対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと表現してみよう!

思ったことを思ったままに感情のままに表現することを自分でストップさせるという行動が習慣になっていた時期があります。どうしてそういう習慣がついたのかを考えてみると、笑う時は飛びっきりの笑顔で笑わないといけない、怒るときはカッコ良く怒らないといけない、泣くときは惨めな感じでもなく弱々しさもなく自然な感じで泣かないといけない、と言ったへんなこだわりがあったせいだと思います。

例えば、少しほめられた時などに、本当は嬉しいのに「最高の笑顔で喜ばないといけない」と言うへんなこだわりのせいで、喜んでいる自分を表現できずに、無表情になったりすることがあると思います。

そういったストレス、不安などがたまると体に良くないですよね。そこで「最高の笑顔で喜ばないといけない」というへんな思い込みを捨てて、ちょっと表現してみると良いかもしれません。

無表情で「やった!」と普通に言ってみる。この少しの表現ができたことに対して自信が付いたりすることもあると思います。僕はそういう経験があります。無表情で「やった!」と表現することに抵抗がある人は、もしかすると「笑顔」に対してへんなこだわりがあるのかもしれません。

こだわってしまうのが人間なのかもしれませんが、無表情でも魅力的な人はたくさんいますし、自分の人生なので、無理に笑顔をつくる必要もないと思います。

表現が苦手な人はちょっとだけ自分の気持ちを表現してみると、自信が付くと思います。久しぶりに記事を書いたのに思いつくままに書き出したのでイマイチ意味が分かりにくいと思いますが許してください。
関連記事

Sさんへ

コメントありがとうございます!

たまたま読んでいただいたんですね。

僕も無表情なほうですが、家族からすると分かりやすい表情だそうです。無表情でも慣れると感情は伝わるんでしょうね。

記事を書いてよかったと思うことができたので感謝しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

笑顔は良いものなのだから笑わなきゃと思うのが苦痛でしたが

『無表情でも魅力的な人はたくさんいますし』

というところに少し救われたようなきがしました。

Yさんとろばさんへ

ろばさん報告ありがとうございます。

健康な人でも自分を作ったりすることは多いのでOKだと思いますよ。
以前僕もいつもの自分と違って自然にふるまえた時は、すごく嬉しかったです。Yさんもろばさんも、これからは、そういう気分が良い時間が増えていくことになるので僕も楽しみです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/183-2b30822d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。