対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の目が気になって仕方がない人へ(本)


以前僕が買った本ですが、開いてみるとこんな感じです。(中古本のみで100円前後のようです)
視線恐怖症がメインに書かれているみたいですね。根本的に対人恐怖症は症状がどこにあらわれるかの違いで分類されていますので、視線というより対人恐怖症に関する本だと言えると思います。客観的に自分の考えていることというか、どうして自分はそう考えるのかなどを少し理解できるようになると思います。

もちろん、これを読んだだけでは治りませんが、自分の考え方のクセが理解できるかもしれません。自分の考え方のクセと普通の人の考え方のクセのギャップを客観的に考えてみるきっかけになるかもしれませんね。
他人の目が気になって仕方がない人へ3

少し気になった部分を紹介します。

・他人との比較にこだわりすぎると、他人の優れた点ばかりが目について、劣等感を強くしてしまいます。
・比較をやめると、他人がどうしようがあまり気にならなくなります。
・羨ましいという気持ちの延長線上にあるのが嫉妬です。
・こちらに悪意がない場合はどうどうとしていればいいのです。
・自分がいいと思うものを選ぶのはごく自然なことなのです。他人と自分が違うのは当たり前であって、自分に無理をしてまで周りに合わせているから、疲れるのです。
・社会のルールやマナーを守っている以上、後ろめたさや引け目を感じる必要はありません。
・自分の心にウソをついているわけだから、疲れるのは当然でしょう。
・傷つくのが嫌な人ほど自己防御が強くなります。

目次はこんな感じです。

第一章・・・なぜ「他人の目」が気になるのか
第二章・・・なぜ人の目を気にしてしまうのか
第三章・・・他人の目を気にしないためには
第四章・・・自信を持つにはどうすればいいのか
第五章・・・良い人間関係を築くために

こまかいタイトルは省略しましたが、結構こまかな部分まで書かれています。アマゾンでのレビューでもありましたが、正直な感想として、おもしろくはないです。こういった本で面白いのがあるのかどうかわかりませんが、僕的には教科書的な感覚ですね。

ただ、著者の考えはわかります。僕がこのブログ書き始めたころ、結構おもしろく書いていたのですが、これを読む人に面白い部分は必要ないと思うけど・・・って妻に言われたのをきっかけに、全く面白くない内容に変えました。

あと、もう一つレビューに書かれていたのですが、女性は少しイライラする部分があったのはたしかです。これを男性に置き換えて考えると男性も少しイライラする部分なのかもしれません。著者の少し配慮にかけるところがあったのかもしれませんが、たとえ話なのでしょうがないのかなーと思います。

結局僕は、この本を勧めているのか、批判しているのかわかりませんが、どうしたらいいのかわからない時、自分を探るという意味で、「そういうことか」という気づきはたくさんあると思います。

まず、自分を知らないと前に進めないですからね。

スポンサーサイト

自律訓練法のCDとか本


CDはこんな感じです。
自律訓練法
このCDは自律訓練法がどのようなものかを勉強するのに役に立ちます。しかし、このCDを聞きながら実際に自律訓練法を行うのは難しいと思います。最初から最後まで続けて録音されておらず、ステップごとに練習するタイプのCDのようです。カウンセラーにはいいと思います。

このCDで覚えて、CDなしで自立訓練法をする場合は良い商品だと思います。多分そういう意図なんでしょうね。

僕的にはやっぱりこっちが良いです。


CDを聞きながらでも、覚えるとCDなしでも大丈夫です。最終的にはCDなしでするのが一番良いのだと思いますが、最初はCDを聞きながらの方が楽にマスターできると思います。

金持ち父さん貧乏父さん


この本は良いですね。さすがにベストセラーです。目次はこんな感じです。
005.jpg
男性向けだと思います。僕は個人事業をしているので良いと思いましたが、起業に興味のない人は必要ないと思います。難しい話を物語形式で紹介している本です。

お金持ちになりたい人には良い本だと思います。

今までの学歴神話をくつがえす内容です。僕のまわりでもよく聞く話ですが、自分の子供には公務員になることを勧める親がいますよね。あと良い大学でて良い企業に就職しなさいとか。

僕はなんとか高校卒業できたレベルだったので有名な大学とか、企業とかには入りたくても入れる状況ではなかったです。

投資の話なんかもでてきますが、僕はあまり投資には興味がないのですが、興味がないというか資金がないというか、でも理解はできました。資金がなくても投資はできるそうです。

