対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言いたい事を言ってみよう!

今日の一日を思い出して、人が気になった時のことを思い出してください。
何回かあったと思いますが1回ですか?それとも8回?調子の悪かった人は、10回以上かもしれません。調子の良い日と悪い日があるのはどうしてでしょうね?調子の良い日ばかり続けばもっと楽なのに・・・・

どうして調子の悪い日があるのか?
それは、どうして人が気になったかを冷静に考えてみることです。

多分、言いたいことや本当に思った事を相手に言わずに気に入られようとして、思ってもないことを言った瞬間からだと思います。僕は、そうでした。

気に入られようと気を使っていることは、相手に分かります。相手が自分に対して『気を使っている』と思うと相手も自分に気を使います。そこで今日の反省として、言いたいことを言えなかった時を振り返って、明日は言うようにして下さい。言いたい事を言うことを努力してください。

辛い時、辛い瞬間をじっと耐えて時間が過ぎるのを待つことを努力するのではなくて、言いたい事を言うようにして下さい。

どうして人が気になったか?必ず理由があります。瞬間があります。その時のことを冷静に考えて素直に受け入れてください。どんな嫌な自分を発見しても、受け入れることで楽になります。嫌な自分を発見できれば治す方法も分かりますし、もしかして治さなくても良いのかもしれません。
関連記事

Re: 質問

マッキーさんへ

「視線恐怖症の時に過度の嫌がらせをしてきた人達にも優しくできますか?」という質問ですけど、正直、できないと思いますよ。

復讐するかしないかは別として、気持ちは分かりますよ。僕も経験者ですから。

その2人が原因で視線恐怖症になったということでしょうか?僕の場合は誰かが原因という感じではなかったので少し違うかもしれないですね。

イジメに近い大人のやり方というのは、相当陰険なやり方なんだろうと想像だけですけど思いました。

僕が視線恐怖症になったのとは少し違いますけど、マッキーさんの場合は相手に非がありそうですね。僕自身が経験していない事なので分からないことかもしれないです。

でも、自分がそういう経験をしたら、恨むというか憎むというか、当然ですけど、腹は立つと思います。

僕がマッキーさんの考えが正しいとか間違っているとかは分からないですけど、ムカムカすることは分かりますよ。

僕の場合は、相手は何も悪くなかったのに、イライラしてムカついてましたから。殴り合いのけんかにまではならなかったですけど、正直、その一歩手前でした。何かキッカケがあったらブチギレてたと思います。

今思うと、何もなくて良かったですけど、キレてたら正直どうなってたか分からないです。自分自身いっぱいいっぱいでしたから。

でも、今は、何もなかったので、なんとか普通の生活をできているのだと思います。

マッキーさんへ


マッキーさん、こんにちは。

間違った努力の期間も含まれていますよ。

それと、正しい努力だけをした期間っていうのはないです。今だから、自分の考えをまとめてブログで書いていますけど、当時、自分の考えとかは、全くまとまっていなくて、何が正しいのか間違っているのかをちゃんと理解できていなかったと思います。

今、冷静になって、過去を振り返って書いているだけなので、自分では出来なかったことを人にお勧めしているという感じです。なので、僕が書いていることを僕自身は上手くできていなかったと思います。過去の自分に教えてあげたいなと思って書いている感じです。

質問

あと、管理人さんは人に対して優しくしているとおっしゃてましたが、視線恐怖症の時に過度の嫌がらせをしてきた人達にも優しくできますか?
私は自分を視線恐怖症に追い込んだやつが2人くらいいますが、そいつらが許せれません。いつか、復讐したい気持ちを常に持ってますが、そのこと自体は良いのでしょうか?私は管理人さんのブログを読んでからはそんな自分も自分だとポジティブに考えてます。ちなみに、大人のやり方というかいじめみたいなものでそいつらには必ず復讐したいですね。まあ、管理人さんがその考えはやめたほうが良いと言われても変える気はあまりありませんが、参考までに正直に意見を言ってください。お願いします

