になって仕方がない人へ3

少し気になった部分を紹介します。

・他人との比較にこだわりすぎると、他人の優れた点ばかりが目について、劣等感を強くしてしまいます。
・比較をやめると、他人がどうしようがあまり気にならなくなります。
・羨ましいという気持ちの延長線上にあるのが嫉妬です。
・こちらに悪意がない場合はどうどうとしていればいいのです。
・自分がいいと思うものを選ぶのはごく自然なことなのです。他人と自分が違うのは当たり前であって、自分に無理をしてまで周りに合わせているから、疲れるのです。
・社会のルールやマナーを守っている以上、後ろめたさや引け目を感じる必要はありません。
・自分の心にウソをついているわけだから、疲れるのは当然でしょう。
・傷つくのが嫌な人ほど自己防御が強くなります。

目次はこんな感じです。

第一章・・・なぜ「他人の目」が気になるのか
第二章・・・なぜ人の目を気にしてしまうのか
第三章・・・他人の目を気にしないためには
第四章・・・自信を持つにはどうすればいいのか
第五章・・・良い人間関係を築くために

こまかいタイトルは省略しましたが、結構こまかな部分まで書かれています。アマゾンでのレビューでもありましたが、正直な感想として、おもしろくはないです。こういった本で面白いのがあるのかどうかわかりませんが、僕的には教科書的な感覚ですね。

ただ、著者の考えはわかります。僕がこのブログ書き始めたころ、結構おもしろく書いていたのですが、これを読む人に面白い部分は必要ないと思うけど・・・って妻に言われたのをきっかけに、全く面白くない内容に変えました。

あと、もう一つレビューに書かれていたのですが、女性は少しイライラする部分があったのはたしかです。これを男性に置き換えて考えると男性も少しイライラする部分なのかもしれません。著者の少し配慮にかけるところがあったのかもしれませんが、たとえ話なのでしょうがないのかなーと思います。

結局僕は、この本を勧めているのか、批判しているのかわかりませんが、どうしたらいいのかわからない時、自分を探るという意味で、「そういうことか」という気づきはたくさんあると思います。

まず、自分を知らないと前に進めないですからね。

関連記事