対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話することが大切

対人恐怖症を改善するために会話は大切だと思います。無理に苦手な相手と会話するのが大切という意味ではありません。例えば家族や兄弟や友達といった気軽に話しできる人との会話のことです。

なぜかと言うと、会話することによって自分の考え方のクセ(傾向)や言葉に対する間違った解釈などを発見できるからです。言葉に対する解釈の仕方は人それぞれ違うということに気付いたり、人の意見を聞くことで「こういう考え方もあるんだ」と思うこともあります。

例えば、学校の先生に「ちゃんと勉強しているのか?」と言われた時に「僕の成績が悪いからこんな言い方するんだ」悲観的に思ったとします。しかし、すぐそばでそれを聞いていた友人のBくんとその時のことについて話をしてみると、Bくんは「やれば出来るんだから勉強しなさい」と言う良い意味で先生は言ったんだと解釈していたとします。

実際は先生に直接確認してみないと分かりませんが、Bくんと会話したおかげで「自分は少し否定的に解釈する方なんだな」と気付くことができます。そう気付いたお陰で「別に深く考える必要はなかったんだ」と少し楽観的に考えることが出来るようになったりします。

しかし、こんな些細な会話が無ければ間違った解釈をしたままで、次の日までブルーになっていたかもしれません。たとえが少し分かりにくいかもしれませんが、僕が言いたいのは、自分の考え方のクセや間違った解釈は、誰かと会話をすることで少しづつ修正できるということです。

ですので、些細な日常の出来事を誰かに話することは大切だと思います。

僕の経験上、対人恐怖症の時は身も心も疲れきっていてるので、日常のちょっとしたことを誰にも言わずにほったらかしにしてしまいます。そうすることで日々の些細な出来事を自分なりに解決できず「悩み事」として貯まっていくと思います。当然悩み事はストレスになりますから、体に良くないですよね。

悩み事を誰かに話したら「悩みが半減した」という話はよく聞きますよね。多分、誰かに話すことで「そんなに悩むほどのことでもなかった」と気付くきっかけになるんだと思います。

対人恐怖症を改善するのに効果のあったものは?のアンケート結果にもありますが、ダントツで「友人に相談する」に投票された方が多いですから、一番効果があるんだと思います。

もし、どうしても友人に相談することが出来ないなら、友人と会話する時に「僕は、あの時こう思ったんだけど。。。」と軽く意見を聞いてみるのも良いと思います。思い切って相談してみよう!と思って友人に話しかけるよりも楽に会話できると思います。


関連記事

aimaimiさんへ

お久しぶりです!
コメントありがとうございます!
いつもほめて頂けるので元気が出ます。

それとaimaimiさんのサイトを閲覧してためになっている人は多いと思います。

やはり経験者のサイトは良いものですね。オルゴールも良いと思いますよ。

掲示板が無くなったのは残念ですが。。。。僕も以前掲示板をリンクしていたのですが、全く書き込みが無く意味がなかったのでやめました。

掲示板を上手く使いこなすのって難しいですよね。

新しい記事も読んでくれているのが分かったので嬉しいです。また書こうと思います。ありがとうございます。

話す事って大事だと実感です。

お久しぶりです。Tさん♪
時々こちらのサイトを閲覧していました。
人に話す事で楽になる経験は本当にありますよね。
私も、つい先日、実は。。。自殺したい程辛い状態でした。
でも、お友達とお話をしているうちに気が付いたら
気持ちがスッキリとして本当に良かったと思っています。
Tさんのサイトを読んでいて、Tさんが完治した理由が
何となく分かった気がしました。
Tさんの気質がとても良かったのでは?って思いました。
実は、最近、私は心療内科でお薬のお世話になっていますが
お薬が切れても、症状が出なくなっています。
もう直ぐ完治しそうです。
心療内科の先生にTさんの自己暗示のあの言葉を実践している
ことを伝えたら、先生が絶賛していました。
それも、効果的方法だと仰いました。
お薬と併用してそれをやれば、かなり効果が見込めるとも
仰いました。
Tさん、本当に、ありがとうございました。(*^-^*)

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/187-6dd3c8b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。