なし

10年ですか!
その10年は間違った努力(人を見ないようにすること、人から隠れることなど)などの期間も含まれてますか?もし含まれてたら、正しい努力(アイラブミー、プラス思考、愛情)だけをした期間を教えてください。お願いします

マッキーさんへ

マッキーさんこんばんは。

視線恐怖を知ってから10年くらいだと思います。カウンセリングも途中で通わなくなりましたし、相談相手もいなかったので治りにくかったと思います。

少しづつ対人関係が楽になってくる感じでした。

僕の場合ですけど、人付合いが苦手な自分を受け入れることができて楽になったのだと思います。ちょっと勘違いしてたところがって、対人恐怖が治ると人付き合いが得意になると思っていたのですが、そうではないようです。

もともと社交的ではないのですが、治ったからといって社交的になるわけではなかったです。僕の場合ですけどね。

もともと社交的な人の場合は、治ったら社交的になるのかもしれないですけど、僕の場合は今でも人見知りキャラのままです。でもそれが全然苦しくないというか、そのほうが楽というか、人付合いが少ない方が自分のやりたいことも出来るので自由にやってます。

ブログを書き始めたころと考え方が変わってきているので、古い記事は修正が必要で、できれば新しい記事から読んで頂ければと思います。多分間違ったことも書いているので。

どちらかというと、今は、対人恐怖がありながら生活できるように努力することが治す努力になるんじゃないかと思っています。ちょっとややこしいですよね、ごめんなさい。

僕の場合ですけど、人付合いが苦手な人を自分と対等に見れるようになって、楽になったところもあります。それまでは、自分より劣っている人をバカにしていたところがあって、そういうのもなくなったように思います。

世のなかには色々な人がいて良いという当たり前のことを理解するのに時間が掛かったのだと思います。

ちょっと意味の分からない返信になっていると思いますけど、僕は10年以上かかりました。でも、ネットで検索するともっと早く治っている人は多いですよね。

焦らずにじっくり付き合っていくほうが色々と学ぶことは多いかもしれないです。まとまりのない返信でごめんなさい。




返事ありがとうございます

返事ありがとうございます。

今日実践してみましたが、嫌なことも良いこともポジティブに考えるのって楽しいですね。まだまだ脳は不安だらけですが、必ず治してみせます。
ちなみに、管理人さんはどのくらいで治りましたか?

Re: 相談があります

Mさん、コメントありがとうございます。いつでも気軽に書き込んでくださいね。

僕の場合の対人恐怖のことを書いているので、参考になるものとならないものがあると思います。僕の場合は視線恐怖でも、いわゆる脇見恐怖みたいなものだと思うので、普通の視線恐怖症のことは理解できていないと思います。

Mさんは普通の視線恐怖に近いのかなって思いました。なので僕とは少し違うかもしれないですね。でも、根本は多分一緒なんだろうと思います。

僕の場合は、相手に気に入られないとイケないみたいな考えがあったので、視線が気になっていたと思います。

今の自分では嫌われるかも、という感覚で気になることが多かったので、多分ですけど自分に自信がなく不安だったからだと思います。

僕の場合ですけど、対人恐怖を治すには症状(視線が気になるとか)をなくす努力というより、自信を持てるように努力するほうが良いのでは思っています。

今になって思うことですけど、色々と対策することは考えずに、ただしい努力をするべきだったと感じています。

正しい努力と間違った努力があると思っていて、人それぞれで違うとは思いますけど、僕の場合の正しい努力と間違った努力は今まで沢山書いてきました。

例えばですけど、見ていないフリ、見えていないと思い込む、気になっていないフリ、気になっていることと違うことを考えて気にならないようにすること、目を閉じる、髪を伸ばして視界を狭くするとかが、僕の場合の間違った努力です。(視線恐怖の場合だと)

