対人恐怖症が治りました

ひきこもり、社会不安障害(SAD)の方にも、お役に立てると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床心理学とは

臨床心理学とは、心理的な問題を抱えている人の理解や回復を援助するための学問です。カウンセリングや心理療法や心理アセスメントが主です。認知心理学、発達心理学、社会心理学、人格心理学、学習心理学、生理心理学、精神心理学などの学問が基礎になっています。



スポンサーサイト

カウンセリング

カウンセリングはもともと「おしゃべり療法」と呼ばれています。カウンセリングは心の病気を治してくれるところというイメージがありますが、本当は「患者自身が自ら悩みを解決し、それを援助する」というものです。カウンセリングに行けば症状をなくしてくれるのではなく「自分で解決する為の手助けをしてくれるところ」と考えた方が良さそうです。僕の場合はカウンセリングを途中でやめて、対人恐怖症は治りませんでしたが、カウンセラーの方は充分仕事をしてくれたという事になります。

カウンセリングの種類ですが、交流分析(TA)、自律訓練法(AT)、行動療法(BT)、がメインです。

カウンセリングの専門性

カウンセリングの専門性とは、カタルシスなどが基本で、話を聞くことです。患者さんの話を聞く(傾聴)
患者さんの立場で聞く(共感)
患者さんをありのまま受け入れる(受容)
患者さんの行動、考えを支える(支持)
患者さんの言っている事はもっともだ(保証)
ということのようです。こんな事で治るのかと思いますが、不安は相当軽減されるようです(カウンセラーによりますが・・・)

心理療法

心理療法は、100人のカウンセラーがいれば100通りの方法があると言われます。カウンセラーの個性がでるようです。精神的な心理療法と行動論的な心理療法と人間学的な心理療法があります。

精神的な心理療法は、過去の体験によってつくられた心の傷やストレスと向き合う際の心理的なメカニズムなどに焦点をあてます。

行動論的な心理療法は、人の症状は誤った学習によって形成された不適応的な条件反射とし、その反応を取り除き、再学習することで問題解決を図る方法です。

人間学的な心理療法は、症状を排除すべき問題とするのではなく、クライエントと「症状を含めた1個の有機体」として、自分の意思決定により成長と幸福に向かい合わせる方法です。


対人恐怖症(社会不安障害)SAD

人に対して緊張したり、相手に不快感を与えているのではないかと不安にかんじたりすることは、誰でも有りますが、生活に支障をきたすくらいになると、対人恐怖症という名前がつけられます。

自分の口臭や体臭が臭いと嫌がっていると思い込む(自己臭恐怖)。緊張して赤面するのではないか(赤面恐怖)。自分は醜いと思いこみ嫌われると思う(醜形恐怖症)。人に見られているような気がする(視線恐怖症)。自然に笑えない、顔がひきつる(笑顔恐怖)。人前で緊張すると汗がでてしまう(発汗恐怖)。人前で相手の視線がきになって食事が出来ない(会食恐怖)。人前で字を書く時手が震える(しょけい)。相手をまっすぐ見られない、目のやり場に困る(正視恐怖)。などをまとめて対人恐怖や社会恐怖と呼びます。

思春期に発病する事が多く、海外の調査では平均20年くらいということのようです。合併がなければ早く治るそうですし、それなりの努力をすると相当早く治るようです。また、治療は完治をめざすのではなく、生活に支障のないレベルまでをめざします。人はだれでも対人緊張はありますので、完全に緊張しないレベルになると人間味がありません。

「自分はこうあるべきだ」という高いイメージに支配されているようです。特に身近な人や、全く知らない人には緊張せずに、少し知っている人に緊張する事が多いようです。そして、人前に出るのをさけたりします。誰にでもすこしはありますので、人は誰でも対人緊張を経験しているといえます。

治療方法は、薬物療法も用いられる事がありますが、心理療法が治療の中心です。心理療法はカウンセラーの数だけ存在するといわれるくらいで、カウンセラーによってさまざまですが、大きく分けて精神的な心理療法と行動的な心理療法と人間学的な心理療法があります。

うつ病、躁うつ病(気分障害)

うつ病はかなりの割合で症状が軽減されます。臨床心理学ではうつとそうの状態が周期的に現れる病気を躁うつ病と呼びます。うつ状態だけが繰り返す場合もあるようです。まとめて気分障害と言います。

うつ病の原因として、環境の変化や遺伝があります。気力が弱まっている状態で全てを悲観的にとらえたりします。本人は努力をしていますが、遺伝などもあり気分がすぐれない状態です。

うつ病の治療は、心理療法や薬物療法(抗うつ薬、気分調整薬)により、かなりの割合で症状が改善されるそうです。うつ状態を治すにはまず、気力と体力を回復させることが良いそうです。

僕の知り合いのところにどこの病院でもカウンセリングでもうつ病が治らなかった人が来て何ヶ月かは掛かりましたがうつ病が治った人がいます。知り合いの人の話では、まず、栄養だそうです。あまり詳しく聞く時間がなかったので、詳しく聞いてからまた書こうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。