対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係を良くするには

人付き合いが苦手な人が楽に生きていくには、人付き合いを避ける方法と少しずつ慣れる方法があると思います。どちらを選ぶかは自分次第だと思います。時には人付き合いをあえて避ける事も必要だとも思います。苦手なものは苦手ですから、何をやっても上手くいかないこともあるかもしれません。

「苦手な人とは会いたくない」という感情は、内気な人、人見知りする人だけではなくて、誰もが思う感情で、ごく自然な考え方だと思います。ただ、避けてばかりで苦手なものを克服する事は難しいので、できれば前向きに考える方が良いと思います。

?人間関係を良くするには、相手の長所を探す

どうしても、相手の嫌な部分にとらわれてしまいがちですが、相手の嫌な部分、欠点を探し出したとしても何も得することはありませんから、できれば長所に目を向けるべきだと思います。相手の長所を見つけることができると、その長所はあなたの長所だったりします。自分にないものを相手の中から探す事はできませんから、相手の長所はあなたの長所でもあるといえると思います。

?人間関係を良くするには、恥かしがらずに答える

僕がまだ、人見知りが激しかったころは「自分の考えは何も言わなくても相手に伝わっている」と、勘違いしていました。人からあいさつをされても黙ったままで「ありがとう」と言われても、何も反応せずにいました。ところが、何人かの人に「いつも、黙っているから、あなたは何を考えているのか分らない」というような事を言われました。あたりまえといえばあたりまえですよね。コミュニケーションが充分取れている相手でもないですし、お互いの事を完全に理解しているわけでもありません。ましては、兄弟でもありませんし、育った環境はまるで違いますから「言葉」に対するとらえ方や、過去の経験も全く違います。やはり、恥かしがっていては相手に何も伝わりませんから、言葉で相手に確実に伝える必要があると思いますし、そうする事で誤解を招くこともなくなると思います。

?人間関係を良くするには、人を外見で判断しない

人は、初対面の人を判断するのに一秒かからないという事をよく聞きますが、何を基準に判断して「この人は苦手だ」とか「この人は仲良くなれそうだ」とか思うのでしょうか?人見知りする人にとっては、ほとんどの人を「苦手な人かも?」と判断しているのかもしれません。

ただ、同じ人を見ても人それぞれで第一印象はバラバラな事が多いですし、好きなタイプだったり、キライなタイプだったりする事は多いですよね。人を外見で判断した時は「自分の過去の経験だけで判断している」と考えた方が良いかも知れません。「この人は大体こんな感じの人だろう」というのは固定観念で判断しているのだと思います。

例えば、今まで、誰とでも仲良くなれて、誰とどんな時でも、何を言われても楽しかった人は、相手を判断するのに「この人は苦手なタイプ」と、思う事はないと思います。苦手な相手と会話する時は「苦手な相手と思い込んでいるだけかも?」と思うと良いかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/168-1ed96c07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。