この本はお金持ちになりたい人に読んでもらいたいですね。僕の兄弟にも勧めましたがめんどくさいから読まないって言われました。またもう一回言ってみようと思います。

このシリーズはたくさんあって、最近ではネットワークビジネス系のもあるようです。5冊くらい読みましたが、僕は投資やネットワークに興味がないので気に入ったのはこの本だけです。あとは、飾ってあるだけです。

起業に興味のある人にだけお勧めです。

学校の教育自体が間違っているっていう話とか、クワドランドといって働く人を4つに分類して詳しく説明している本です。

この本にでてくるお金持ちのお父さんと貧乏なお父さんは、実は両方お金持ちなんですね。僕的には両方尊敬できるお父さんだと思います。

金持ち父さんからのポジショントークで自分のやっている方がお金持ちなんですよって感じの話です。

僕の家にある本

ちいさいことにくよくよするな
最近写真をブログにアップする方法が分かってきたので、家にある本をスマホで撮影してみました。

ちょっと関係ありそうな本を撮影したつもりだったのですが全く関係ない本も写ってますね。まだたくさんあるんですが適当に並べているので写っててほしかった本が写っていないのが残念です。

このなかで役に立ちそうな本はちょっと古いですが、ちいさいことにくよくよするな!だと思います。

字が大きくて量的には少ないのかもしれませんが中味は良いですね。せっかくなので、ちょっと紹介したいと思います。さすがに全文紹介すると著作権とかで逮捕されそうなので気になった部分だけです。

056(タイトルが100個あって56番目の「落ち込みは優雅にやりすごす」からです)

幸せな人と不幸な人の違いは、落ち込む回数や落ち込み度の深さではなく、その気分にどう対処するかで決まることが多い。

ほとんどの人は、落ち込んだとき落ち込みの原因を分析しなんとかそこから脱出しようと努力するが、かえって深みにはまってっしまう。

穏やかでリラックスしている人たちを観察すると、気分がいいときは感謝の気持ちで満たされているのがわかる。

彼らは前向きな気分も否定的な気分も一過性だとよく分かっていて、落ち込みもやがては消えると知っている。

幸せな人たちは、ときには落ち込むこともあるさと割りきることができる。

この本に書いてある通りで、落ち込むことは誰にでもありますが、落ち込んでいる自分自身が嫌になったりしますよね。落ち込むこともあるさって割りきることは「開き直り」と同じようなことだと思います。

臨床心理士などが対人恐怖症の治療をして改善した人の統計をとった論文などがありますが、改善した人の言葉で特に多いキーワードが「開き直り」だそうです。

催眠療法で原因をさがして克服する方法もあるみたいですが、普通の生活をしながら改善をしていくことを目指すのであれば、原因を追究して恐怖症から抜け出そうとするよりも、認知療法的な考え方をもとにすると、その場面場面での対処のしかたで改善できそうですね。

そして、感謝の気持ちって大切ですよね。以前書きましたが、感謝の気持ちを常にもっているだけで人生変わると思います。

高校生がコンビニでお金を払う時に偉そうな態度の人がいます。コンビニの店員を見下しているかのような態度でお金を置き、無言で商品をさっと持って行く感じの人をよく見かけます。

正直、かっこ悪いなーって思います。本人はかっこいいと思っているのかもしれませんが、大人から見るとかっこ悪いです。

そういったちょっとした場面場面で感謝の気持ちを持てるように心がけるだけで気分はよくなりますし、相手も気分がよくなると思います。

あと、017で「人生は不公平が当たり前」からです。

人生は公平ではない。それは不愉快だが、ぜったいに真実だ。皮肉なことに、この事実を認めると気持ちがすっと自由になる。~~~~人生は公平ではないし、そんな日がくるはずはない。

これは、僕もそう思いますね。人生って不公平なんだと思います。

ただ、そう思っている人はたくさんいて、自分が不公平だと感じている部分が人それぞれあるんだと思います。こっそり書いていますが、僕の妻は足が生まれつき悪くて、多分不公平だと感じているでしょう。

僕の場合は、体は健康なのですが不公平といえば、生まれたことろが貧乏な家だったというくらいです。

対人恐怖症で悩んでいる時は「自分だけが自分だけが」と不公平に思っていました。まわりは楽しくしているのに自分だけが辛い思いをしているって思っていました。

結局は誰もが不公平であって、それが個性にもなるのかなーって思います。

その不公平にどう対処していくかで今を幸せと感じられるか感じられないかが決まっていくのかもしれません。

昔、テレビに体が不自由な人がでていて、たしかまだ10代の子だったと思うのですが、「自分は自分」って思っているから大丈夫みたいなことを言っていました。

この子は人生わかっているなーって感心しました。

そうなんですよね。「自分は自分」って理解することはすごく重要だと思います。

心屋仁之助「奇跡の言葉」

自分に正直に生きる・・・心屋さんの奇跡の合言葉からです。

僕の考える、正直に生きるって「フリをしないこと」ということ。

仕事ができるフリをしない、家事ができるフリをしない、いい夫、いい妻のフリをしない、優しい人のフリをしない、器が大きいフリをしない、嫌われ者のフリヲしない、できないフリをしない、冷たいフリをしない・・・・・など

