対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

素直になる方法

素直そうで素直ではない人がいます。僕がそうでした。素直になると、今までの自分が素直ではなかった事に気が付きます。

「自分をよく見せよう」と頑張っていると、なかなか素直にはなれません。どうしてかと言うと誰かと会話している時、相手に「自分はすごい人」というイメージを持ってもらおうと努力するからです。相手の話を聞かずに自分の意見を言って「相手から見た自分のイメージ」を高めようとするからです。

そんなに自分をよく見せようとしなくても、今のままの自分で十分なのですが、なかなか気がつく事ができません。

もっと素直になる事が出来ると、気持ちが楽になって「少しひねくれた性格」から脱出できると思います。

素直になる方法として「人の意見を聞く」ことや「自分を誇示しない」ということが大切だと思います。

例えば、親切で「あなたは、もっと、こうした方が良いよ」と自分では相手のことを考えて言ったつもりなのに「私はこの方法で良いと思っているから大丈夫!」という返事がかえってくることがあります。

「もっと、素直に人の意見を聞けば!」と言いたくなりますよね。

相手のことを考えて言ったことなのに、嫌な気分になります。そして「私はこの方法で良いと思っているから大丈夫!」と言った人は、それ以上成長できなくなってしまいます。そして、後から素直ではなかった自分に気がつき自己嫌悪になる時もあるかもしれません。

素直になれなかったことが、お互いのマイナスになり、人間関係もくずれることがあります。

もっと素直になるために「人の意見を聞く」ことや「自分を誇示しない」ということをしていれば、お互いがプラスの関係でいることができたと思います。

素直になると、色々なところから情報が入ってくるようになります。僕の場合は素直ではなかった時から比べると、今は色んなところから情報が入ってくるようになりました。なぜか「良い情報がある」と友人から電話がかかってきたりします。

以前の僕は「良い情報は人に教えると自分が損をする」という考え方があったので、周りからも良い情報が入ってこなかったんだと思います。

素直な気持ちで、人の意見を聞くようにすると良いと思います。そして「良い情報は教えてあげよう!」と思うともっと良いと思います。

例えば、ダイエットで成功したときに「これは、とっておきの情報だから、誰にも言わないでおこう」と思う人には「本当はもっと良いダイエット方法を知っている」という人から何も教えてもらえなかったりすると思います。

このブログを書いていても「こんな良い方法もありますよ!」というメールを頂いたりします。本当にありがたいです。そういうメールをもらうと「もっと良い情報をブログに書いていこう!」と思えてきます。

以前の会社の社長がシーソーでバランスをとることを人間の器に例えて、こんな事を言っていました(ルール:器は相手に与えても減らない)。「A君が左側で100の器を持っています。B君が右側で100の器をもっています。A君はB君に50の器を与えました。するとシーソーのバランスがくずれるので、B君はA君に100の器を返しました。すると、またシーソーのバランスがくずれるので、A君はB君に100の器を与えます。その繰り返しで自分の器が決まってくるんだ」

図に書かないと分かりにくいですが、自分の器は、相手に与えた量で決まるという事です。相手に与えるものがなければ、バランスはくずれたままになりますし、相手にあたえるものの量が多ければ多いほど自分の器は大きくなっていくということです。
関連記事

Mさんへ


コメントありがとうございます!

Mさんのコメントを読んで、何かの本で少し近い内容のことが書かれていたなーと思ったので、探してみました。


心屋仁之助さんの「まわりの人と「上手く付き合えない」と感じたら読む本」の23ページにありました。


けっこう長いので、ここでは紹介しませんが、少しだけ抜粋しておきます。


本心では、自分だってそうしたいと「強く思っている」から、心が暴れだしてしまう。
「いいひと」になろうとするほど、「本当の自分の気持ちを否定する」ことになります。
正しい自分が自分を苦しめる。
過去の自分を肯定するということは、今まで「見ないようにしてきた「なかったことにしてきた」本当の自分と仲直りするということ。


もし興味があれば、本を読んでくださいね。多分ですが、何か気付くことがあると思います。


自分のこころの中って難しいですよね。正直、僕自身は自分のこころの中って理解できていないと思います。


本を読むのってタイミングがあると思うんですよね。タイミングが悪いと自分にとって意味のないものになりますが、タイミングが合うと物凄く価値のあるものになると思います。


なので、いくら良い本だとしても人によって感じ方が違うのだと思います。


Mさんが、この本を読むタイミングが今なのかなーって思います。僕の想像だけなので全然違ってたらごめんなさい。


小泉純一郎さんじゃないですけど、何か変わるときって痛みを伴うことはあると思います。自分が成長する時とか。


もしかすると、今がいちばん辛い時期で、成長するときなのかもしれませんね。色々あると思いますが頑張ってください。

検索でここにたどり着きました。
私も素直になれず人によく思われたい、嫌われるのが怖いとずっとおもっていました。幼い時から優しいね、良い人だねといわれるのがすごく好きでした。なので今までずっと思ったことを言わず我慢して生きてきました。自分はいいひとなんだと勘違いしていました。でも最近その我慢がとてもつらく、いらだちを覚え、思ったことをうまく伝えられないじぶんに涙がとまらなくなってしまいました。今までこれが自分の生き方だったのに、一気にくずれてしまいました。
本当に変わりたいです。もっと素直にいきたいです。

Re: ありがたい

コメントありがとうございます!

