対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職が先か対人恐怖症を治すのが先か

社会不安障害や対人恐怖症の人で仕事をしている人は、多分同じようなことを考えているのではないでしょうか。例えば、「人間関係が上手くいかないので転職して一から新しい職場で人間関係をやり直したいが対人恐怖症なので次の職場にいっても同じ状況になる。それなら対人恐怖症を治してから転職しないと意味がないので、転職よりも先に恐怖症を治したい。でも、すぐに治るものでもないからとりあえず転職しよう」などと考えると思います。

これは、1人で考え込んでもなかなか解決できる問題ではないので誰かに相談するのが良いと思いますが、相談するにも相談しにくい内容ですし、対人恐怖症に関して理解ある人を探すのにも時間はかかりますので、僕が勝手に相談相手になったつもりで書いていこうと思います。役にたつかどうかわからないので、まず、カウンセリングや心療内科などに行ってみるのも一つの方法だと思います。

人それぞれ考え方があると思います。
A、先に転職する。
B、先に対人恐怖症を治す。
C、転職をせずに、対人恐怖症を治す。
D、対人恐怖症を治しながら転職する。
E、転職しながら対人恐怖症を治す。
F、治さない、転職もしない。
G、転職するが、治さない。

結論から言うと、僕の考え方はEの「転職しながら対人恐怖症を治す。」です。基本的な考え方はGの「転職するが、治さない。」です。このへんの考え方は少しややこしくなりますが、「治さない」という意識をもてるようになった人は既に良くなっている状態なのでこのサイトの記事を読んでいる人は少ないと思います。ですので僕の考え方は「転職しながら対人恐怖症を治す。」です。

あと、転職はあまり良くないというような記事も書いているので矛盾している部分がありますが、そのへんも詳しく書いていこうと思います。

関連記事

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/198-ff80fe20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。