対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我流の視線恐怖症の克服のしかたがほぼ完成しました。

このブログは何がどこに書いてあるのかが分かりづらい、ということですので、このブログのまとめ的な克服マニュアル的なサイトを作っている途中です。

まだ途中なのですが、視線恐怖症に関してはほぼ完成しました。

ですが、完全に我流なので一度試してみて「なんの効果もない」と感じた人は、すぐにやめてください。

あと、現在、治療中の方はその治療に専念してください。治療中に様々な情報を頭に入れると、こんがらがってしまいますからね。

我流の視線恐怖症の克服のしかた

少しだけ費用がかかっていますので、スポンサーサイトの広告を貼りつけていますが、ご了承ください。
スポンサーサイト

心屋さんのカウンセリングに学ぶ肯定する考えグセ

心屋仁之助さんのカウンセリングで、よく相談者が泣きながら発言している場面がありますよね。そして、気持ちが楽になってカウンセリングが終了します。

心屋さんの本にもありますが、今まで捨ててきた嫌な自分を拾い集めているんだと思います。これは、心屋さんのカウンセリングで共通している部分でもあると思います。

捨てているつもりのものが、結局は大きくなっていて、自分で拾ってあげないと悩みが深くなるんでしょうね。そして、それに気がついて拾い始めると涙がでるのだと思います。

実は、捨てているものって、隠しているだけで捨てきれていないんでしょうね。心屋さんに直接質問しないとわからないですが、受け入れることができて初めて捨てることができるのかなって思います。

性格リフォーム心理カウンセラーの心屋仁之助さん
まわりの人と「上手く付き合えない」と感じたら読む本


この本に書いてある少し気になった部分を紹介します。

問題が解決していない状況で、問題が解決した時に使う「ま、いっか」を口癖にすれば「ま、いっか」の状態になれるはずです。

「ま、いっか」を言うことで、とりあえずでいいから「現状を肯定する考えグセ」をつけるのです。

「ま、いっか」というのは「損してもいっか」ということなのです。


かなり省略しましたが、気になる人は本屋で探してください。この方の本は、難しい言葉が一切使われていません。誰にでもわかるように書かれています。

そして、愛情についても書かれています。

自分のことを疑ってほしいのです。
「本当に自分には「ない」んだろうか」「本当に、もらってい「ない」んだろうか?」「本当に自分は愛されてい「ない」んだろうか」とね。

こんなことを書かれています。

自分にはないと感じているものでも、疑ってみることで、誰もがもっているものなんだと気付くことができるんだと思います。

こんな自分には「愛情なんてもらえない」「もらっていない」と考えることはあると思います。でも、誰かに愛情をあげることで、自分が愛情をもっていることに気がつきますし、「愛情をもらった」ことを今まで見て見ぬフリをしてきた自分に気付くことができると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。