対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親を選べない

「親を選べない」という言葉を以前よく耳にした記憶があります。こんな親の子供に生まれたくなかったとか、自分の親がこんな感じだったら僕も対人恐怖症になっていなかっただろうしとか、この親の子供に生まれたせいで自分はこんなに苦しんでいるんだとか思うこともあると思います。そういう時に「親を選ぶことはできないからしょうがない」という表現をしたりします。

テレビかなにかで聞いた話ですが、こんな説もあるようです。もともと前世とかは現実離れしているので興味がなかったのですが、この話は納得できました。

それは、実は自分が生まれてくる時に親を選んでいるという話です。僕の場合は貧乏な家庭をわざわざ選んで生まれてきたことになります。実は前世は大金持ちでお金さえあれば何でもできるという世界にいたのかもしれません。そして、ほしい物は何でも手に入り、毎日美味しい食事をして、仕事なんてしなくてもやっていけて、毎日がバカンスのような生活をしていたのかもしれません。そして、ある時、自分は何の苦労もしていない人間ということに気が付き、苦労している人に魅力を感じるようになったのかもしれません。そこで、今の母親が苦労している光景を見て、自分がここの子供になれば、僕自身は苦労を乗り越えて人の痛みの分かる人間になれるし、母親を楽させてやることができると考え、あえて苦労する親を選んだのではないかと思います。今はまだ、母親を楽させてあげるという目標は達成していませんがいずれそうなると思います。

こうやって、人は親を選んで生まれてくるのですが、生まれてきたときにそのことを忘れているのだそうです。ですので、今の苦しみは自分が選んだ道なのかなーと考えたりします。苦しい道をわざわざ選ぶにはやはり理由があり、それを乗り越えたところに本物の幸せがあるということを前世の自分は知っているのかなーと思います。
関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

親の業で苦しんでいるとき

親自身に、あなたは私を選んで生まれてきたのよ、
どんな親でも親は親なのよと言われ開き直られるのはどうなんでしょうか。

選ぶことはできないからしょうがないと思った方が、
現状を受け入れやっていける時もあります。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/191-15b528f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。