だそうです。

「フリ」をするのは「それ」を隠そうとしているから。
「隠そう」としているのは「それ」がバレるとヤバいから。

でも隠そうとしてる時点で「自分にウソをついてる」から、「流れ」も悪くなるよね。

正直に生きるって勇気がいるんだ。

これは、心屋仁之助さんの本に書いてあるので、気になる人は読んでくださいね。




先日、さんまさんのテレビで森田療法のことを植木さんが語っていたので、植木さんの本を読もうかと思ったのですが、心屋さんの本が一番上に置いてあったので思わず開いたらこの「自分に正直に生きる」というページでした。

正直に生きるって難しいですよね。自分の弱点を周りにさらけだすというか、弱い自分を知られるのは怖いですよね。

でも、それが正直に生きるっていうことで、楽に生きられる方法なんだと思います。

楽に生きていくために自分の弱点を隠そうと考えてしまいますが、逆に、自分の弱点をオープンにすることの方が結局は楽に生きていけるのかなって思います。

嫌われる勇気のレビューというか感想文

「嫌われる勇気」というアドラー心理学の本を読んでみました。

来年の手帳を買おうと思って、書店に寄ったのですが、この本が並べてあるのに気付き開いてみると、対話形式だったので正直めんどくさいなーって思いました。

買わずにそのまま帰ろうかとも思ったのですが、「年間2位」っていうランキングに入っていたので、買っちゃいました。

読んだ感想なんですが面白かったです。面白いというか、今までの自分の人間関係の築き方が激変する予感がしています。

哲学っぽい考え方とかが嫌いな人にはオススメではないですが、僕は凄く気に入りました。

赤面症やリストカットや視線が気になる人のことが少しだけ出てきます。人付き合いが苦手な人や、自分がどう思われるのかが気になって生き辛さを感じている人にとって、今後の自分が大きく変わる可能性はあると思います。

僕がそう感じただけなので、実際のところは分かりませんし、人それぞれだと思います。

例えば、怒りについて書かれていて、今までにない受け止め方になるだろうと思いますし、怒りという道具を使う必要がないことに気付かされたりします。

一度読んで理解したつもりになっていますが、ほとんど理解できていないのが正直なところです。10回くらい読み直そうかと真剣に考えているところです。

認知療法トレーニングブックは読んでいて眠たくなりましたが、この本は読書が苦手な僕でも眠くならずに最後まで読むことができました。っていうか、久しぶりに夢中になって読んだ本です。

ちょっと自分にとってはバイブル的な本になりそうです。

誰かに嫌われても、それで悩まなくていい考え方とかが書かれています。本にも書いていますけど、実際に自分のものにするのに相当な時間が掛かりそうな心理学だと思います。

でも、すぐに解決できない問題を夜通し悩むのであれば、その時間を「嫌われる勇気」を読む時間に変える方がいいだろうと思います。

人それぞれなんで、絶対に良いとは言い切れませんが、僕的にはマジで良いです。正直、このブログで書いている自分の考え方の薄っぺらさを痛感しました。

もうそろそろ年末なので時間はありますから、もう一度じっくり読もうと考えています。ただ、欠点をあげるとすれば、ちょっと難しいのと、理解しづらい思考なところです。僕の場合は、完全に理解するのに何度も読み直す必要がありそうです。

でも、完全に理解できた時は、今までにない光景になるだろうと思いました。

以上、感想文でした。

「追記」

もう一度読み直してみましたが、対話形式になっているのが僕的には良かったです。よく考えると、対話形式なので自分がカウンセリングを受けているような感覚になるんだろうと思います。

人間関係が苦手な青年と、アドラー心理学を知り尽くした人との対話です。心理学を説明することで、青年の悩みを少しずつ解決させていき、最終的には「生きる意味」さえシンプルな答えを出してくれます。

旅人が迷った時に北極星を目印にすることで、迷わなくなりますが、この本には、人生に迷った時に目印になるものが書かれています。

もし、今人生に迷っているのなら、読んでみてはどうでしょうか。

仮に、自分には役に立たないと感じたとしても、アドラー心理学がどういうものかを知ることができます。アドラー心理学入門より、こちらのほうが、理解しやすいと思います。



なかみ検索で半分くらい読むことができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。