対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

やる気の出ない日の過ごし方

僕が、10年くらい前に勤めていた会社の社長に言われたことで、今でも仕事中にやる気が出ないときに思い出してしまうというか、頭から離れない言葉があるので書いてみようと思います。

『一生懸命やっても、サボりまくっても、1日は1日。どちらにしても1日は終わる。どちらを選択したとしても、それがその人の1日』

僕が営業の仕事をしていて、全く契約をとれない日がありました。落ち込んで会社に帰って思わず『今日は契約できなかったから、営業せずにサボってたのと同じです。無駄な日になりました』と口にした時の社長からの返しのありがたい言葉でした。

僕的には、この日は契約ができなかったので、サボっていても同じ結果だったのです。どちらを選択していたとしても契約は取れなかったのです。どちらを選んでも1日が終わるのなら、一生懸命やって終わった方が良いですよね。今になって思いますが、無駄になったと思っていた行動も次の営業につながっていたと思います。

結果はどうであれダラダラして1日を終えるか、一生懸命やって1日を終えるかどちらが良い選択なのかを教えてくれたのだと思います。

関連記事