対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずでいい、相手を許してみる

人間関係が「しんどい」と思ったら読む本

心理カウンセラー心屋仁之助さんの本の103ページに少し気になる記事があったので紹介します。


「とりあえずでいい、相手を許してみる」負けるが勝ちになる”吉本新喜劇の法則”


ちっちゃいおっちゃん、池乃めだかさんがヤクザ風の人のボコボコにされてから「今日はこのくらいで勘弁してやるか」「口ほどもない奴らめ」と言って、周りがズッコケるシーンが心屋さんは好きだそうです。


同じようなことを心屋さんのカウンセリングで使うことがあるそうです。


上司が許せない、母が許せない、いじめたあいつが許せない。と苦しんでいる方がカウンセリングに来られることがあるそうです。


許せないことを相手に伝えたい。その出来事のせいで不幸になっていると知らせたい。という「自分でひきずっている」状態になっていますが、相手はたぶんそんな出来事は忘れています。


カウンセリングルームにはおもちゃのボールが山ほど置いてあるそうです。


少し離れたところにイスを置いて、その無人のイスに許せない相手が座っているイメージをしてもらって、そのイスに向かって、言いたいことや文句をいいながらボールを投げつけてもらうそうです。


どんどんどんどん投げてもらうと、自分の本音に気づかれるそうです。


散々ボールを投げて自分の本音に気付いたら新喜劇のセリフを使うそうです。「今日はこれくらいにしといたろか」「しかたない、許してやるわ」


そうすると、うっかり許してしまうことがあるようです。


許すことは勇気のいることで、勇気をだすことは、大きな人生の決断だそうです。「自分が幸せになる決断」をしたことになるそうです。


全文書き写すとちょっと問題なので、ある程度省略しています。気になる方は本屋で立ち読みして、気に入ったら購入してみるのも良いと思います。


以前、書きましたがこの方の本は難しい言葉が使われていませんし、ひとつひとつが短いので読書が苦手な僕でも理解しやすいです。


さすがに、今人気なので、文字数の割に値段が高いようにも思いますが、高いか安いかは人それぞれだと思います。


なので、まずは、本屋でちょっとだけ読んで、気に入ったら購入して家でじっくり読むのが良いかもしれません。


本のタイトルに対人恐怖とか入っていると、読むときに周りが気になりますが、心屋さんの本のタイトルはそういったキーワードが入っていませんし、「人気だから読んでいるんだな」と感じるくらいだと思うので、どうどうと読むことができると思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。