この記事にコメント頂いたことで、僕もこの記事を久しぶりに読み返すきっかけになりました。

自分で書いていて忘れてかけていたことだったので、思い出してよかったです。ありがとうございます。


以前社長に頂いた言葉だったので大切にもう一度考えるきっかけができました。

ありがたい

私もこの記事を見て、ハッとしました。
私は自分のことをどうしてこんなにバカなのかと思いづづけでした。
ああ、私もこんな人になりたいって思いました。そして今日この記事に来ました。
神です。
ありがとうございました^ ^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

神経症になりやすい遺伝子

詳しく解明されていないですが、どんなものでも同じ環境にいると似てきます。
また、対人恐怖症問わず神経症になりやすい遺伝子というものがあるように思います。

ただ、一番は遺伝子です。親や親戚が神経症になっていることは多々あります。すぐに乗り物酔いしやすい人は、神経症になりやすいです。
ほとんど薬に頼ってしまいますが、薬は重症患者だけにした方がいいです。

自分をよく見せようとすると、よくよく考えると、自分はこんな人ではないはずと思いました。
良く見せてどうしたいのかということに気がつきました。ほんとは強がってるだけなんです。
歌手に、メティスという人がいますが題は「人間失格」
歌詞にありますが、「人を従わせ支配しそんなに自分を大きく見せたいのですか」とあります。
私はぐっときました。
自分をよく見せてしまうと、ずっとそのようなふりをしてなければならないのです。
それはさすがに辛いです。だから、本当の自分をさらけ出したらすごく楽ですね。
そう出来なかったら、いい自分ばっか見せて腹が立ってきます。
みなさん、気を楽にしていきましょう。

私も検索でココに来ました。
私は今は対人恐怖症ではありませんが、
集団の前ではバイオリズムによって左右される場合があります。

対人恐怖症は慣れとか、訓練であり程度は何とかなるっていう事が30年以上生きてきて、なんとなく解りました。

本質は自分にあるんだという事に気づきました。
自我脆弱性とか、アイデンティティーって言葉をwikiとかでお調べになれば、概論はわかるとおもいますが、

鬱にしても対人恐怖症にしても、
心の多くの悩みは、脳と言うか思考構造に原因があることがわかりました。
服薬することも対処療法としては、効果があると思われますが、
身体と一緒で、脳を鍛えることが覿面だと学びました。
一時的に、極度の心因反応はでますが、
ストレス脆弱の閾値は、実際の行動によってかなりあがります。

怖がっていたことや避けていたことを会えて行って見ることです。
最初は辛いけど、徐々に慣れてきます。
恥ずかしかったり、辛いのは一時期です。
成功しなくても、成し遂げた達成感が脳を刺激します。
行動できた自分を褒める?満足させる脳内物質が活発化されます。
これが自我形成や自信につながる脳内物質らしいです。

私は若い頃は、自信もないくせに、こだわりは強くて、
他人のアドバイスは傾聴しても、受け入れなかった面もあります。
これは防衛本能であり、自己帰属意識でした。

私はこの歳までたまたま生きていられて、
こんなことに気づけただけすが、
生きてさえいれば、なんとでもなる。
だから、同じ悩みを持っている人たちに、
伝えたかったです。

同じ年齢の周囲に比べてしまえば、
まだまだ乗り遅れた面も多くありますが、
他の人が歩まない道を歩む事ができました。
それも私です。


コカコーラのCMで
「自分と他人を比べなくなったとき、
初めて自分を好きになれた」
と言うキャッチコピーがありました。


私が言いたいことは、この事なのかもしれません。


長々とすみません。
少しでもお役に立てれば光栄です。

最近素直になれなくて、困り、「素直になる方法」でググったらたどりつきました!

なるほど!
とても共感致しました。

「自分をよく見せよう」と頑張らないようにがんばってみます!

ありがとうございます。

追記

感動する映画やドラマを知っている人は教えてください。面白かったのでも良いです。

僕が面白かった映画は「ショーシャンクの空」や「フォレストガンプ」で、一番面白かったドラマは「恋のちから」です。海外ドラマでは「プリズンブレイク」が面白かったです。

kさんへ

コメントありがとうございます。

僕もバカにされるのが嫌で強がったりしていました。ものすごく辛い時期は何をしても上手く行かないような気分になったりします。自分だけで何とかしようと考えて誰にも相談せずに1人で抱え込んでいました。「あんたは自分の殻に閉じこもっている」などと自分の親にもよく言われました。親にしてみれば「何かあるんなら相談しろ」という愛情だったんだと思います。もちろん苦しい時はそんな愛情に気が付くことはなかったです。なかなか人の気持ちは分からないですよね。

僕が初めて自分の悩みを打ち明けた時は涙が出ました。どうして涙がでたのかよくわかりませんが、今まで自分の中では「物凄く頑張ってきた」というのを自分が一番よく知っていたからだと思います。どんなに頑張っても、耐えても、上手くいかないときはあると思います。誰にも言わずに自分ひとりで抱えこんでしまいます。

前進したり後退したり、立ち止まったりしながら少しづつ前に進むのが人生なのかなーと思います。

あまり関係ないかもしれませんが、以前、スローダンスというドラマを観た事があります。すぐに成功する人生を羨ましく思うこともあるけど、ゆっくり進む人生も良いもんだなーと思いました。

あと、これも少し関係ないかもしれませんが、沢尻エリカさんの映画で「手紙」というのがあって、物凄く感動しました。映画の内容とこのコメントは全く関係ないのですが、涙をだすと気分が晴れることが多いので、感動する映画などを観ると良いみたいですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この記事をみて

変わろうと思いました
いますごく強がり自分を良く見せようとばかりする
素直ではない性格な自分に悩んでいたのですが…、すっと心が晴れました
まず相手を考えて相手を知る、そんな風な人間になりたいです
素敵ですね天秤の話
ありがとうございます

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/173-f1dd6ca3