対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

承認要求

人間は誰でも周りの人に認めてもらいたいという承認要求があります。対人恐怖症の人や人付き合いが苦手な人は特にそうかもしれませんが、多かれ少なかれ誰にでもあるようです。

承認要求を上手く利用するという言い方はヘンかもしれませんが、同じ意味でもちょっとした言い方の違いで、人は良い気分になるものだと思います。人間関係は、ちょっとした工夫で良くなります。

例えば、友達に「今日は、A君しか家にいないから、一緒にどこかに行かない?」と言うのと「A君といると楽しいから一緒にどこかに行かない?」などでは、全く違います。以前の僕は、最初の「今日は、A君しか家にいないから、一緒にどこかに行かない?」という言い方をよくしていたと思います。

なぜ、そんな言い方をしていたかは良く分りませんが、多分自分を強くみせようとか、他にもたくさん友達はいるけど、今日はたまたまいない、というような感じで自分をよく見せようとして、相手に嫌な思いをさせていたと思います。

これは少し違うかもしれませんが、妻に「ジュースが良い?それともコーヒー?」と聞かれたとき、以前の僕は「どっちでも良いけど、コーヒーで良いよ」と言っていました。

当然、一番良い答え方は「コーヒーが良い」ですよね。「コーヒーが良い」と「コーヒーで良い」と言うのでは、一文字しか違いがないですが気分が全然違います。この場合は承認要求とあまり関係ないかもしれませんが、少しの工夫で人間関係が良くなることは間違いないと思います。

あと、会話で僕が最近気を付けていることは、誰かに「これ、あげるよ」と言われた時に、今までは「いいよ」と遠慮していましたが、最近は「これ、あげるわ」といわれた時は「あっ、ありがとう」と言うようにしています。相手はせっかく喜んでもらえると思って「これ、あげるわ」と言っているのに、遠慮して断ると相手の気分が悪くなることがあるからです。

相手に気を使ったつもりで、遠慮しても、実は相手の気持ちを考えていなかったりします。他にもあります。「その服よく似合うな」と言われた時は「ありがとう」と言うようにしています。
関連記事

ありがとう

ふと思いついて自分の中でまとめていたことが全部書いてあってとても嬉しい気持ちになりました

  • URL
  • 通りすがり #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaisan.blog8.fc2.com/tb.php/115-0955aa81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。