正しい努力も色々書いていますけど、気になりながら今していることをするとかですけど、「普段こころに準備しておく3つの言葉」の記事で今までのまとめみたいな感じで書いているので、読んで頂ければと思います。

でも、僕の場合で書いているので、Mさんが納得できない場合は参考にならないかもしれないです。人それぞれなので。

以前、対人恐怖症を克服した人が書いた本をネットで注文して読んだことがあるのですが、ほとんど意味が分からなかったことがありました。多分ですけど、人それぞれで少しづつ違うのかなって思っています。

なので、このブログを読んで意味が分からない人も多いと思います。実際にそういうコメント頂いたりしますから。

Mさんが納得できる記事だけ読んで頂ければと思います。

質問とかは気軽に書き込んで頂ければ、自分の経験の範囲でしか答えることができないですけど、いつでも大丈夫ですよ。



Re: 確認したくてすいません


Mさん、こんにちは。

ブログを読んだ人がコメントを書き込んだときに、すぐに公開されるように以前はしていたのですが、少し問題のあるコメントが多い時期があって(僕の記事のせいですが)、それからは、僕が確認してから公開になるように設定していますので、僕がブログにログインして公開ボタンをクリックしないと公開されないので、時間差があり申し訳ないです。

すぐに公開されないので、どうなっているのか分からない方が多いようですので、今後はすぐに公開になるようにしようとは思っていますが、なんとなくそのままにしています。

本名じゃないですよね?もし本名だったらニックネームでお願いします。

頂いたコメントはじっくり読んでから返信しますね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名さんへ


名前が書かれていなかったので、匿名さんでいいですか?


ごめんなさい。勝手に匿名さんと呼ばせて頂きます。


コメントの非表示については、全然いいですよ。上手く伝えようとすると詳しく書くことになりますし、詳しく書くことで個人が特定されないとは言い切れませんしね。


それで、匿名さんのコメントを読ませていただく限りでは、僕と同じ視線恐怖(正視、わき見)だと思うのですが、一般的な視線恐怖症だと思います。


意識について書かれていましたが、意識の部分も含めて一般的な視線恐怖症だと感じたのですが、僕の知識不足なところもあるのかしれません。


コメントの内容だけで判断すると、普通の視線恐怖症だと感じたのですが、匿名さん的には、視線恐怖症と何か違う部分があるということでしょうか。


僕自身、他の人の視線恐怖症と比べたわけではないのですが、自分の症状が一般的な視線恐怖症だと思っています。


僕の視線恐怖症は、隣や正面などの視線や意識が気になります。意識の部分も含めて視線恐怖症だと思っています。


なので、匿名さんと僕は全く同じ症状だと思います。もし、同じでないのなら僕の知識不足ということになりますが、僕は専門家ではないのでその可能性もあります。少し調べておきます。


何か気付いたことがあれば、またコメントに入れておいてください。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありのままでいようとして思ったことを正直に言ったとして,それでもなおきもいとかしねとか言われ続けていたら,人格を否定されたような気になって,,,正直,怖い。

ありがとうございます

貴方様のブログを拝見し、勇気を頂いたものです。様々なブログを見させて頂き、僕とここまで似ている方がいるのかと驚きました。また自分一人だけじゃないんだと安心しました。
僕は昔から人の目を気にしていると思い込み、現在仕事(教育現場)4年目で、最近人の目がやたらと気になり、人前に出るのが言葉に表せないほど億劫で、仕事も休むこともしばしばでした。職場での目の置場に困り、どうしてもチラ目してしまい、それで相手も気にしてしまうのではないかなどなど気を遣う場面が多く、神経的な疲労に悩まされて2年…。貴方様のアドバイスに救われました。数々のアドバイスを人生のバイブルとさせて頂きます。
ご自分の苦労談を書いて下さった貴方様、また、貴方様の人生に光を与えて、このようなきっかけを産んでくださった奥様に深く感謝を申しあげますo(^-^)o
(24歳 保育士 男性)

難しいです・・

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/15-83602c4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。