対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の悩みを軽減したいとき

今日は悩んでいる時間が多かったと感じたり。今日の出来事を思い出して自分の中で反省会、その時のことを思い出しただけで緊張したり、悩んだりすることがあると思います。自分自身が上手くいかないだけなのに他人が憎く思えてきたりすることもあると思います。

例えば今日の悩みが『あの時あいさつをしとけば良かった』だけだとしても、対人恐怖症の人は色々と付け加えて悩みはだんだんと大きくなっていきます。そのことに対して悪口を言われてないか?暗い人と思われていないか?など沢山の悩み事になってしまいます。

対人恐怖ではない人は『あいさつした方が良かったかな。まー明日はあいさつしよう』と考えるだけの場合が多いと思います。

対人恐怖症の人はひとつの出来事を大きな悩み事にしてしまう時があると思います。

『あの時あいさつをしとけば良かった』と悩まないように、明日はあいさつをすると良いと思います。そして、相手の対応がどうであれ、自分が前に進もうとしたことに自信を持って良いと思います。

『あの時あいさつをしとけば良かった』と一日中悩むよりは、自分からあいさつをする方が楽になると思います。

もともと、あいさつをしなかった理由は、はずかしいから、変に思われるから、笑顔であいさつしないといけないからなどと考えていたからだと思います。

あいさつする前に悩んであいさつしない、そして、あいさつしなかったことに悩む。これでは疲れますよね。

それなら、《あいさつをして悩まない》と決めた方が楽になると思います。

僕の職場には、あいさつしても聞こえていないのかどうかわかりませんが、返事のない人は多いです。社会人になってあいさつされて返事をしないのは常識の範囲でどうなのかなーって感じます。学生ならもっと多いでしょうね。あいさつしても返事をしない人は。なので自分からあいさつをして返事がない場合でも、気にする必要はありません。いろんな人がいるのは当たり前なので。

今日、『あの時あいさつをしとけば良かった』と悩んでいる人は、明日はあいさつをしてその相手の反応を気にしないようにできれば、明日の悩みは軽減されると思います。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。